menu

キャベツ、まいたけ、フルーツ♪身近な食材で置き換えダイエットを始めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルシー食材で置き換えダイエットをして痩せる!でも、置き換えダイエットにはどんな食材が向いている?今回は、ヘルシーな食材でできるダイエット法をご紹介します。誰でもできる、お金もかからない置き換えダイエットを今すぐはじめよう!

キャベツで置き換えダイエット

置き換えダイエット キャベツ

食物繊維たっぷりのキャベツは、どう調理してもダイエットにいいヘルシー食材です。しかも1年を通して必ず手に入る食材ですから、手に入らなくて困ることはありません。ビタミンCもたっぷりで、味にクセがないのもおすすめできるポイントです。

キャベツがダイエットにおすすめの理由は、カロリーだけではありません。噛みごたえがあるので、咀嚼回数が増えて満腹感が得やすいというメリットもあるのです。食事の量が少なくとも、満足しやすい料理が作れるというわけです。
なので、加熱しなくても生キャベツをそのまま、時間をかけて食べるだけでダイエットができます。ただし、キャベツでは摂取できないタンパク質は毎日別できちんととること。おかずは減らしすぎないこと、さらにご飯などの炭水化物は食べ過ぎないこと、おやつは果物にすることなど、気を付ける点はいくつかあります。

また、キャベツに油ギトギトのドレッシングなどはつけてはいけません。しょうゆやソース、酢、レモンや塩胡椒、ノンオイルドレッシングなどなら大丈夫です。お酒もあまり飲まないほうがいいですし、深夜の食事になるのも避けましょう。できれば、20時くらいまでに食事を済ませておければベストです。

ちなみに、キャベツはレタスやキュウリ、トマト、セロリに置き換えてもいいそう。キャベツに飽きたら、たまにはチェンジしてもいいかもしれませんね。

まいたけで置き換えダイエット

置き換えダイエット まいたけ

置き換えダイエットでもうひとつおすすめなのが、まいたけです。まいたけはダイエッターの女性におすすめの食材のひとつ。でも、きのこ類全般でなくて、どうしてまいたけだけがおすすめなのでしょうか?
実は、まいたけには食物繊維が大量に含まれているだけでなく、MXフラクションという成分も含まれています。これが入っているのはまいたけだけ!このMXフラクションは、体内の中性脂肪に加え、血中のコレステロールを分解してくれる力があります。食べ続ければ、代謝もアップして内臓脂肪も減少。さらに、脂肪が溜まりにくい体質になれるというわけです。食物繊維自体にも腸内環境を整えて便秘を解消してくれる力がありますが、まいたけにもこんなにスゴイパワーがあるんです!

まいたけの食物繊維は、ごぼうの約5倍とも言われています。しかも、その食物繊維は不溶性なので、お通じが良くなるだけでなく、便のかさが増しやすくなるとされています。それだけ過剰摂取した脂肪や糖分なども分解してくれ、消費してくれる働きが期待できるのです。
さらにキノコキトサンという成分もまいたけには含まれています。こちらは内臓脂肪が落ちやすくなるので、ウエストダウンにとても役立ちます。脂肪をそのまま取り込み、体内に吸収されにくくする働きもあるのです。

このように、まいたけはダイエットにとても効果的です。でも、どう置き換えたらより痩せやすくなるのでしょうか?
おすすめは7日間まいたけを食べるダイエットです。といっても、まいたけだけ食べるのではありません。毎日1回、マイタケを使った料理を作って食べるというダイエット法です。なお、1日1回でいいですが、毎回50グラムは食べることが推奨されます。

まいたけを効率よく食べる場合には、水洗いをしてはいけません。栄養が水で流れ落ちてしまう可能性があるのです。また、熱で分解されることもありますので、過熱をする時にはさっと素早くするようにしましょう。おすすめの食べ方は炊き込みご飯や味噌汁です。

ただし、人によってはお腹が緩くなる可能性がありますので、もともと下痢体質の人は気をつけましょう。

フルーツで置き換えダイエット

置き換えダイエット フルーツ

朝食に置き換えダイエットをしたい人は、フルーツに置き換えるのもおすすめ!ビタミンやミネラルを朝からたっぷり摂ると、気持ちもすっきりします♪生のフルーツを食べることで、デトックスや新陳代謝を促進する酵素もたくさん摂取することができます。

フルーツにはカリウムも多く含まれています。むくみ解消にも効果的で、ダイエットにもいいとされています。ビタミンB群は脂肪燃焼に役立ちますし、菓子パンを食べるくらいならフルーツを食べたほうがはるかに美容にいいのです!

そのやり方も簡単です。お腹がからっぽの状態で、常温のフルーツを数種類(1種類でも可)食べます。他の食べ物は取ってはいけませんが、サラダなどの野菜は一緒に食べてもいいそうです。また、午前中は水分補給する時にも水だけで、お茶やコーヒーは避けましょう。

まとめ

置き換えダイエットは、青汁やグリーンスムージーなどでもすることができます。ですが、もう少し気軽に、冷蔵庫にあるものでやれるダイエットがいいという人は、上記のような置き換えダイエットにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)