menu

体をこするだけで痩せられる!誰でもできる乾布摩擦ダイエットの効果とやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キツイダイエットはやりたくない!ゆるく痩せたい!という人におすすめなのが、乾布摩擦です。「えっ、乾布摩擦!?」「お年寄りが健康のためにやるものじゃないの?」「そもそも、乾布摩擦って何??」という方もいるかもしれませんが、実は乾布摩擦がダイエットや美容にいいと話題になっているのです。

乾布摩擦のスゴイ効果を、あなたも感じてみよう!

乾布摩擦ってそもそも何?

乾布摩擦は、乾いた布で体をこすって行う健康法のことをいいます。手ぬぐいやタオルを使用してやるイメージがありますね。なかには、学校でやったことがある!という人もいるかもしれません。同じような健康法は海外にもありますが、それは乾いたブラシで体をこするというもの。こちらは「ドライブラッシング」という名称で知られています。
どちらも、肌の表面をこすることで血行を促進するという効果があります。これを続けると代謝がアップして、冷え症も改善しやすくなるのです。

乾布摩擦がおすすめダイエットにされる理由はたくさんあります。「お金がかからない」「どこでもできる」「いつでもできる」うえに、「どんな年齢・体型の人でも無理なくできる」のです。家にあるものでやれるので、ちょっと試してみようかな?という女性でも簡単にできます!

乾布摩擦の効果とは?

乾布摩擦 キレイになる

乾布摩擦が体にどうしていいのでしょうか?それは、血行を改善できるからです。冷え症などで血行が悪くなると、老廃物が体に溜まりやすくなり、便秘やむくみが進行します。太りやすい体質になりますし、健康にも美容にもよくありません!でも、血行を改善することで体に必要な栄養や酸素が行き渡るようになり、自律神経のバランスも整いやすくなるので体調も良くなります。免疫力がアップして、めったなことでは風邪をひきにくくもなりますし、肩こりなども解消されやすくなるでしょう。また、便秘も改善します。さらに不眠症やアレルギーにも効果があるとされていますので、やってみて損はないですよね!

乾布摩擦でダイエットできる?

乾布摩擦で血行を良くすると、脂肪燃焼にも効果があります。血行を良くするだけで痩せられるなんて夢のような話ですが、体温を上げるとそれだけで代謝がアップします!特に、セルライトに悩んでいる女子は乾布摩擦に効果があるとされています。というのも、セルライトは血行が悪いことが原因でできやすくなるので、血行を改善するだけでも改善・予防に役立つのです。

また、乾布摩擦の動作は軽いストレッチになります。肩甲骨や関節を動かすことで、エネルギー消費量もアップ。肩甲骨のまわりにある褐色脂肪細胞も刺激できるので、痩せ体質に近付くことができるでしょう。

乾布摩擦で便秘が改善する!

乾布摩擦 美人

お通じを良くするのにも、乾布摩擦が役に立つ!というのも、自律神経の乱れが原因で便秘になることがあるのです。自律神経は腸蠕動もコントロールしているので、自律神経が乱れると当然腸の動きも悪くなります。反対に、自律神経を整えると、お通じも改善しやすくなるでしょう。

乾布摩擦は背中をこするイメージがありますが、お腹をこすってもいいのです。お腹をこすれば腸を刺激することができ、便通を良くすることもできるでしょう。

乾布摩擦でグッスリ眠れて痩せられる?

乾布摩擦をすると、実は安眠できるようになるのだそう。というのも、乾布摩擦で自律神経のバランスを整えることで、入眠しやすくなるのです。しっかり睡眠をとることで、食欲を増進させる働きがあるホルモン・グレリンが増加するのを防ぎ、脂肪燃焼が促進される成長ホルモンが分泌されやすくなるでしょう。

乾布摩擦のやり方は?

では乾布摩擦を始めるには、どうしたらいいのでしょうか?

まずはタオルを用意しましょう。硬いよりも、できるだけ柔らかいタオルにします。長すぎず短すぎず、だいたい1メートルくらいの長さのものがいいかと思います。ただし、ナイロン素材は皮膚を傷付けることがありますので、避けましょう。

ちなみに、乾布摩擦をする時に服を脱ぐ必要はありません。肌が弱い人は、むしろ脱いではいけません。薄手のTシャツの上からこすればいいでしょう。また、寒い場所でやる必要もありません。部屋の中で、温かくしてやっても大丈夫です。

タオルが準備できたら、まずは心臓のまわりから体幹を、そして手足をこするようにします。強くこすりすぎると肌が傷付きますから、気持ちいい・温かいと感じるくらいに留めましょう。呼吸のリズムに合わせて体をこすると効果的です。

なお、アトピー性皮膚炎や湿疹、皮膚に傷がある方、心臓病や高血圧がある方は乾布摩擦はできません。また、体調不良の時にもやらないようにしましょう。また、お風呂上がりにも肌が傷付く可能性があるので、やってはいけません。

まとめ

乾布摩擦は誰でも簡単に始めることができます。ルールは存在しますが、難しいことはありません。キレイになりたい人は始めてみて損はありませんよ♪冷え症の人には特におすすめです!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)