menu

痩せたいならばやっぱり自炊♪忙しい女子が実践すべきダイエットメニューのルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私、料理が苦手で」「自炊している時間なんてない」という女性もたくさんいますが、美しさやダイエットを意識するなら、自炊はぜひチャレンジしておきたいもの。でも、どうしたらいい?
実は、忙しい時でも自炊をするためのコツが存在しているのです。もちろん、冷凍食品やレトルトを活用してもいいのですが、それが毎日となると……さすがに栄養が偏ってしまいます。それを避け、美味しく健康で美しくいるためにはどうしたらいいのでしょうか?

痩せるメニューは、どの栄養素を意識すべき?

自炊ダイエット サラダ

痩せるメニューを意識するなら、いくつかのポイントに注意するべきです。まず、タンパク質です。タンパク質は筋肉のもとになります。「筋肉なんて、なくてもいい」という女性もいますが、体の中でエネルギー消費がもっとも多いのが筋肉。つまり、痩せ体質になりたい・維持したいならば筋肉を鍛える必要があります。また、肌はもちろん、内臓や骨の材料になるのもタンパク質。積極的に食べて損はありません。手のひらに乗る量のタンパク質を毎食とるのが大切です。お肉や魚だけでなく、たまごや納豆でもいいでしょう。

もうひとつ、忘れてはいけないのが食物繊維。腸内環境を改善してくれるので、便秘にいいだけでなく、健康体を維持したい人には欠かせません。血糖値の急上昇を抑えてくれる働きもありますので、太る原因となるインスリンが過剰分泌されるのを防ぎ、やはり肥満を防止してくれます。

野菜を食べるのも、美容に重要です。「ベジタブルファースト」で野菜を先に食べるようにすると、ビタミンやミネラルも摂取できますし、血糖値の急上昇も防止できます。
何より、満腹感が得やすいうえに腹持ちもベスト!「野菜は高いから」なんて言わずに、食べることをおすすめします。

便利グッズを活用しよう♪

「料理は苦手」「面倒くさい」という人は、便利グッズを活用しましょう。特に調理が面倒なイメージがある野菜は、ピーラーやスライサー、キッチンバサミを活用してOK。キッチンバサミを上手に活用すれば、ある程度は包丁の出番を少なくすることもできます。お肉をカットすることもできますので、とても便利。ただし、お肉をカットした後に野菜サラダ用の調理を行うと、菌がついてしまう可能性があります。食中毒になることもありますので、注意しましょう。

便利グッズとは少し違いますが、電子レンジを使用してもいいでしょう。食品を加熱するのにもとても便利ですし、温野菜サラダを作る時にも時短になります。しかも、ビタミンCなどの水溶性の栄養素が失われにくいので、栄養をたっぷりとりたい人にもおすすめです。

作り置きや野菜を活用しよう

バランスのいい食事を楽しむにしても、忙しいなら難しいですよね。そんな時には、作り置きをしておくと便利です。カロリーのか管理にも役立ちますし、栄養素がたっぷり摂取できるでしょう。最近では作り置きを特集したダイエット料理本も人気を集めていますので、そういうものを利用してもいいでしょう。料理初心者の人は、レシピを厳守しながら作ることをおすすめします。

作り置きがなかなか食べられない人におすすめなのが、すぐに食べられて健康にも美容にもいい納豆です。立派なおかずになりますし、パックを開けるだけで食べられるうえに栄養満点。痩せたい人にもおすすめです。他にも、β-カロテンが豊富なニンジンや食物繊維を摂れるキャベツなどの野菜もおすすめ。タマネギやジャガイモ、ダイコン、モヤシ、水菜、白菜などの野菜も調理しやすいでしょう。野菜をモリモリ食べて、美しくなりましょう。

食生活だけでなく、運動もしよう

自炊でダイエット 運動

ダイエットで必要なのが食事だけでなく運動です。食生活を整えることで、確かに痩せやすくなります。ですが、セットで運動をすることでもっとスムーズに痩せられるのです。健康のことを考えるなら、運動も始めていましょう。
おすすめは家でもできるエクササイズです。家の外に出るのが面倒、だからついつい三日坊主になってしまうという女性は、家でコツコツ続けられる運動を探しましょう。
たとえばヨガやピラティス、ストレッチは効果的です。激しく動かないのであまり効果がないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。基礎代謝をアップする働きを期待できます。また、エクササイズDVDなどを利用して楽しく痩せるのもいいでしょう。痩せたいならば、無理なく続けられる運動を選びましょう。

体を動かすのが好きな人は、ウォーキングなどをしてみてもいいでしょう。いい気分転換にもなります。

まとめ

上記のこと以外にも、気を付けてほしいことはいろいろあります。たとえば、間食です。お菓子を食べるのを控え、「カロリーの低そうなお菓子なら大丈夫」とも思わないようにしましょう。食前にダイエットサプリを飲むのもいいとされていますが、よりヘルシーに痩せたい・節約したいという女性は自炊だけでも頑張れるはず。ダイエットをする仲間を作れば、より一層、励めることでしょう。お友達と励まし合いながら、健康的な生活を続けて美人になりましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)