menu

美肌の強い味方!ダイエットにも使える、美女界の“神7”オイルを食べよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の間でも、しっかり選ぶのが当然!と言われているのが“オイル”です。もともとオイルはカロリーが高いと倦厭されがちなものでしたが、植物オイルには脂肪燃焼の効果があるということがわかり、注目度が高まっています。オイルも、摂りすぎては体に毒ですが、健康な体作りには欠かせないもののひとつ。ぜひとも毎日の食生活に取り入れたいですね。しかしながら、なんでもいいというわけにもいかないのが難しいところです。栄養が詰まっていて、なおかつ質のいいオイルを選ぶのがいいでしょう。では、おすすめのオイルを紹介していきましょう!

神オイル

■オリーブオイル

料理にももちろん、美容にも取り入れている人が多いのがオリーブオイル。消化吸収を助けてくれるオレイン酸が豊富に含まれており、肌のいい食材とセットで摂ると、効率よく消化をすることができるでしょう。また、腸の動きを活発にしてくれる働きもありますので、便秘がちな女性にもおすすめ。

おすすめの食べ方は、トマトと一緒に摂るというもの。トマトにオリーブオイルをかけて食べると、メラニンの生成を抑制する働きも期待できます。そのためには、エクストラバージンオイルを選ぶのがいいでしょう。夕食に食べれば、翌日の日焼けも怖くない!?

■ココナッツオイル

注目度がここ最近で急上昇したのが、ココナッツオイル。ダイエット効果があるココナッツオイルは、既に体内に蓄積された脂肪の代謝を助けてくれることでしょう。さらに、食物繊維も豊富なので、便通にも効果があります。

おすすめの摂り方は、運動する前に摂るというもの。脂肪の燃焼を助けてくれるので、朝食や運動前に摂るとよさそうです。そのままスプーンで飲むのもいいですが、の見にくいという人はコーヒーに溶いて飲むのがいいでしょう。また、牛肉とも好相性なので、ステーキを焼いてシンプルにいただいてもいいでしょう。香りを楽しんで下さいね。

■グレープシードオイル

比較的に手に入りやすいオイルといえば、グレープシードオイルでしょう。ワイン製造中に出たぶどうの種から作るオイルであり、アンチエイジング効果が高いとされています。
ポリフェノールが豊富に含まれていますので、シミができにくくなるそう。また、ビタミンEも豊富なので、美白にこだわりたい人にもおすすめです。

どの食材とも好相性ですが、タンパク質と一緒に摂取するのがおすすめの摂り方。美肌・美白の相乗効果を狙って、サラダ油代わりに使うのもいいでしょう。

■アボガドオイル

アボガドの果肉から作ったオイルなので、とにかく栄養が豊か!特にビタミンがいっぱい入っていますので、脂肪燃焼にもいいでしょう。ビタミンBがたっぷり入ったオイルは、他にはなかなかありません。カリウムも入っているので、むくみ対策にもイイ!

脂肪燃焼を狙うなら、お魚と一緒に調理するのがおすすめです。同じくビタミンBが豊富なマグロやカツオのお刺身にかけて、カルパッチョ風にしていただくのが効率的です。また、カリウムたっぷりのナスとも相性がいいので、ナスを調理する時にも使ってみて下さい。

■アルガンオイル

アルガンオイルとは、アルガンツリーの実の種から摂取されるもの。モロッコでは有名なオイルであり、最近では究極のアンチエイジングオイルとして世界でも知名度を上げています。
ビタミンEが豊富であることから、老化防止にぴったり。

こちらのオイルは、ビタミンCの入った食材と相性抜群。サラダにかけたり、フルーツと一緒にいただくのもいい食べ方です。意外にもビタミンCが豊富なじゃがいもを調理する際に使ってみるのがいいかも。

■亜麻仁油

亜麻から摂取したオイルには、αリノレン酸がたっぷり入っています。こちらの成分には、血液をサラサラにしてくれる効果があるので、年配の方にもいいでしょう。また、美肌効果も期待できるので、肌をつやつやにしたい女性にもぜひチャレンジしてもらいたいオイルのひとつです。さらに、花粉症の症状が軽減するという説もありますので、春になると花粉症に困らされているという人は試してみて下さい。

ちなみに、加熱すると酸化してしまうという特徴がありますので、食材にかけてそのままいただくのがいいでしょう。また、封を開けたらなるべく早く使い切るのがベスト。酸化しやすい商品ですが、それだけ効果が高い面もあります。サラダはもちろん、海藻や青魚、納豆などにもかけてみて。

■エゴマ油

ゴマ油とは別物、エゴマから作られた油です。亜麻仁油と同じく、αリノレン酸が豊富ですので、血液がサラサラになり、美肌にも効果大。それ以外にも、脂肪がたまりにくくなるロズマリン酸も豊富に入っています。

豆乳と相性がいいので、そのまま混ぜて飲んでもよし。ただし、熱に弱いのは亜麻仁油と同じなので、スープに入れるなどはおすすめできません。

■まとめ

オイルを賢く使える女性は、モテ度もアップ!いつまでも美人で居るために、自分の好きなオイルを研究してみて下さいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)