menu

食事制限も運動もいらない!下腹痩せに効果があるドローインダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

根気がないので、腹筋を続けるなんてとても無理!
でも、このぽっこりお腹は何とかしたい……そう考えている方にぴったりなのが「ドローインダイエット」!
こちらはテレビや雑誌でも紹介された、効果的なダイエット法です。

お腹に力を入れてへこませるだけで、ぽっこりとしたお腹が解消できちゃう!と評判です。下腹のお肉が気になる方は、すぐにできるので今から始めてみましょう!

■そもそも、ドローインってなに?

ドローインとは、そもそも「引っ込める」という意味を持つ単語だそうです。
お腹に力を入れてへこませる動きをすることで、お腹の筋肉に縮んだ状態を記憶させることができるそう。そしてそれをキープすることで、ウエストが自然と縮んでいくという効果があるそうです。

しかも、何十分もへこませるわけではありません。30秒キープ、30秒休憩といった一連の動作を、1日10回繰り返すだけ!
食事制限や運動をすることなく、ウエストサイズが減ったという報告もなされています。

1日数セット、この動作をするだけでウエストが引っ込むならばこんな楽なことはありませんよね!お金も時間もかからないので、おすすめです。

■ドローインの正しいやり方は、とっても簡単!!

姿勢は立った状態、もしくは仰向けに寝たまま、足を広げて膝は曲げた状態でやるのがいいでしょう。

今回は、立ったままやる時の方法についてお教えします。
背筋はぴんと伸ばしたまま、立ちます。そのまま肩は後ろに引きます。この動作は軽くでかまいません。
そして呼吸をしながら、グーッと下腹をへこませます。限界まで力を込めて、ギュッとウエストを縮ませましょう。これを1日10回、2~3セット繰り返せばいいのです。

なお、この動きは便秘気味の女性にもぴったりです。
下腹部に力を入れることで、腸が動くようになり、便秘が解消されたという声もあります。定期的にお通じがない方は、ドローインを生活に取り入れることでお腹の中からスッキリできるかもしれません。

時間を決めて行うのもいいですが、気が付いた時に繰り返し行うのもいいでしょう。毎日合計で5分から10分やるだけでも、お腹がへこむはずです。
「通勤・通学中に」「家事をしている間に」「自転車に乗りながら」など、自分の生活スタイルに合わせてやってみて下さい。

ただし、妊娠をしている女性は、お腹に力を入れすぎると悪影響があることもあります。妊娠中や産後、特に腰痛がする時には、無理をしないほうがいいでしょう。
また、食後すぐにこれをやると、気分が悪くなることがあります。食事の後は避けたほうが無難でしょう。

慣れれば、寝ながらでもできるドローイン。
自分で挑戦するのはもちろんのこと、面倒くさがりのパートナーにおすすめしてみるのもいいかもしれませんね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)