menu

外食は便秘になる?下腹ぽっこりを避ける賢い外食の食べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファストフードは美味しいし、手軽に食べられるのが魅力です。ですが、太ってしまう危険性も高いもの。また、便秘になる可能性も……?今回は、便秘にならないための外食の選び方・食べ方についてご紹介します。

牛丼とカツ丼は便秘になりやすい?

便秘になりやすいカツ丼

牛丼自体はさほど悪い食べ物ではありませんが、紅ショウガや味噌汁を一緒に注文すると塩分量が跳ね上がり、体内のミネラルバランスは大きく崩れます。便の水分も減り、便秘になりやすくなるでしょう。そのためには、カリウムを摂取するのがおすすめ。温かいお茶を一緒に摂るようにしましょう。また、ゴボウサラダもおすすめ。グリーンサラダよりも、食物繊維たっぷりでフラクトオリゴ糖も入っているので、腸にもとてもいいでしょう。
自分で作る時にはタマネギを多めにするのもおすすめです。

では、カツ丼はどうでしょうか?カツ丼はそもそもハイカロリーなので、あまりおすすめできません。豚肉はタンパク質とビタミンB1の宝庫ではありますが、ビタミンB1は熱に弱いため、調理の途中で壊れてしまうものも多いのです。そして、カツ丼は脂質がたっぷり、炭水化物たっぷり。腸に汚れが溜まりやすくなる食べ物です。
そこで、ビタミンB1を味噌汁やヒジキ、切り干し大根などのサイドメニューで補給するのがおすすめ。食物繊維たっぷりのおかずを一緒に食べて、お腹をキレイにするようにしましょう。

ラーメンは便秘になりやすい?

時々、つい食べたくなってしまうラーメン。でも、健康にいいのでしょうか?
ラーメンのカロリーは味や具によって変わってきますが、基本的なカロリーはそこそこ高めです。しかも、ラーメンの栄養は主に糖質です。そこにライスやチャーハンを追加すれば、さらに糖質がプラスされることになるでしょう。便秘を促進させるとされる塩分量もかなり多めです。
しかも、ラーメンは咀嚼に向いている食べ物ではありません。すぐに食べ終わってしまうので、満腹感を得にくいのです。いくら食べたくてもラーメンやチャーハンは食べないようにして、メニュー自体も吟味しましょう。たとえば野菜がたっぷりのタンメン、もしくはもやしやネギをたっぷりトッピングするのもおすすめ。海藻類も塩分を体外に出してくれる働きがあります。反対に、チャーシューはおすすめできません。脂質の塊だからです。
また、ラーメンの後のおやつもダメ。糖質がさらに体に溜まり、便秘を促進させます。

ハンバーガーは便秘になりやすい?

ハンバーガーは油脂分が多いわりに含まれている水分が少ないため、腸には負担がかかりやすい食べ物とされています。しかも、セットでついてくるポテトがくせものです。ポテトはハンバーガーよりもカロリーが高く、塩分も高め。2つをセットで食べると、かなりのハイカロリーになりますし、便秘にも悪いでしょう。
便秘症でも、どうしてもハンバーガーが食べたいという人は、できるだけシンプルなメニューを選ぶこと。そして、できれば持ち帰りにして、野菜をつけあわせにすることをおすすめします。食物繊維が多いキノコ、ホウレン草やニンジンがおすすめです。ボイルやマリネにしたものを一緒に食べてみて下さい。また、ハンバーガーと一緒にカルシウムたっぷりの牛乳や、塩分を輩出するカリウムとビフィズス菌のエサになるオリゴ糖の入った豆乳を飲むのがいいかと思います。

回転寿司は便秘になりやすい?

便秘になりやすい寿司

回転寿司はヘルシーな印象がありますが、実はいろんな落とし穴があります。
まず、ついつい食べ過ぎてしまうというデメリット。お寿司のネタには食物繊維がほとんど含まれていますので、食べ過ぎはすぐに腸にこびりつきます。また、早食いになってしまいがちです。これはガリを食べることで調整できます。
また、大トロやイクラはカロリーが高く、脂質の塊でもあります。食物繊維の多いかんぴょう巻きなどを食べて調整するようにしましょう。
もうひとつ気にしておきたいのが、塩分です。じつはお寿司に使われている酢飯には、かなりの塩分が含まれています。さらに、お寿司を食べる時に使用する醤油にも塩分が入っています。海藻をしっかり摂るなどして対処しましょう。

まとめ

基本的には外食には糖質や脂質がたくさん入っています。その代わり、食物繊維やビタミン類がほとんど入っていないのです。1日3食外食にするのは、確実に便秘を加速させます。外食は1日に1食に留めましょう。そして、外食をする時には野菜を中心にしたメニューを選ぶのがコツです。野菜といっても、生野菜よりも緑黄色野菜のたくさん入ったものを選ぶのがコツです。
また、アルコールは控えめにしましょう。飲むにしても、おつまみにこだわるのがコツ。糖質と脂質だけを摂取していては、腸に絶対よくありません。海藻類だけでなく、キノコや豆腐、枝豆、納豆なども食べると腸にはとてもいいでしょう。

外食でハメを外すのもいいですが、整腸作用のある食べ物もプラスして便秘になりにくい体を目指しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)