menu

20代からバストは垂れ始める!?垂れない胸を作る5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「胸が垂れる?そんなのまだまだ先のことでしょ」なんて思っている方は気を付けて!「女性の胸は20代から垂れる」と言われているんです。この場合は老化に関連しているというよりは、激しい運動に胸の靭帯や皮膚が伸びてしまう・ダイエットのしすぎで胸が垂れてしまう人が多いそう。今回は、20代から気を付けたい「垂れ胸」についてご紹介したいと思います。

一度垂れた胸は元に戻らない!

一度胸が垂れたら、元に戻すことはできるのでしょうか?実は、元に戻すのはほぼ不可能と言われているんです!バストの脂肪と乳腺を支えているのが、『クーパー靭帯』です。このクーパー靭帯がバストを支えているのですが、これが激しい運動などで伸びきってしまうことで、胸が垂れてしまいます。しかも、伸びた靭帯を縮めることはできませんので、胸に負担を書けないようにすることが求められるのです。

では、バストの垂れをどうしたら予防できるのでしょうか?

①ブラジャーはサイズを合わせる

胸の垂れ ブラジャーを選ぶ

意外と多くの女性が守れていないのが、ブラジャーのサイズを合わせると予防策。胸の谷間を作るために、無理して小さいブラをつけていませんか?でも、これが実は胸を垂れさせる原因だった!

アンダーバストがキツい、もしくはゆるゆるである

・トップ部分がブカブカしている
・肩ひもがくいこんでキツい
・胸のふくらみの部分にブラが食い込んでいる
・ブラが脇に食い込んでいる
・呼吸をするのがつらい、腕が上がらない

こういうブラでは、胸に大きな負担がかかります。

②ブラジャーを正しくつける

ブラジャーを適当に、惰性でつけていませんか?それではダメ!正しいつけかたを学びましょう。

まずはホックを留めます。後ろで留めても、前で留めてから回転させても大丈夫です。

  1. ブラの背中のほうのアンダー部分を軽く引き捧げます。
  2. 手のひらで脇の肉を集め、ブラの中に収めます。この時、もう片方の手でアンダー部分を反対側(脇のほう)にひっぱるとイメージしやすくなります。
  3. 胸のふくらみに合わせて、ブラを調整してから両手を放します。
  4. 再度に、背中のアンダー部分を再度引き下げましょう。

正しいサイズのブラをつけるだけでなく、正しいつけかたをしなければいけません。なんとなくつけていると、せっかくの胸の脂肪が流れ、背中や脇のお肉になってしまうかもしれませんよ!

③寝る時にもブラジャーをする

「寝る時にはリラックスしたいから、ブラジャーは取って寝る」という人がいますが、これは大変な間違い!寝ている間にバストはかなり揺れています。安定させなければ、やはり垂れてしまうのです!

でも、寝ている時にキツイブラをしているのもそれはそれで問題です。だからこそ、ナイトブラをすることをおすすめします。睡眠時につけるブラとして作られたナイトブラなら、バストの横流れも防止してくれます。また、バストの血行を悪くしないように守ることも大事。ナイトブラなら、温かく胸を守ってくれます。

④バストアップのエクササイズやマッサージをする

バスト 運動

バストサイズにも、エクササイズはとても大事!たとえば、大胸筋を鍛えるエクササイズは胸をたるみにくくしてくれます。また、合わせてやりたいのが肩甲骨ストレッチ。肩甲骨が収縮してしまった胸の筋肉を伸ばし、胸がたるみにくい環境を整えてくれます。猫背はバストアップの天敵とされていますが、この猫背を改善するのにも肩甲骨ストレッチが役立つ!とされているのです。

また、マッサージをすることも忘れないようにしましょう。

ちなみに、マッサージはお風呂でやるのがおすすめです。両手でウエストからアンダーバストまでをさすりあげるようにマッサージしていきましょう。

⑤バストが大きくなる食べ物を食べる

バストに効果的な食べ物を食べるのもおすすめです。体の内側からキレイになりましょう。

タンパク質

胸のもとになるのはやっぱりタンパク質!しっかり摂取すれば、代謝アップにも役立ちます♪

お肉(特に鶏肉)、魚(特にマグロ)、牛乳・乳製品(チーズやヨーグルト)、たまご
大豆製品(大豆、納豆、豆乳、枝豆など)

女性ホルモン分泌を高めてくれる食べ物

「ボロン」という女性ホルモンに役立つ成分が入っている食べ物を食べましょう。

キャベツ、ナッツ類(大豆、アーモンドなど)、海藻類(コンブ、ワカメ、ひじきなど)
果物(リンゴ、梨、ブドウ、レーズン)、ハチミツ

ビタミンEが含まれる食べ物

ビタミンEは、女性ホルモンを活性化してくれる働きがありますので、積極的に食べましょう。

カボチャ、アボガド、モロヘイヤ、オリーブオイルなど

まとめ

筋トレをする場合には、やり方や姿勢をきちんと守るようにしましょう。やり方を守らないと、胸の垂れを防止することもできませんし、バストアップにもつながりません。自己流で鍛えるのもいいですが、運動をあまりしない人はジムなどに通い、プロのやり方を教えてもらうのもいいかもしれませんね。

ちなみに、胸の垂れを予防するには睡眠時間をしっかりとることも大事です。リラックスしてちゃんと眠るようにしたいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)