menu

ダイエットにも良くてお金もかからない!モテ女子クッキングのルールとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットって意外とお金がかかりますよね。でも、それをリーズナブルにおさめたい!そんな時には、何に気を付ければいいのでしょうか?

ダイエットにいいうえに、リーズナブルな調理のコツとは?

runner-beans-1835646_640

オーガニックにとらわれ過ぎない

食材はオーガニックにこだわりたい!その気持ちはわかりますが、オーガニックじゃないから買わないというのも問題があります。たしかに、オーガニックの野菜や果物は農薬や毒素を口にするリスクを軽減できますが、気に入った野菜や果物がないから食べないと、栄養不足になりかねません。野菜はしっかり食べましょう。

豆類を活用する

豆類はヘルシーで安く購入できるという魅力的な食材です。大豆やソラマメ、枝豆はもちろん、レンズ豆、インゲン豆、えんどう豆などもおすすめ。サラダにも煮込み料理にも使えますし、低脂肪のタンパク質なのでダイエットにぴったり。ビタミンにミネラル、食物繊維も入っていて、毎日食べてもいい食材です。

ちなみに、下準備に時間をかけると栄養価をぐっと高めることができます。乾燥した豆は一晩水に浸けることで、栄養価を高められるでしょう。ひよこ豆やアルファルファは発芽させるのもいいとされています。それをサラダにして食べると、美味しいですし美容にもいいんですね!

作り置きレシピを活用しよう

1人暮らしの自炊は意外とお金がかかるもの。というのも、1人分の食事をいちいち作り、食材を購入するのにお金がかかりますよね。そんな時には、まとめて料理を作るのがおすすめ。小分けにして冷蔵保存すれば、リーズナブルかつヘルシーです。カレーやシチューはもちろん、ソースの作り置きもおすすめです。光熱費もセーブできますし、忙しい夜も時短料理で美味しいご飯が食べられます。

ちなみに、冷凍すると栄養価が落ちる!と思われているかもしれませんが、そんなことはありません。冷凍しても比較的すぐに解凍すれば、問題はありません。新鮮な食材と言っても、お店で並んでいる時点でだいぶ時間が経ってしまっているものもあります。できるだけ新鮮な野菜を食べたいなら、お取り寄せをするなど、購入方法にも気を付けてみてもいいかもしれませんね。

予め献立を考えておこう

行き当たりばったりに献立を考え、作っていると食材を無駄にしたり、カロリーの高いものを食べてしまったりすることもあります。先に献立を考えてから食材を購入するようにすれば、財布にも胃袋にもヘルシー♪
考えるのが難しいという人も、慣れてしまえばさほど難しくはありません。ネットに掲載されているレシピなどを活用して、メニューのマンネリ化を防ぎましょう。

ノープランな買い物は、無駄なものを購入してしまいがち。買うつもりのなかったお菓子や、なんとなくかごに入れた食材ばかりを購入してしまうこともあるかもしれませんね。特売セールでも、「安い!」と興奮して余計なものを購入しないようにしましょう。

調理法

調理の仕方を考えよう

野菜の調理の仕方は、あなたが考えている以上に大事です。野菜はそのまま食べられるものがほとんどですが、加熱しても食べられますよね。でも、どの栄養を優先するかで調理の仕方は変わってきます。ビタミンB1やビタミンC、葉酸は火に弱いので、これらの栄養が取りたいならサラダで食べるのがいいでしょう。
これらの栄養素が入っている野菜といえば、ほうれん草やピーマン、パプリカです。

反対に、過熱したほうが栄養価が高まる野菜とはどんなものがあるのでしょうか?ベータカロチンやリコピンは加熱したほうが栄養が高まるとされていますので、カボチャやニンジン、トマト、さらにはサツマイモもそれに該当するとされています。

皮や茎を使ってみよう

フルーツや野菜の皮や茎、いらないからと捨てていませんか?実はその部位が、立派な料理に化けるかもしれませんよ!たとえば野菜の皮はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なことも。ニンジンやカボチャ、ジャガイモ、ダイコンの皮は食べやすいからおすすめです。ただし、よく洗うようにしましょう。果物ならば、国産のオレンジやレモンの皮を使用するのもいいですね。
茎でいえば、ブロッコリーの茎がおすすめです。房の部分よりも茎のほうが栄養があり、ビタミンCやカルシウムを摂取することができるでしょう。捨てずに細かくスライスして、茹でるか炒めるかして調理してみましょう。

ジャンクフードは買わない!

もう、「ジャンクフードは買わない」と決めてしまうこと。スーパーのお惣菜はまだしも、ファストフードをごはん代わりにするのはできるだけ避けるべきです。痩せたいならば、これは徹底すべきでしょう。

ダイエット仲間とホームパーティを開く

お友達と交流しながらヘルシーな料理を楽しみたいなら、友達と料理するのがおすすめです。ヘルシーな料理を持ち寄って食事を楽しむのもいいでしょう。

まとめ

ヘルシーでも美味しい食生活は実現できます。手間を惜しまなければ、リーズナブルでヘルシーな食卓を楽しむことができるでしょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)