menu

痩せ美人は冬をこう過ごしてる!冬でも太らない・スリムでいる秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つい、運動もダイエットも億劫になってしまいがちな寒い季節。「春になってからダイエットしよう」では、取り返しがつかないことになる可能性だってあるのです。というのも、その1~2キロがなかなか落とせず、デブまっしぐら……なんてことも考えられるから!
そうならないために、冬に美女が実践しているダイエットテクニックを真似してキレイになりましょう♪

温活で、冬でも温かく美しく過ごす!

冬でも美人 温活

温活とは、ざっくり言えば温かくして過ごすということ。腹巻をしたり、靴下を多めにはいたり、ブランケットなどで体を温めたりして、とにかく冷えないようにしましょう。特に、脚を温めるのはおすすめ。体全体の巡りが良くなるのが実感できるでしょう。
人間は体温を1度上げるだけでも、基礎代謝が12パーセントアップすると言われています。運動が苦手な人でも、まずは体を温めてみましょう。そうすることで、代謝が自然とアップしますし、脂肪も燃焼します。40℃から42℃のお湯に入ったり出たりを繰り返すだけでも、ボディラインが引き締まりますよ!
お風呂上がりに筋トレやストレッチ、マッサージなどを行うと、良くなった血行をキープできることでしょう。

そう、お風呂に入るのはとても大事です。どんなに忙しくても、毎日お風呂に入ることで汗がバーッと出て、老廃物が体外に出て行くでしょう。むくみ体質の人には特におすすめです。お肌の調子も改善して、肌荒れもしにくくなります。疲れもたまりにくくなるので、元気な体を作るのにも役立ちます!

また、腸を冷やさないようにすることもとても大事!冷たくなってから温めるよりも、冷たくなる前に温めることが大事です。体を冷やす前に行動しましょう。冷えがちな腸におすすめなのが腸もみダイエットです。腸もみをすることで、腸が良く動くようになり、便通が良くなります。張りがちなお腹もリラックスして、気持ちも休まります。リンパも刺激できるので、全身のむくみをとるのにも役立つでしょう。

ちなみに、あまりに寒い部屋はダイエットに不向きです。体が冷え切ってしまわないような温度にすることで、冬太りを防止することができるでしょう。

カイロで体を温める

外に出る時に使用するイメージがあるカイロですが、家の中でも使用できます。しかも、冷え症改善に役立つんです!
やり方も簡単です。朝起きたら、背中・お腹・腰にカイロを張って体を温めながらストレッチをすると、体が温まるうえに代謝がアップするとされています。また、眠る時に体が冷えて寝られないという時にもカイロが役立ちます。背中にカイロを張ると、胃腸の働きも良くなりますので、胃もたれしがちな人にもおすすめ。

冬だからこそ、キレイになるものを食べる!

冬でも美人 代謝

冬のような寒い季節は、体温を維持してエネルギーを得るためにカロリーの高いものを体が欲しがち。だから、こってりした食べ物を食べたくなってしまうのです。冬だからこそ、キレイになれる食材を食べよう♪

たとえば良質なたんぱく質である赤身肉は、脂肪が少ないうえに、脂肪代謝をアップさせる効果があります。また、ビタミンやミネラルを摂取するのも大事。冬にはキャベツやニンジン、ダイコン、カブ、カボチャもおすすめです。

では、おすすめの調理法は?といえば、なんといっても鍋!鍋のいいところは、野菜をたっぷり食べられるところですよね。また、肉や魚も適度に食べられるので、バランス良く栄養が摂れます。

お酢でキレイになる!

お酢は美容にいいと言われていますよね。冬になると、温かい部屋で甘いものをたくさん食べるのが楽しいという女性も多いでしょう。そのせいで、毎年冬になると太っちゃう!と悩んでいる人も、お酢を飲めばデブ化を止められるでしょう。
なお、お酢をそのまま飲むと歯が変色する可能性がありますので、お湯や炭酸水で割って飲みやすくすること、飲んだら歯磨きをすることをおすすめします。また、梅干しもおすすめ。梅干しをほぐして食べつつ、白湯を飲むだけで免疫力がアップするという話もあるんです。

セロトニンが精製できる食べ物を口にする

冬は日照時間が少ないので、脳内物質のセロトニンが減少しやすくなるとされています。このセロトニンは気持ちを安定させるのに役立つので、ダイエットのモチベーションアップにも役立つでしょう。
セロトニンを精製するためにビタミンやタンパク質を摂取するのがおすすめ。肉や魚、大豆製品などのタンパク質を摂取すると同時に、ビタミンB6も摂取しましょう。青魚やレバーなどを食べるといいとされています。
セロトニンを脳内で生成して冬でも元気に若々しい女性を目指そう!

まとめ

冬でも太らないための対策はいくらでもあります。うまく実践して、冬太りしない美女を目指しましょう。
なお、お酒を飲むのはNG。お酒は飲みすぎないこと、ゆっくり飲むこと、おつまみの選び方には注意するようにしましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)