menu

太らないおやつ決定版!ダイエット中にむしろ食べたい間食5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットにおやつはNGとされていますが、そんなことはありません。太らないものを選び、太らない食べ方をすればダイエットに役立つものもあるのです。たとえば、12時から13時の間にランチを食べ、夕食が20時以降になってしまった場合、体が栄養を欲して食欲が増進。夕食を食べすぎてしまい、ダイエットを失敗してしまう!なんてこともあるのです。しかも、エネルギーになりやすい糖質が食べたくなるという可能性も……!?

そうならないためにも、ローカロリーかつヘルシーなおやつを食べるのがおすすめなんです!

食べたほうが太りにくくなるおやつの選び方・食べ方

太らないおやつ チーズ

まず、気を付けたいのが1日200キロカロリー以上の間食をしないこと。小さいサイズの無糖ヨーグルトにフルーツをトッピングするか、小分けにしたナッツをつまむかして、上手におやつを食べましょう。甘いものがどうしても食べたいなら、ほんの少しだけにします。

また、時間帯にも注意。昼食から4時間前に食べる、もしくは夕食の4時間前に食べるなど、ちょうどいい時間帯を選んで食べます。昼食から数時間もすると、空腹感が強まってくるので間食してもOK。ですが、昼食と夕食の時間が6時間以内の人は、間食をする必要はないとされています。8時間以上間が空く場合にのみ、おやつを食べてもいいでしょう。

気を付けたいのは、食べ過ぎです。そうならないためにも、小分けタイプのおやつを買うのがおすすめです。チーズやフルーツは小さく切って冷凍しておいてもいいでしょう。タンパク質は脂肪や食物繊維と一緒に摂るのがおすすめです。

それでは、太りにくいおやつをご紹介しましょう。

太りにくいおやつ①ナッツ

ナッツ類は食物繊維やミネラルが豊富で、太らないのに腹持ちもいいとされています。アーモンドやカシューナッツ、クルミ、ピスタチオなどがおすすめ。アーモンドにはビタミンEと食物繊維が、カシューナッツにはビタミンB1と亜鉛が入っています。クルミはαリノレン酸、ビタミンA、ビタミンB2が入っています。ピスタチオはカリウムと鉄分が豊富なんですって!ただしナッツ自体のカロリーは高めなので、1日20粒程度が限度です。

太りにくいおやつ②乳製品

おやつとしておすすめの乳製品はチーズとヨーグルトです。タンパク質はもちろん、脂肪やカルシウムが豊富なのが魅力的ですよね。少し食べるだけでも腹持ちがよく、おやつにぴったり。チーズだったらプロレスチーズよりも、カマンベールチーズがいいとされています。タンパク質だけでなく、脂肪も一緒に摂れるから!と言われているからです。

太りにくいおやつ③たまご

ゆでたまごも、おやつにおすすめの一品。ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。ただし、食べ過ぎるとコレステロール値が上がりますので、注意しなければいけません。

太りにくいおやつ④ビターチョコレート

太らないおやつ ダークチョコ

カカオ含有量が70パーセント以上のビターチョコレート、ダークチョコレートはダイエットの強い味方!1かけらなら約30キロカロリーなので、チーズやヨーグルトと組み合わせて食べると腹持ちも向上し、満腹感が得られます。やはり食べ過ぎには注意したいですが、量を守ればダイエットの味方になってくれそう!なお、同じチョコレートでもミルクチョコレートやホワイトチョコレートは太りますので要注意です。

太りにくいおやつ⑤フルーツ

果物に入っている果糖は、白砂糖などに比べると血糖値を上げにくいため、おやつとしては優等生です。ただし、太らないわけではありませんので、これも食べ過ぎ厳禁。ビタミンCや食物繊維が摂れるので、いろいろなものを組み合わせてみましょう。

おやつについて知っておきたい!ミニ知識

間食についてはまだまだ知っておきたいことはたくさんあります。
たとえば、間食としてダイエット用のゼリー飲料を飲む人もいますが、これは実はあまりいいとは言えません。バランスが優れていたとしても、腹持ちが悪いとどうしても満足感が得にくいのです。しっかり味わいたい人は、噛みごたえがあるものを選んだほうがいいでしょう。

また、糖質量が多いおやつもあまり食べるべきではありません。菓子パンなどは論外です!ですが、なかには「意外に食べても大丈夫なおやつ」もあります。たとえばチーズケーキです。他のスイーツと比べうと、小麦粉の使用量が少ないですが、タンパク質と脂肪がバランスよく摂れます。ただしカロリーは高いので、ほんの少しだけ食べるようにしましょう。カカオ含有量が70パーセント以上なら、アーモンドチョコも大丈夫とされています。

まとめ

おやつはメインの食事で摂ることができなかった栄養を摂るものだと考えると、メニューを決めやすくなるかもしれません。カロリーや糖質などはパッケージをチェックすればわかります。噛みごたえがあるものを選ぶと、満足感が高まりますので、食感で選ぶのもおすすめです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)