menu

1日2分でシワとたるみ対策ができる!お手軽すぎる頭皮マッサージのすべて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔のシワやたるみが気になるようになってきた。気のせいか、首もなんだかシワが目立つような気がする……そういう時に、顔のマッサージばかりに追われていませんか?意外と忘れがちな「頭皮のマッサージ」にも注目して下さい。

 

■頭皮がたるむと、顔もたるむ!

実は、頭皮はケアを忘れがちなものの、頭皮のたるみが顔の皮膚のたるみに直結すると言われているぐらい、マッサージが必要な部位なのです。ですから、顔のシワをできるだけ作りたくないという人は、頭皮ケアをしなければいけません。さもなくば、フェイスラインは崩れて、あごの下の肉もたれて“ブルドッグ”状態に。見た目年齢がドンドン跳ね上がってしまうかもしれません。

 

■頭皮の血流が悪くなると、シワができやすくなる

疲れやストレスで頭皮がカチカチになってしまっている人は、血流が悪くなっておるのです。頭皮の筋肉がそのせいで垂れ下がってきてしまい、顔の皮膚のたるみにもつながるのです。

 

■簡単!頭皮のセルフチェック方法!

自分の頭皮を簡単にチェックできる方法をお教えしましょう。まず、自分の頭皮を両手の指で押さえ、動かしてみて下さい。頭皮が柔らかい人は、グリグリと動かすことができます。しかし、まったく動かない人やおでこにクッキリ横シワが入ってしまっている人は、一刻も早く頭皮マッサージを始めてみて。
マッサージで頭皮を柔らかくすれば、トラブルに発展することもありません!

 

■シャンプータイムに頭皮を揉みほぐそう!

重要なのは、頭の前、後ろ、左右の側頭部にある筋肉をほぐすこと。毎日シャンプーのついでに頭を揉みほぐすことをおすすめします。1日2分でもOKなので、時間がない人もチャレンジできます。

それでは、ここから頭皮マッサージのやり方をお教えします。

①まず、手を軽く握ってグーを作り、こめかみをグリグリ押します。グーの手の第二関節をこめかみにあてがいます。イメージは、グーでこめかみの皮膚をななめ上部分に引っ張り上げる感じです。両手同時にこめかみを刺激しましょう。ゆっくり5回ほどまわしてみて。
なお、間違ってグーの第一関節でグリグリしてしまうと、刺激が強すぎますので注意して。指を痛める可能性もあります。

②次に、額の生え際から髪の毛の中へ指を入れて揉んでいきます。両手の指を全て使って、額にある髪の毛の生え際から指を中に差しこんでいき、頭頂部に向かってすべらせていきましょう。やや強く押すようにします。これも5回繰り返しましょう。

③耳の上の部分から両手の指を差し入れて揉んでいきましょう。耳のほうの髪の生え際から、また頭頂部のほうに指をすべらせましょう。これも両手を使って、5回繰り返します。

④うなじの部分から頭頂部を揉みます。うなじのほうの髪の毛の生え際から指を入れて、頭頂部まで刺激していきましょう。これも5回ほど繰り返します。

⑤最後に、うなじから耳の下まで、髪の生え際にそって刺激していきます。親指の腹部分を使いながら、小さく円を描くイメージで、くるくると指をまわして頭皮を刺激します。これも左右同時に、両手を使ってやりましょう。5回繰り返します。

なんとこれだけ!これならば、シャンプーをしながら気軽にできますね。

 

■頭皮のマッサージをする時のコツを知っておこう

毎日シャンプーのついでにやれば、簡単にたるみ&シワ対策ができるマッサージですが、やり方にはコツがあります。

まず、指先を使わないようにすること。指先を使うと、それだけ肌が傷付きやすくなります。頭皮をひっかいてしまうかもしれませんし、手も疲れてしまいます。指の腹を使えば、そこまで力を使わなくてもきれいに洗うことができるでしょう。ただし、爪を伸ばしている人は指の腹部分を使って頭皮を洗っても、肌を傷付てしまう可能性がありますので、注意して下さい。

また、揉む時の強さは「痛い」と感じるまでやってしまうとやりすぎです。跡が残ったり、頭痛の原因になったりしてしまうかも。あくまで「痛気持ちいい」くらいを目指しましょう。実は、頭皮は顔の皮膚よりも分厚いとされています。ですから、顔のマッサージよりはやや力を込めてやってもいいでしょう。血流を良くするためにも、適度に力は込めて。

さらに、シャンプー中にもマッサージ中にも、顔を下に向けるのはNGです。というのも、下を向く習慣は、重力のせいで顔のお肉をたるませるかもしれないから。顔は普段から上を前や上を向くように心がけましょう。

 

■まとめ

頭皮のたるみは、本人ではなかなか気が付かないものかもしれません。しかし、「目尻がたるんできたかも」「ほうれい線が目立つようになってきた」「太ったわけではないのに、あごの下の肉がこんもりしている」「若い頃と、フェイスラインがだいぶ変わってきたかも」など、気になる点が出てきた人はそれがサインです。顔のマッサージだけでなく、頭皮マッサージも取り入れて、シワのできにくい美人を目指しましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)