menu

ダイエットが続かないのはなぜ?タイプ別・ダイエットを成功させる対処法4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットが続かないのには理由があるのかも!?「いつもリバウンドしちゃう」「続けようと思っても飽きちゃう」「痩せられないまま終了」しちゃうのには、理由があった!まず、ダイエットを成功させたいなら自分の現状を把握し、問題点を知ることが大切です。無意識のうちに食べ過ぎてしたり、デブってしまう習慣を続けたりしていたら、やはりダイエットは成功しにくくなります。さあ、あなたはどのタイプ?

①いろいろやりすぎる三日坊主タイプ

ダイエット うまくいかない

「新しいダイエット法にすぐに飛びついちゃう」「コツコツやるのは苦手」「ダイエットは楽しそうなものが好き。つらいものは嫌い」「食欲は旺盛なほう」という人は、その好奇心のあまりに、いろんなダイエットに手を出して長続きせずに失敗しがちなタイプ。流行のダイエットは一通り体験したことがあるのでは?手を出しすぎると、やはり失敗しやすくなります。とはいえ、やる気を出すと一気に痩せられるのもこういうタイプだとされています。
ダイエットを成功させたいなら、まずはやるダイエット法を絞り込みましょう。また、レコーディングダイエットのように、食事内容をきちんと書き出すことで、食べたものや量を把握することをおすすめします。こうするとつまみ食いを防止できます。かた、部屋や持ち物を片付けることで、気持ちや考え方が整理できて、体型がスッキリする人もいるそうです。
また、毎日運動を習慣づけると、無理なく続けて痩せられますよ。

②意思が弱いタイプ

「いいと聞くと、ついダイエットを始めては挫折」「面倒なことは後回しにしてしまいがち」「ダラダラ食べが得意」な人は、目の前の誘惑にとても弱いタイプです。誘われると食べてしまったり、美味しそうと思ったらつまみ食いをしてしまったりする傾向が高いでしょう。ストレスを食べることで紛らわすことが多いのも、こういう人です。食欲に振り回される前に、具体的な目標を決め、それをどう実行するかを考えるようにしましょう。
おすすめはシンプルなダイエット。〇〇するだけダイエットなど、手軽にできるものを選びます。人に流されやすいという人は、お友達や家族と一緒にジムやトレーニングを始めるのもいいでしょう。また、SNSで励まし合うのもいいですね。

③ハードなトレーニングで失敗するタイプ

ダイエット 運動

「とにかく頑固でマイペース」「計画を守らずにはいられない」「食事制限のダイエットで毎回リバウンドしてしまう」人は、数字ややり方に固執しがちです。体重やサイズの数字にこだわったり、きつい食事制限をわざとやったりすることが多いかも?でも、過激なダイエットはリバウンドしか生みません!短期間のみのダイエットならまだしも、長期的にスタイルを維持したいなら、これはNGです。
まずは断食、1日1食のみの食事などはやめるようにしましょう。過激なダイエットだけがイイわけではありません。むしろ、時間をかけてじっくり落としたダイエットのほうがリバウンドしにくいこともあるのです。ゆるい運動でも毎日続けられるようにしておきましょう。また、ストレスがたまった時にはそれをすぐに解消できるような方法を見つけておくのもおすすめです。
とにかく、リバウンドを甘く見ないこと。何度もリバウンドするとそれだけで代謝がダウンしていき、痩せにくくなっていきます。

④完璧主義!そのせいでドカ食いタイプ

「とにかく自分に厳しい」「完璧主義」「それゆえにストレスを感じやすい」という人は、一見、ダイエットにもストイックです。ですが、思うような結果が得られないとストレスを抱えてドカ食いしてしまうということも……。ダイエットは成功しやすいタイプではあるのですが、場合によっては頑張りすぎてしまうことがあるのです。
まずは、そこまで考え込まないこと。目標をあえてゆるめに設定し、気を張り詰めないようにしておくことも大事です。また、数字だけでなく、「体調がよくなったかどうか」「見た目にもキレイになれたか」を重視するのも大事。そして、食べること・飲むこと以外にもストレスを解消する方法を見つけておくことも忘れないで!まずはポジティブに考えるようにすると、ダイエットも成功しやすくなりますよ。

まとめ

考え方で、ダイエットは成功しやすくなります。ダイエット自体はなんとかできていても、ストレスのせいでドカ食いしないように気をつけましょう!また、身の回りを片付けて、カバンの中も整理することで、頭もスッキリ。一気にスリムになれる女性もいるそうですから、片付けダイエットも効果があるそうです。自分を客観的にに見られていないという自覚がある人は、試してみて損はありません。過激な食事制限ではなく、間食を控えてバランス良く食べる食生活を。さらに、ハードな筋トレではなく、リンパや血行を流しながらのマッサージやゆるいストレッチ、ヨガ、ピラティスでも痩せていきます。まずは自分の食事と運動習慣を見直すために、メモをとってみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)