menu

便秘改善・美肌効果も!やっぱりすごい「こんにゃくダイエット」のやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローカロリーなイメージがある食べ物はいろいろありますが、その代表的なものといえばこんにゃくですよね。こんにゃくは食物繊維も豊富で、脂肪とコレステロールの吸収をセーブしてくれます。さらに、腸に溜まっている老廃物もキレイにお掃除してくれるでしょう。でも、こんにゃくを使って、どうダイエットをすればいいのでしょうか?こんにゃくダイエットのやり方や効果をご紹介します!

こんにゃくダイエットの効果とは?

こんにゃくには、グルコマンナンという成分が含まれています。このグルコマンナンは、脂肪とコレステロール値の吸収を抑えてくれ、水溶性食物繊維としてお腹の中で膨らんでいき、腹持ちも良くしてくれます。便秘改善にも役立つので、下腹がへこんだという意見もありました!
また、こんにゃくにはカルシウムがたくさん入っているという特徴もあります。カルシウムが不足すると、体内に脂肪が溜まりやすくなるそうですから、進んで食べたいですよね。さらに保水力が高くなるセラミドも含まれていますので、美肌になりたい人にもいいでしょう。「ダイエットして痩せられたけど、肌はボロボロ・カサカサに」なんてことにならないのは嬉しい!

こんにゃくダイエットのやり方とは?

ed02edd731be1671bc6d3442dc9bc218_s

こんにゃくダイエットのやり方はいろいろあります。好きなものを選んでチャレンジしてみてください!飽きっぽい人は、ローテーションを組んでみてもいいかもしれませんね!

メジャーなのは置き換えダイエットでしょう。3食のうち、1食の米をこんにゃくに置き換えてみましょう。こんにゃくは板こんにゃくでも糸こんにゃくでもOK!こんにゃくで作られたダイエット食品でも大丈夫です。便秘しやすい人には特におすすめです。

もしくは、食事をする30分前にこんにゃくを200グラム食べるのもいいそうです。一緒にコップ1杯(200ml)の水を飲むと、よりお腹の中で膨れやすくなるでしょう。過食を防ぎ、摂取カロリーを抑えられます。

スイーツがやめられない人は、お菓子の代わりにこんにゃくゼリーやこんにゃく飲料を口にしてダイエッオとぉすることをおすすめします。

ただし、「こんにゃくだけ食べる」ダイエットは大変危険です。タンパク質や脂質が一切摂取できませんので、体調を崩してしまう可能性があるからです。こんにゃく以外にも、肉や魚、大豆製品、野菜などをバランス良く食べて美人を目指しましょう!

こんにゃくをアレンジ!ダイエットに活用する

こんにゃくダイエット アレンジ

こんにゃくダイエットで気を付けたいのは、ずばり、「飽きる」こと。味が単調で、食感を変えにくい食べ物でもありますので、飽きやすいというのは仕方ありません。

でも、アレンジ次第でこんにゃくはいくらでもその姿を変えてくれます。たとえば、一番シンプルな板こんにゃくは煮物や炒め物に活用できるほか、「こんにゃくステーキ」にもできます。また、一度茹でた後に水気をしっかりと摂り、薄くスライスした牛肉を巻き付けて揚げればカツのようにして食べられます。カロリーカットに役立ちますよ!糸こんにゃくは煮物に活躍するイメージがありますが、みじん切りにして米に混ぜ込んで炊けば、炭水化物の摂取量をカットできるでしょう。

ダイエットにいい「氷こんにゃく」の作り方

ダイエット中だけどこってりお肉料理が食べたいという人には、氷こんにゃくがおすすめです。こんにゃくを凍らせるだけでできるのでとても簡単です。お肉の食感に近付けるため、薄くスライスしたり、一口大に切っておき、そのまま凍らせます。それを1日以上冷凍しましょう。

調理する時には、凍らせた氷こんにゃくに熱湯をかけて解凍します。溶けてきたら、余計な水分を搾り取ればOK!キッチンペーパーを使うと簡単にできます。この工程が、こんにゃくを肉に近い食感にしてくれます。また、こんにゃく独特の臭みも消えて、食べやすくなるそうです。
野菜と一緒に炒めてもいいですし、唐揚げやカツ、ハンバーグにしても美味しいでしょう。氷こんにゃくで作る料理はもちろんヘルシーですし、食べ過ぎも防止できます。便秘改善や美肌効果もありますので、女性にはぴったりですね!下ごしらえをしておけば、調理にはほとんど時間がかかりません。

生芋こんにゃくも効果絶大!

こんにゃくはもちろん、コンニャクイモからそのまま作られた生芋こんにゃくも栄養があり、美容にもダイエットにもいいとされています。生芋こんにゃくはオリーブオイルやココナツオイル、アボカドと一緒にスムージーにしてもいいですし、ステーキにしてもおいしいそう。もちろん筑前煮や炒め煮、田楽にしてもいいとされています。

まとめ

こんにゃくは毎日食べれば、必ず摂取カロリーを抑えられて腸内環境を整えることができます。まずはこんにゃくを使ってカロリーカットをしてみてはいかがでしょうか?美肌効果もありますので、食事が偏りがちな女の子におすすめ。便秘改善効果も期待できます♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)