menu

鼻ニキビの原因はメガネにあった!?鼻ニキビを招く意外な原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

できてしまうとテンションが下がるし、何より見た目に恥ずかしい!というのが鼻ニキビ。でも、鼻ニキビはどうしてできるのでしょうか?そこには意外な理由が隠れているのかもしれません。

鼻ニキビはどうしてできる?

鼻ニキビ 原因

鼻は、もともと皮脂量が多いのと、毛穴が深くなっています。そのせいで、皮脂が溜まりやすいという特徴があります。だから、もともと荒れやすい原因は存在しているのです。

その皮脂をニキビに“進化”させてしまう原因は、以下の通りです。

①汚い手、もしくはタオルなどで触れる
②紫外線対策をせず、激しい日差しを浴びてしまう
③油分の多いファンデーションを使用する、もしくはメイク落としをきちんとしない

こういった理由で鼻ニキビができる人が多いそう。これを放置していると、肌のターンオーバーも乱れ気味になります。そして古い角質もはげれにくくなり、肌の表面にこびりついてしまうのです。そうなると、余計に毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなります。

そもそもの原因である皮脂の過剰分泌には、思春期ならではの新陳代謝や成長ホルモンの影響が大きいとされています。でも、大人なのにニキビができやすい!皮脂が多い!という人は、ずばり、ホルモンバランスの影響です。

でも、これ以外にも意外な理由で鼻ニキビができるのです。それが、メガネやサングラスです。

メガネが鼻ニキビの原因になる?

メガネ 鼻ニキビ

でも、メガネがどうして鼻ニキビの原因になるの?と思われますよね。紫外線対策で、目から日焼けしないようにサングラスを愛用している人だっています。美肌のためにしていることが、ニキビの原因になっている……?
その原因は、鼻あて部分にあります。メガネにはずりおちないように鼻当てがついていますよね。でも、この鼻宛は肌に密着していますので、汚れや汗がつきやすくなります。毎日のように手入れしてキレイにしないと、どうしても毛穴が詰まってしまうのです。

その原因を除去するには、やはり毎日メガネをキレイに拭く、もしくは洗うことが大事です。眼鏡を洗う時には、いくつかのコツがあります。まず、専用の洗剤を使用することをおすすめします。普通の洗剤では、メガネのコーティングが取れてしまう可能性があるからっです。また、熱湯で洗うとやはり傷付く可能性がありますので、ぬるま湯か水ですすぐように優しく洗いましょう。洗浄したら、今度はキレイな布で優しくふき取ります。この時に、水分を残さないようにすることと、あくまでキレイな布を使用するようにしましょう。

メガネの人が気を付けたい!鼻ニキビ対策

メガネ 鼻ニキビ 対策

鼻ニキビの対策として考えられることを列挙していきましょう。

①鼻の脂をオフする

脂取り紙を使って脂をとるのがいいと思われがちですが、人によっては必要な脂まで除去してしまい、隠れ乾燥肌になってしまうこともあります。脂性肌だと意識している女性以外は、ティッシュでオフすることをおすすめします。この時にも、肌をこすらないように気をつけましょう。

②メガネをとる時間も作る

メガネと接触するとニキビがひどくなるという方は、できるだけメガネをしない時間も作りましょう。かけっぱなしにしておきたい人は、せめてまめに拭くようにしましょう。

③メガネ拭きを清潔にする

清潔なメガネ拭きを使わないと、肌はどんどん荒れます。なので、余裕がある人は使い捨てのメガネ拭きを使うのがおすすめ。これなら清潔に肌を保てます!

一般的な鼻ニキビの治し方とは?

一般的には、「洗顔方法を見直してみる」という対策が知られています。ニキビができやすい・肌のベタベタが気になるという場合、どうしても顔を洗う時に強くこすってしまいがち。でも、これではニキビは悪化しますし、肌トラブルを引き起こしかねません。洗顔時は泡を作ってそれで顔を洗うようにしながら、手が触れないくらいの優しさで洗いましょう。
また、角栓を取り除きたい人は乾燥対策に力を入れてみてください。角栓の詰まりは、保湿不足から起きるのです。できるだけ丁寧に保湿してあげましょう。

ただ、自己流でやってもうまくいかないという人は、皮膚科にかかって治療を受けることをおすすめします。外用薬を処方してもらえたり、ホルモンバランスを整える治療を受けられたりしますので、高い効果が期待できます。皮膚科に行ったことがないからハードルが高い!と思っている人も、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

意外にも、サングラスやメガネに鼻ニキビの原因が隠れていることがあるんです。鼻にニキビができやすい人はもちろん、「毛穴が目立つ」「皮脂がすごい」という人も、今一度自分のスキンケアを見直してみてはいかがでしょうか?諦めずに、取り組むことが大事です。そのケアが、10年後・20年後の美しい肌を作ってくれるのですから、今からお肌を大事にしてあげましょう♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)