menu

美人の横顔「ビーナスライン」を守る!たるみ対策に欠かせない4つの王道マッサージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横顔美人のフェイスラインのことを「ビーナスライン」ということがあるそうです。このビーナスラインは、年齢を重ねるにつれて変化していきます。若い頃は美しいビーナスラインを保っている人も、加齢とともに顔が“間延び”してしまうこともあるそう。また、むくみやすい体質の人は横顔が変化しやすいともされています。

大事なのは、リンパの流れを押し流すこと。そうすることで、たるみの原因を根絶することができます。また、顔の筋肉を適度にマッサージすることで、筋肉や骨の歪みを改善することも可能でしょう。リンパマッサージをすれば、血行も良くなりますので肌の代謝もアップして、血色も良くなり、シミやシワも目立ちにくくなります。まずは鼻のまわりや口元、フェイスラインからマッサージを始めて下さい。

産毛の脱毛

 

チャレンジする前に知っておきたい!たるみ対策のコツ

 

まず、あまり強く引っ張らないほうがいいでしょう。肌が傷付く可能性がありますので、優しくマッサージしたり刺激したりします。それだけでも充分効果があります。むしろ引っ張りすぎると、肌がたるむ可能性も。ですから、刺激する際には薬指を使って下さい。なぜなら、薬指はもっとも力が入りにくいから。だからこそ、適度に刺激できるのです。

ちなみに、効果がどのくらいで出るのか気になる人もいるでしょうが、早い人は1日、遅い人でも3日でフェイスラインが変化するはず。マッサージにおすすめの時間帯は、目的によって異なります。朝起きて顔がむくんでいると思われたら、そのままマッサージをして下さい。顔がたるんでいると悩んでいる人は、夜、入浴した後にやってみることをおすすめします。

 

まずここから始めよう!「フェイスラインのたるみ対策」

①まず、片手でチョキを作ります。そのチョキで、あごをはさみましょう。そのままフェイスラインにそってチョキを動かします。たとえば、右手で作ったチョキはあごから右のフェイスラインへと、たるんだお肉を引き上げるよなイメージで下から上へと持ち上げていきます。

②手を元に戻し、頭を横に傾けて、右の手のひらで右頬を包み込みます。頬杖をつくようなイメージでポーズをとりましょう。このまま3秒キープします。

③最後に、人差し指と中指を使って、頬からこめかみを刺激していきます。目尻の下部分から、眉尻の横ぐらいまでを上下に刺激しましょう。これを3回ほど繰り返しましょう。
右の顔半分をマッサージしたら、左の顔半分も忘れずにマッサージしましょう。

 

どんな女性でも気になる!「ほうれい線対策」

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

①まず、小鼻の横の皮膚を揉みほぐすことから始めます。使う指は「薬指」。顔の右半分と左半分に分けてマッサージをしていきましょう。まず、左手の薬指を、右の小鼻のそばに置きます。手の向きは地面に垂直にします。そして、右手の薬指を左手の薬指の上に置きます。こちらは地面と平行にします。この右手の薬指を使って、頬の筋肉を刺激します。横へ横へとほうれい線を伸ばし、伸ばし切ったところで3秒ほどキープしましょう。

②左手の薬指は、鼻の横に添えたままにして、今度は右手の中指と薬指を、ほうれい線から目尻のほうに動かして、引き上げていきましょう。

③そのまま、右手の中指と薬指を耳の前まで持ってきて、しっかり老廃物を流しましょう。左手の薬指も使って持ち上げます。頬のほうから耳の前まで指をすべらせ、耳の前で3秒ほどキープします。こちらも右・左両方やってみてください。

 

鼻は放っておくと低くなる?「鼻のたるみ対策」

①まずは眉間を刺激します。親指を目頭の横に置き、そこから眉頭までを押し上げながら刺激していきましょう。そのまま上から下にはいかず、ゆっくりと指を離します。右目頭は右手で、左目頭は左手で刺激していきましょう。

②次に、目の間の部分の鼻を指でつまんで上下させます。3回ほど、指をゆっくり上下させましょう。

③今度は、両手で目の間の部分の鼻をつまみます。右手では上に引き上げ、左手では下に引き下げて、それぞれ同時に刺激します。それぞれ引き上げ・引き下げたところで3秒ほどキープして、鼻の筋肉をゆるめましょう。

 

老けて見られる原因に対処「あごの下のたるみ」対策

51598713ea08e6cd636f7d3658b80a95_s

①まず、両手をグーにして、あごの下にくっつけます。親指だけは立てて、親指とグーであごの肉を挟みましょう。そして、親指であごの肉を前に押し出すようにしながら、左右交互に刺激します。左右5回ほど刺激しましょう。

②次に、グーで曲がっている人差し指の関節で、あごを刺激します。左右の人差し指をであごの肉を引き下げながら、5回ほどプッシュしましょう。

③あごの肉を、親指と人差し指で挟み込みます。そして、肉をあご下から口の横まで持ち上げ、持ち上げられるところまで行きましょう。頬のギリギリまで持ち上げたら、舌を向いて3秒ほどキープします。

 

まとめ

ビーナスラインを美しく保てば、横顔美人としてモテモテになれそうですね。アンチエイジングに気を使っている女性も、すぐにできるマッサージばかりなのでやってみて!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)