menu

妊娠中に増えた体重が減らない!?産後ダイエットに失敗しがちな3タイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出産後に体重が増加してしまった!でも、産後ダイエットはいろいろな方法がある一方で、「なかなか続けられない」「リバウンドしてしまった」という声も少なくありません。産後ダイエットに何度も失敗している人は、何が原因なのでしょうか?ダイエットに挫折しやすいタイプの人を調べてみました。

産後ダイエットに失敗しやすい人①ストレス過多タイプ

産後ダイエット 痩せたい

まず、「食事が一番のストレス解消法」という人は要注意。目の前にあるお菓子やご飯を我慢できずに、「ダイエットは明日から」「今日だけ」などと理由をつけて、食べてしまうタイプの人です。「今日だけ」も、チリと積もれば体重増加につながります。食べ過ぎていては、ダイエット食品やスーパーフードもうまく効果を表さないことがあります。

しかし、自分でコントロールできるストレスならまだしも、無意識化に強いストレスを感じている方もいるかもしれません。疲れきっていてクタクタで、甘いものが食べたくなってしまう。でも、それをぐっとこらえることも大事です。疲れ切っている時には、食欲が過剰に湧いてしまい、必要以上に食べ過ぎてしまうこともあるかもしれません。まずはゆったりと横になり、眠ることも大事です。深夜に甘いものを食べたいと思ったら、翌朝まで楽しみにとっておくというやり方がおすすめ。朝ならば夜食べるよりも太りにくく、罪悪感にもつながりにくいそうですよ!

どうしても何か食べたくなった時には、他のことで気をそらすのがいいそう。お風呂に入ったり、運動したりして気分転換をしてみてください。

また、どうしても他人の勧めを断れないという人も注意です。「これ、美味しいから少し食べてみて!」「今日飲み会があるからおいでよ!」という誘いを断れないで、結果として太ってしまう。これでは、ダイエットを続けるわけにはいきませんよね。

産後ダイエットに失敗しやすい人②自分に甘いタイプ

性格の問題とダイエットも深くかかわっています。たとえば、ルーズな人。部屋が汚い人は太っている傾向にあるという話は有名ですが、他にも「時間にルーズな人が多い」なんて研究結果もあるそうです。ダイエットしようと決めたのに「まあいいか」なんて毎回自分を許していてはダメ。それではいつまでたっても痩せません!

また、挫折しやすい人も気をつけましょう。「痩せてキレイになりたい」と思っていても、運動が面倒、食事制限がキツいとやめてしまう。これでは、痩せられません!ダイエットは、長期的に取り組む必要があります。続けやすさを重視してダイエットを法を選びましょう。

言い訳タイプの方も、ダイエットの挫折に気をつけましょう。ダイエットに失敗すると家族や友達、恋人のせいにしたり、「飲み会が多かったから」などとタイミングのせいにしたり。でも、言い訳はなにも生み出しません。このクセから抜け出さないと、ダイエットに成功することはできないのです。なお、年齢はダイエットに関係ないそう。「もう年齢が上になっているから、代謝が落ちていてダイエットできない」なんてことはないそうです。

産後ダイエットに失敗しやすいタイプ③情報過多タイプ

ダイエット仲間がいると、ダイエットも続きやすいと言われています。でも、「ちょっとくらい食べても大丈夫」と言ってきたり、「それだけ細いんだから、ダイエットなんてしなくて大丈夫」と邪魔してきたりする人がまわりにいては、成功するものも成功しないのです。他の人に流されない強さを持ちましょう。

また、ダイエットの情報に振り回されてしまいがちな人も注意が必要です。「あのダイエット法が効くらしい」「あのモデルのダイエット法、試してみたい」などと、さまざまなダイエット法に飛びついてはやめ、飛びついてはやめ……を繰り返している人がいます。でも、数ヵ月試したのならともかく、短期で試したのでは正しい効果が得られないのは当たり前です。まずはじっくり腰を据えて、ダイエットと向き合うことも大事です。

まとめ

産後ダイエット 成功させる

ダイエットにおいて大事なのは、目標を持つこと。なんとなく痩せるのって難しいんです!それよりも「ウエストをマイナス5センチにする」「体重を10キロ減らす」など、明確な目的を持つことが大事だそうです。そのこだわりが、あなたのダイエットを成功に導くのかもしれません。

まずは、ストレスを緩和するための工夫をすること。そして、自分のダイエットへの甘えを見直してみること。もうひとつ、自分に向いているダイエットを選び、続けることを心がけるようにしましょう。
そうすることで、憧れの体型や体重にどんどん近づけるかもしれませんね!とにかく、ダイエットは継続することが大事です。とにかく出産後の脂肪や体重をそのままにしてしまうのではなく、健康的な美しさをキープするためにも、今できることを続けていきましょう!コツコツ続けられるダイエットを選べば、成功率もアップしますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)