menu

失敗すれば痩せない?ダイエットを成功させるカロリー制限のルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットといえば食事制限!「食事を制限するだけで痩せられる」という声もありますが、たしかにカロリー制限はダイエットしたい多くの女性にとって欠かせないものです。もちろん、カロリー制限をすれば体重は落ちます。ですが、その落ち方が実はとても危険なのです。カロリーを制限するだけでなく、あることに気を付けなければいけないのです。ただ食べ物を我慢するだけでは、痩せられないことだってあるでしょう。では、カロリー制限をする時に何に気を付ければいいのでしょうか?

カロリー制限したせいで、タンパク質が不足!?

カロリー制限 タンパク質

「カロリー制限をしている時はサラダだけ」「フルーツとヨーグルトだけ」なんて人もいるかもしれませんが、この食生活が実はとっても危険!実は、ダイエットにはタンパク質が欠かせないのです。タンパク質といえば肉ですが、お肉を食べると太るというイメージが浸透しているせいか、ダイエット中にはあまり食べないようにしているという人もいるでしょう。

ですが、タンパク質が不足すると、筋肉が減っていきます。筋肉の量が減ると、そのぶんの体重は減るかもしれませんが、基礎代謝も悪くなります。代謝が悪くなると脂肪が燃えにくくなるので、そのぶん太りやすくなるのです。

なお、野菜ジュースなどで簡単に栄養を摂ろうとする人もいますが、商品を厳選する必要があります。市販の野菜ジュースにはフルーツが入っている口当たりのいいものも多く、この手の商品には糖質がたっぷり入っています。また、サラダを食べる時にポテトサラダを選ぶのもNG。イモ類はでんぷんを多く含んでいるので、太りやすいサラダの代表格です。
ちなみに、春雨はヘルシーなイメージがありますが、イモや豆などのデンプンから作られているので、うどんやそばよりも糖質を多く含んでいます。「春雨ならばいくら食べてもいい」わけではありません。

カロリー制限をして、低カロリーなイメージのあるものだけを食べているだけでは痩せないのです!

カロリー制限しすぎて、体が飢餓状態になる!?

カロリー制限 飢餓状態

カロリーを制限しすぎると、体が飢餓状態になります。これは、体の中に入っている栄養素が少なすぎると、生きるために必要な機能に優先的に栄養素がまわされ、他のところには栄養がいかなくなるのです。そうなると、体のいろいろなところに負担がかかります。女性ならば「月経がとまる」「ホルモンバランスが大幅に乱れる」などの可能性も考えられます。
脳が命の危険を感じれば、消費エネルギーをできるだけ抑え、体重を減らさないように体に働きかけます。すると、どうしても太りやすくなってしまうのです。

たとえば、野菜なども栄養が豊富ではありますが、あくまでビタミンやミネラルなどに限定されます。栄養素はあくまでバランス良く摂取することが大事なのです。

カロリー制限のせいでやけ食いしやすくなる!?

カロリー制限 やけ食い

カロリーを制限しすぎると、どうしてもお腹がすいてしまいます。そのせいで、いつもはまだ我慢できているはずの間食につい手が伸びてしまって……!ということがあり得ますよね。
実は、人間の脂肪細胞にはレプチンという物質が含まれています。このレプチンは、脂肪があればあるほど分泌されやすくなります。このレプチンがどういう働きを持つのかというと、ずばり、食欲を抑制する作用があります。満腹中枢に働きかけることで、食欲がセーブされるのです。
ですが、食事を急に減らすとレプチンが急激に減少してしまいます。そうなると、食欲を抑えられにくくなり、つい食べてしまうという現象が起きやすくなるのです!

たとえ食事が我慢できたとしても、常にイライラして「ささいなことで怒ってしまう」などの症状が出てきたら、明らかにストレスが溜まっています。あんまりにも感情が不安定ならば、ダイエットを中止してみることをおすすめします。

正しいカロリー摂取のやり方とは?

まず、やみくもにカロリーを制限するのではなく、糖質や脂質の量を見直すことが大事です。タンパク質はとても大事なので、「食べない」という選択肢はあり得ません。もちろん、食べ過ぎもNG。動物性タンパク質はもちろん、植物性タンパク質も積極的に食べるようにしましょう。

また、脂質も毎日適量を摂取するようにしましょう。エストロゲンやテストステロンのもとにもなったり、ホルモンの原料になるので、不足するとやはり代謝が落ちてしまいます。良質な油やナッツ類を口にするようにしたいですね。

糖質だって、あまりに制限してはいけません。糖質制限ダイエットはいろいろな媒体に取り上げられていますが、やり方を間違えるとダイエットには役立たないということを覚えておきましょう。
そのためにも、急激に体重が落ちるようなダイエット法は避けたほうが無難です。少しずつでもいいので、体重を減らしていき、その体重が戻らないようにしたほうがいいでしょう。

まとめ

カロリー制限をするのにも、知識は必要です。正しい知識をもって、リバウンドしにくいダイエットを目指しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)