menu

鼻のテカテカを何とかしたい!鼻テカリの5つの原因と対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬は乾燥肌に悩まされていても、春を過ぎるとテカってしまう。このテカテカ、やっぱり恥ずかしいですよね。肌はベタベタするし、見た目にも「お肌が汚い」「だらしない」と思われてしまうかも。特に鼻のまわりのテカテカは何としても防止したいもの。
では、鼻のテカテカはどうしたら防止できるのでしょうか?

鼻のテカリの原因は意外と多い!

鼻のテカリの原因

スキンケアをしているつもりだけど、昼から夕方になると鼻がテカテカしちゃう。そこには、意外な理由が隠れています。もしかして、テカリにいいと思ってやっていることが逆効果になっているのかも……テカテカをより目立たせてしまっているのかもしれないので、注意が必要なのです。

スキンケアが間違っている

肌のタイプには個人差があります。他の人にはいいスキンケアでも、あなたに合っていないこともあるのです。特に、脂性肌の女性はスキンケアを間違いがちです。「肌が脂っこいから、できるだけ脂をとろう」とケアをしているせいで、乾燥や水分不足を招くこともあります。脂をとりすぎてしまうと、肌のバリア機能が働き、よけいに脂が出てきてしまうことだってあるのです!

皮脂をとるケアをした後には、絶対に保湿をすることが大事です。保湿をすることが多くの肌トラブルを予防するための第一歩になりますから、まずはそこから始めましょう。皮脂はティッシュでも充分オフできますよ。

ちなみに、剥がすタイプのパックを使っている人も要注意。必要な角質もベリベリ剥がしている可能性があるからです。このタイプのアイテムは毛穴のたるみも誘発しますので、あまりおすすめできません。

洗顔法が間違っている

鼻のテカテカをきれいにしたいなら、即効性があるのは洗顔ですよね。でも、洗い過ぎは絶対にダメ!洗顔料を使って毎日何回も顔を洗うのは、負担をかけてしまうことにつながります。肌本来の皮脂や保湿成分を落とすことにもなりますので、テカテカ肌・乾燥肌が加速することもあります。

洗顔法で気を付けたいことは、「洗顔料を泡立てる」「肌を優しく洗う」「タオルは清潔なものを使う」「肌をこすらない」こと。なお、朝の洗顔はぬるま湯で優しくすすぐくらいでもいいそうです。

メイクが間違っている

メイクでも鼻のテカテカを過剰分泌させてしまうことがあります。「皮脂が目立つからファンデーションで隠そう」というのも、実はNG!鼻のまわりだけ何度もファンデーションを塗ると、いわゆる「厚塗り」状態になってしまいます。これがメイク崩れの原因になりますし、皮脂とファンデーションが混ざるとさらにネトネトになってしまいます。しかも皮脂が酸化すると肌荒れ・黒ずみの原因になることも!

だからこそ、ファンデーションの厚塗りは肌のためにも避けるべきです。ファンデーションは薄めにして、コンシーラーやコントロールカラーでフォローしましょう。

食生活が間違っている

肌のケアだけでなく、体の内側からケアするのも大事です。食べるものにもちゃんと配慮しましょう。
特に揚げ物やジャンクフード、スナック菓子など油を多く使った食べ物は皮脂分泌が多くなります。
食べ過ぎると肌がテカテカするだけでなく、肌のキメが荒くなったり、毛穴が開いてしまうこともあるんですよ。

そうならないためにはビタミンB群を摂取することが大事。皮脂分泌がコントロールできるだけでなく、お肌全体にとてもいいのです。ビタミンB群を多く含んでいる玄米や納豆、お肉ならば豚肉などを積極的に食べるようにしたいですね!

また、皮脂分泌を抑えるためにはビタミンEを摂取することも大事だそうです。テカテカしがちな夏場は特にビタミン不足になりやすいので、野菜やフルーツだけでなくサプリメントを摂取するなどして、ビタミンをたくさん摂るようにしましょう。

ストレスをためすぎていない?

鼻のテカリ ストレス

ストレスも肌を荒れさせる原因になるってこと、知っていましたか?ストレスを感じると皮脂分泌が増し、男性ホルモンが活発化します。そうなると、肌があっという間にベタベタに!

そうならないためにはストレスがない生活・ホルモンバランスが乱れない生活を心がけましょう。休みの日までバタバタせずにゆっくり過ごしたり、運動でリフレッシュしたり、お風呂にゆっくり浸かったりすることでも肌への負担は減らしていけます。

おすすめのテカリケアは?

おすすめのテカリケアはいろいろありますが、
・脂取り紙を使いすぎない
・化粧水・美容液を正しく使い、肌を保湿する
・日焼け止めを縫って、ちゃんとUV対策もする
・洗顔はするが、しすぎない
・肌に悪い食べ物はできるだけ避ける
などのことに気を付けてみることをおすすめします。

まとめ

鼻のまわりや顔全体のテカテカを気にしている方は、まず保湿ケアから始めてみてください。そして、心当たりがある方はまずその習慣を変えてみましょう。変えなければ、あなたの肌はいつまでたってもこのままです!でも、その習慣を変える行動力と勇気があれば、あなたの肌は必ず変わります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)