menu

お尻の黒ずみ・肌荒れはモテない!汚いお尻になる原因と解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに姿見で自分の後ろ姿を見てみたけれど、お尻がなんだか黒ずんでいる……?触ったらツルツルじゃなくて「ブツブツ」「ざらざら」している。これってなんで!?
せっかく水着を楽しめる季節が近づいてきても、これではとってもヒップラインを出すことはできませんよね。でも、このお尻の黒ずみや肌荒れはなぜ起きるのでしょうか?

ヒップラインは刺激を受けやすい

お尻の黒ずみやざらつきは、皮膚の角質硬化が原因とされています。ズボンやスカート、下着に守られているイメージがあるヒップですが、実はかなり刺激を受けやすい部位でもあります。また、摩擦などでこすれやすい部位でもあるでしょう。下着のゴムや素材でも、肌がこすれて荒れてしまうことがあるのです。

角質が厚くなってくるだけで、肌はざらついたり、ごわつきがでてくるんですね!

ヒップラインが黒ずむ・荒れる原因は?

お尻が黒ずむ理由

お尻が汚くなる原因は、主に下記の通りです。

①汗

脱ぎ着が可能な上半身に比べ、下半身は気温の調節が難しいもの。「暑いから1枚脱ぐ」というのはできませんよね。汗を拭くのも難しいでしょう。
そんななかでかいた汗、下着や洋服でのムレがあなたの肌の毛穴を詰まらせてしまうのです。

②下着や洋服による摩擦

キツイ下着をつけていたり、ぴったりしたラインの服や通気性のない素材の服などを身につけていると、どうしても摩擦に弱くなります。「少しでもかわいい服が着たい」「オシャレは我慢」という意見もありますが、我慢のしすぎで肌が汚くなってしまっては、モテ力も完全にダウンしてしまいますよ。
ナイロン製の下着には特に要注意です!

③ストッキングやタイツの締め付け

スーツや制服で仕事をしている女性の場合、どうしてもストッキングを穿くことが多いもの。でも、その締め付けがやはり肌に悪影響を与えているのかもしれません。

④ホルモンバランスの乱れ

肌荒れの原因は、外的要因だけではありません。ホルモンバランスが乱れると、新陳代謝も悪くなり、どうしても肌に良くないのです。月経不順や妊娠、出産などのせいで一時的に肌が荒れてしまう人もいるそうですから、その点も理解しておきましょう!

⑤座る習慣が多い

日常的に座ることが多い人は、やはりお尻が荒れやすいもの。柔らかいイスではなく、硬いところに長時間座ることが多い人。また、正座する機会が多く、お尻と床が触れ合うことが多い人は注意です。また、自転車も意外と摩擦が多い乗り物です。毎日、長い時間自転車に乗っている人は気を付けたほうがいいかもしれませんね!

⑥肌を強くこすった

お風呂に入った時、「肌をキレイにしたい」と強めに洗ったり、何度もこすったりする人もいるかもしれません。でも、その摩擦のせいで肌が黒ずんでいる可能性もあるのです。体を洗う時にも、優しく丁寧に洗いましょう。

他にも「アレルギー性のかぶれ」「ニキビや吹き出物」が原因で肌が黒ずんだり、荒れてしまうことがあるそうです。

では、この肌の黒ずみや肌荒れを防止するには何に気を付けたらいいのでしょうか?

お尻の黒ずみやザラザラを防止するには?

お尻の黒ずみ ザラザラ 解決法

まず、洋服選びに注意します。汗をかきやすい人は、ゆったりしたズボンや通気性のいいスカートをなどを穿きましょう。ジーンズは動きやすいですが、お尻がこすれやすいので毎日穿き続けることはおすすめできません。
ストッキングなども同様です。蒸れやすいアイテムは避けるようにしましょう。

下着も締め付けないようなデザイン、蒸れにくい素材のものを選びます。天然素材などはこすれてもダメージが残りにくいとされています。

座り仕事が多い人は、座布団やクッションなどでケアしましょう。ダメージを軽減することができます。自転車に長く乗る機会が多い人も、お尻とサドルの間に何か挟むなり、工夫をするといいとされています。
クッションなどを用意するのもいいですが、姿勢を良くするのも大事です。姿勢が悪いと、摩擦も大きくなるんですって!背筋を伸ばし、お尻へのダメージを少なくしましょう。いい姿勢をキープできれば、ダイエット効果や美肌効果もあります。

お肌を清潔に保つのも大切です。あかすり用としてナイロンタオルを愛用している人もいますが、肌に細かい傷がつき、結果として角質が厚くなってしまいがちです。お尻も柔らかいタオルを使って洗いましょう。軽石などでこするのはもってのほかです。

大事なのは保湿です。顔と同じようなお手入れをお尻にもしてあげるのが美肌になれるコツ。保湿をしてターンオーバーを整えましょう。ただし、油分が多いクリームは逆に肌が荒れてしまう人がいますから、セラミドやヒアルロン酸が配合されている保湿クリームがいいそうです。
また、運動などを取り入れて血行を改善すると、ターンオーバーが整うでしょう。リンパ節を刺激するマッサージなどを取り入れて、ヒップラインをすっきりさせるのはもちろん、肌の調子を整えましょう!

まとめ

お尻の黒ずみやザラザラをキレイにするために、やれるケアはいろいろあります。まずはできることから始めてみましょう♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)