menu

美白効果・ダイエットにも!烏龍茶を毎日1リットル飲むと痩せられる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国や台湾などで飲まれているのが「烏龍茶」。実はダイエットにもいい効果をもたらすというのは、もはや有名ですよね。「黒烏龍茶」などの商品も人気です。でも、ちょっと高級な烏龍茶でなくとも、ダイエット効果を得ることはもちろんできます。
その烏龍茶はどうして健康にいいの?ダイエットに効果的なの?気になったのでまとめてみました!

烏龍茶に入っている成分とは?

tea-898706_640

烏龍茶に入っている主な成分は、大きく分けて4つあります。まず、ポリフェノール。烏龍茶に入っているポリフェノールは「ウーロン茶重合ポリフェノール」と言われ、抗酸化作用、抗菌作用が高いとされています。また、カフェインが入っているのも驚き。コーヒーに入っているイメージが強いカフェインですが、烏龍茶にも含まれます。カフェインの役割は、余分な水分を体外に排出してくれる作用が有名ですね。いわゆる利尿作用です。他にも、眠気を覚ましたり、頭をスッキリさせる覚醒作用があるとされています。アルコールの代謝を高める作用もありますので、二日酔いの時にもいいそうですよ。また、血行促進作用で疲労回復、リラックス効果が得られるともされています。さらに、アミノ酸とビタミンが入っているのも見逃せません。アミノ酸はいわゆるうまみ成分ですが、そこにはテアニンという成分が隠れています。興奮した脳を落ち着かせてくれたり、リラックスできたりという作用が期待できます。ビタミンCは抗酸化作用がありますので、美肌効果もあるでしょう。

烏龍茶が健康にいい!でも、どういいの?

chinese-tea-459337_640

烏龍茶は美容にも健康にもいいの?その主な効果を調べてみました。

①脂肪の吸収を抑制

ウーロン茶ポリフェノールには、脂肪の吸収を抑制したり、排出したりする作用があります。飲んでいるだけで、太りにくい体質を目指せるかも!?

②体重を減らす

適量を飲み続ければ、体重や体脂肪率、血中の中性脂肪値、さらにはウエストが減るとされています。

③歯のトラブルを予防

虫歯や歯周病の抑制・予防に役立つというのも烏龍茶の役割。歯垢の沈着や虫歯の抑制に役立つという説があります。

④成人病の予防

ダイエットに役立つだけあり、動脈硬化や脂質異常症の予防・改善にも役立つそう。烏龍茶に入っているカテキンのおかげです。血中コレステロール値が高い方は、烏龍茶を飲めば抑制できるかも。

⑤アトピー性皮膚炎の改善

美肌になりたい方にはもちろん、アトピー性皮膚炎の方にも烏龍茶はおすすめ。毎日飲み続ければ、肌の調子が良くなると言われています。

⑥美白効果

烏龍茶を飲むと、メラニン色素の沈着を抑制できるという研究も進められているそうです。肌を白く保ちたい人は、烏龍茶を飲んでもいいのかもしれませんね。なお、烏龍茶は1日1リットルを4回くらいに分けて飲むのがいいそう。烏龍茶は自分で淹れるイメージがあまりないかもしれませんが、実は簡単ですよ。

烏龍茶の正しい淹れ方とは?

烏龍茶 淹れ方

烏龍茶を淹れるには、茶壺(急須)、茶杯(お茶を飲むための器)、聞香杯(香りを楽しむための器)、さらに茶盤(茶器を置き、流しかけたお湯をためるためのお盆のようなもの)が必要です。
まず、茶器をお湯で温めます。茶壺にお湯を入れて温め、次に茶壺から茶杯と聞香杯にそのお湯を移し、温めます。このお湯はすぐに捨てないでください。
そして、茶葉を好みで淹れます。丸まっていてよじれた茶葉が茶壺の底が覆われる程度に、カサがあるおおぶりな茶葉は茶壺の1/3~1/2くらいが埋まるまで入れましょう。
茶葉を入れたら、沸騰したお湯を注ぎます。ほんの少し注いで、すぐに捨てましょう。その後、90℃ぐらいまで下がったお湯を茶壺に注ぎます。この時、ゆっくりと淹れるのではなく、勢いよくお湯を注いでよいそうです。
その後は蒸らします。茶壺の上から、熱湯をかけて蒸らしましょう。こうすることで、茶葉が開きやすくなるんだそうです。保温性も高まります。
30秒ほど待ったら、それまで器に入れていたお湯を捨てます。そして、温まっている器にお茶を注ぎましょう。まずは聞香杯にお茶を注ぎます。必ず、1煎ごとにお茶を出し切るようにすべきだそうです。
その後、聞香杯から茶杯にお茶を移します。空になった器を鼻先に持っていき、残っている香りを鼻孔で楽しみましょう。その後、お茶を味わいます。

お湯の温度は90℃異常がいいそうです。香りが豊潤なほうがいい、しっかりした味わいがいいという場合には100℃で淹れたほうが好みに近付くとされています。
1煎目はお湯を入れてから30秒~1分くらい、2煎目以降は煎じるごとに30秒ごとに蒸らし時間をプラスしていくのがおすすめです。

エッ、コレを足す!?烏龍茶にちょい足ししたいモノ

烏龍茶の効果をもっと高めたい人は、ちょい足ししてみるのもおすすめです。たとえばドライフルーツ。アンズを1つ烏龍茶に入れるだけで美肌効果がアップします。むくみ解消に役立つカリウム、便秘解消にいい食物繊維も豊富。しかも干したアンズなら鉄分が増しているので、貧血予防にも!
冷え症の人には唐辛子を浮かべるのもいいそうです。カプサイシン効果で体が温まります!腸が刺激されるので、腸蠕動も起きやすくなり、便秘改善にもつながります。他にも、漢方薬の原料に利用される菊花、キンモクセイなどを好みで1つまみ入れるのもリラックス効果があっていいんですって!

まとめ

ダイエットに役立つお茶はいろいろありますが、烏龍茶もその仲間です。烏龍茶好きな人も試してみて損はありませんね!ただし、飲んだ後は色素沈着を防ぐため、歯磨きをしっかりすることをおすすめします!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)