menu

牛肉を食べると痩せやすくなるのはなぜ?痩せやすい牛肉の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
牛肉 美容

お肉はダイエットにいい― なんて話がありますが、本当に肉食は女性の体にいいの?実際のところ、肉を食べることは「痩せやすい体作り」に役立つだけでなく、「貧血防止」「血管のアンチエイジング」にもいいとされているのです。美しくありたい女性が肉を食べると、こんなにキレイになれる!今回は、その秘密に迫りました。

女性はどうして肉食になるべき?

肉食女子

実は日本人女性は、タンパク質の摂取量が不足しがち。それは、植物性タンパク質を多くとっているからと言われています。実は、動物性タンパク質に比べ、植物性タンパク質はアミノ酸のバランスが悪いとされているのです。なので、肉を食べたほうがいい!と主張する専門家もいるそうですね。もちろん、これは女性だけの話ではありません。恋人や友達、家族でお肉を食べてももちろんOK!

お肉には脂肪燃焼を促進してくれるカルニチン、細胞代謝に必要な亜鉛、コエンザイムQ10などの成分も含まれています。さらに、赤身のお肉には女性に足りない鉄分も入っているので、貧血予防にもなります。ダイエットをする時には野菜だけを食べる人も多いですが、肉も多めに食べるべき。肉を食べて、筋肉量をキープしましょう。

ここで、女性が肉食になるべき理由をまとめてご紹介します!

①代謝が良くなる亜鉛がいっぱい

肉には亜鉛が入っていますが、亜鉛は体内の酵素の働きを助け、細胞の新陳代謝を活性化してくれます。美肌にもいいというわけです。逆に亜鉛が不足すると、ニキビや肌荒れの原因になることも。また、亜鉛が不足すると味覚障害になるとも言われています。

②基礎代謝が上がる

アミノ酸バランスのとれたタンパク質がいっぱい摂れるので、血管や筋肉が強化・アンチエイジングにも役立ちます。筋肉を増やすこともできるので、運動しながら痩せたい人はお肉が必須!太りにくい体質になれます。

③貧血予防

女性は男性と比べると、月経があるため貧血にやりやすいと言われています。貧血になるとただ具合が悪くなるだけでなk、全身の細胞が酸素を失ってしまうそう。牛肉を食べて、貧血を予防しよう!

④アルブミンを体内で作ろう

アルブミンは血液中に含まれるタンパク質のこと。お肉を食べれば食べるほど増えるとされていますが、早死にするリスクを減らすことができると言われているのです。これは健康のためにも肉を食べておくべき!

肉食ダイエットのやり方とは?

肉ダイエット

それでは、肉食ダイエットのやり方についてはどうしたらいいのでしょうか?

まず、お肉は1日200~300グラム食べるべきだそうです。1日に摂りたいタンパク質の量は、自分の体重から計算できます。1日に摂取すべきタンパク質の量は、体重1キロにつき1.2グラム~1.6グラム。これをお肉の量に換算すれば、前述の量が計算ででてきます。もちろん、肉以外からもタンパク質は摂取した方がいいですし、一気に200~300グラム食べるよりは、1日数回に分けて食べたほうがいいでしょう。

そして、肉だけでなく、野菜やキノコも同量食べることを心がけましょう。タンパク質は重要ですが、ビタミンやミネラル、食物繊維も大事です。一方で、糖質の摂取量は減らすように心がけましょう。どうしてもご飯の量を減らしたい人は、およそ1/3膳を食べるといいでしょう。

脂肪燃焼したい人には牛肉がおすすめ!

牛肉は脂肪を燃焼させてくれる力があるとされています。でも、お肉にもいろいろ部位がありますよね。どの部位をどう食べると美味しくいただけるのでしょうか?

たとえばステーキで有名なのはサーロイン。香りや風味も素晴らしく、やはりステーキという調理法がベスト!お肉そのものの味をしっかり味わいましょう。ヒレは柔らかく舌ざわりがキメ細かいのという特徴がありますが、脂肪が少ないのも魅力的。カツにしたり、ローストビーフにしたりしてもいいですね。肩ロースはうまみ成分が多く含まれていますが、やや筋っぽいのでステーキにする時には調理法に工夫が必要です。しゃぶしゃぶにしたり、すき焼きにしたりしてもいいでしょう。バラ肉は赤身と脂肪が層になっているため、やや硬めの肉です。他にも、ローストビーフにいいランプ肉、ステーキやしゃぶしゃぶに向いているリブロース、シチューやカレーなどの煮込み料理にいい肩肉などもあります。
ランプ肉やヒレ肉は100グラムにつき120~130キロカロリー程度ですが、バラ肉は100グラムで約370キロカロリーはあり、部位ごとにカロリーが異なることがわかります。どの肉を食べてもいいというわけではありませんので、注意してください!

まとめ

牛肉以外にも豚肉や鶏肉も上手にダイエットに利用することができます。普段、野菜ばかりの人、炭水化物ばかりの人もお肉のパワーを見直すようにしてみましょう。ちなみに、ステーキなどを焼く際には一度に火を通すのではなく、休ませながらゆっくり加熱すると美味しく焼き上がるそうです。焼きすぎてしまうと一気にまずくなってしまうので、丁寧に調理するようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)