menu

埋没毛は作らない!カミソリで脱毛する時の注意法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カミソリを使って、自分で脱毛をしている時についつい肌にできてしまう「埋没毛」。肌の下に埋もれてしまった毛は、処理するのが大変です。肌がブツブツ・ザラザラに見えてしまったり、炎症を起こしたりする可能性があります。それ以外にも、「肌が傷付いた」「色素沈着のせいで、肌が黒ずんでしまった」という事態が起こりかねません。

それでは、自己処理をする時には、どんなところに気を付ければいいのでしょうか。

■カミソリで脱毛する時、気を付けるべきこと!

まず、専用のシェービングクリームなどを使用することが大事です。
ボディーソープなどで代用、もしくは水を濡らしただけで剃ろうとすると、肌が傷付いたり乾燥してしまったりするかもしれません。

安いカミソリを使うのもやめましょう。たとえば、ビジネスホテルの備品などにあるカミソリは、お肌を保護する機能がついていません。そうすることで肌荒れの原因になるかもしれないので、できるだけ使用は避けましょう。
古くなったカミソリはもちろんダメ。肌にも負担がかかりますが、傷口から雑菌が入ると膿んでしまう可能性もあります。

また、お風呂に入った直後にカミソリを使うのもやめましょう。肌が柔らかくなっている時にカミソリを使うと、刺激が強すぎるかもしれません。

■ムダ毛を処理する時のおすすめの方法とは?

ムダ毛を剃る時には、毛の流れに沿ってカミソリを滑らせます。何度も同じところを剃ったり、強く剃ったりするのはやめましょう。

肌が弱い人は、電気シェーバーを使うのがおすすめです。こちらは肌に負担がかかりにくいという声があります。「剃り残しがでちゃうかもしれない」と思う方は、肌を保護するタイプの手動カミソリを利用してみましょう。

肌を剃った後は、アフターケアを忘れないようにして下さい。そのままにしていると、肌荒れの原因になります。
化粧水や保湿クリームなどを利用して、お肌をたっぷりケアしてあげましょう。

■除毛クリームやスクラブを利用してもいい

埋没毛がどうしても気になる人は、除毛クリームを利用してもいいでしょう。
もしくはスクラブで古い角質を落とすことで、埋没毛を予防することもできます。
しかし、スクラブや除毛クリームは肌に負担がかかりますので、頻繁にはできません。
また、スクラブのせいで乾燥肌になることもあります。
この方法を選ぶなら、保湿はしっかり行いましょう。

もしくは、お風呂で体を洗う時にしっかり泡立て角質を落とすことが大事です。

どうしても処理しきれないという人は、サロンやエステなどで永久脱毛を行うことがおすすめです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)