menu

10歳若返ってすっぴん美人に!シミ・くすみ対策に効く「静脈マッサージ」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌がくすんでしまい、疲れて見られたリ老けていると言われている人は、やはり血行が悪くなっています。顔の血行が悪いのなら、化粧でごまかせばいいというのは危険な考え方。血行不良を放置しておくと、シミ・くすみ・たるみの原因になってしまいます。そうなると、すっぴんでも顔がどんよりして「おばあさんみたい」なんて言われてしまうかも……??

そんな時に、血行を良くするために顔のマッサージをしていきましょう。特に意識したいのは「静脈」。この静脈をマッサージで刺激することで、老廃物や余計な水分を押し流すことができます。
そんな静脈マッサージの具体的な効果とは?驚きの効果やそのやり方を紹介します。

シミやくすみの原因は血管にある?

静脈マッサージ シミ・くすみ

シミやくすみの原因は、毛細血管にもあるのです。というもの、皮膚の表面のほうには毛細血管が集まっていますよね。この毛細血管は血行が滞りやすく、表皮の角質層まで栄養が届きにくい灯されています。そんな時、古い角質が肌から剥がれず、積み重なってしまうことでシミ、くすみにつながってしまうのです。

そこで気を付けたいポイントが、耳の穴の前(三角の軟骨が出ている部分よりさらに手前、すこしへこんでいるところ)の「耳珠」、耳たぶの付け根のところにある「耳垂」、エラの角より少し下のへこみ「マンディブラーノッチ」の3点です。この3点をしっかり意識して、刺激していくべきだそうです!

静脈マッサージがアンチエイジングに効く?

静脈マッサージ 効果

静脈マッサージを続けると、お肌がキレイになるだけでなく、若返るとされています。でも、どうして肌が若くなるの?その効果をまとめてみました!

①シミに効果的

静脈マッサージで血行を良くすることで、角質のターンオーバーも進みやすくなります。すると、シミの予防や改善にも役立つでしょう。美白ケアと一緒にやるとより美しい肌になれます!

②くすみに効果的

顔全体をワントーン暗くしてしまうくすみやクマ。こういったものも、血行を良くすることで改善できます。新陳代謝が良くなることでお肌が活性化しますし、まさにアンチエイジングに効果的なのです!

静脈は余計な水分を回収するパワーは、なんとリンパの9倍以上あるそうです。しかも、静脈は自ら流れていく力がないため、マッサージで圧力を加えることでその効果がはじめて実感できるとさえています。顔がむくみやすい人にもおすすめですね。また、血行が良くなると美容液やクリームの浸透率もアップしますので、シミやくすみの改善により役立つでしょう。

では、ここからはマッサージの方法をご紹介します。なお、マッサージをする時には、肌を傷つけないように美容液やジェルを肌に塗ってからやるようにして下さい。また、人差し指・中指・薬指の3本を使って肌が少しへこむくらいの力で、1つの方向に向かって押し流すことを意識しましょう。

①顔全体の血行を良くする静脈マッサージ

まず、ジェルや美容液などをおでこに塗り、手のひらで額を覆います。この時に、指の腹のあたりに力を入れましょう。そして、指の腹から手のひらへと手の重点を変えながら、額からこめかみ、マンディブラーノッチへと指を移動させていきます。アゴのすみの部分に人差し指が下がるまで、しっかり静脈を撫でます。これを左右両方とも、それぞれ5回繰り返します。

その後、少し顔を下げてうつむきます。その状態で指全体を使い、鼻を覆います。そして指の腹に力を入れて、指先をほっぺたに向けておろしましょう。この時に顔を上げながら、あごのはし部分にまで指を下げます。この時もマンディブラーノッチを刺激しましょう。この動きも5回やります。

②首筋の静脈マッサージ

首の付け根の部分を、片方の手でしっかり押さえます。この時に少し上を向くと推しやすいでしょう。右側の首の付け根なら、左手で抑えます。そして、そのまま鎖骨まで一直線に指を下ろしましょう。これも片側ずつ5回ほどやっていきます。

③小鼻とほうれい線の静脈マッサージ

叫ぶ時のように、口元に両手を添えます。人差し指の側面をほうれい線の位置に、親指はあごの下に添えます。その状態で、小鼻からほうれい線、耳垂へとカーブを描きながらマッサージをします。少しずつ下にずらし、カーブの位置をずらしてきましょう。これも5回ほど行います。

④首筋の静脈マッサージ

②と同じ内容を繰り返します。この4過程をすべてやることで、顔色がみるみる明るくなりますよ!

まとめ

顔色が悪い人は、朝から肌がくすみがち。そんな時には、耳の裏側から鎖骨にかけて、頸動脈の部分をドライヤーであっためましょう。首からだいたい15センチほど離し、30秒ほど温めます。気持ちがいいと感じる程度の温度、風量にとどめましょう。長く当てすぎると、肌が乾燥しますので注意して下さい。また、白湯を飲むと同じく肌色が良くなります。静脈マッサージとセットで試してみて下さいね!顔のくすみやクマが解消されやすくなりますよ!!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)