menu

胃酸過多は太る?ダイエット中に気を付けたい「胃酸」の管理法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べ物を消化するために必要なのが「胃酸」です。食事をすると、食道から胃にその食べ物が流れ込み、胃酸がその食べ物を消化して、腸へと送り出します。この胃酸ですが、実はダイエットと深い関係があるそう。胃酸が多いと○○しすぎてしまい、太るって本当!?今回は、胃酸とダイエットの関係性やうまく痩せるための体質作りについてご紹介します!

そもそも胃酸とは何?

胃酸は、歯で砕いて飲み込んだ食べ物を柔らかくドロドロにする働きがあります。胃自体を守りながら、『消化攪拌』で食べ物をおかゆのようにして、消化しやすくするというわけですね。
胃酸ですが、実は1日1リットル、多い人は2.5リットル近くも分泌されると言われています。これは意識して量をコントロールできるものではありません。無意識に分泌されるのです。

胃を健康に保つためには、胃酸量と粘液の状態のバランスを重視しなければいけません。胃酸は多く分泌されると胃壁が傷付いてしまいますし、胃を守ってくれる粘膜をしっかり分泌しなければいけないのです。胃酸過多になると、常に胃もたれを感じたり、胸焼けしたり、ゲップが増えたりするそうです。また、口臭が増したり、常に気持ち悪くなったりして、普通に過ごしにくくなるでしょう。

胃酸過多は、食べ物がお腹の中にあるのかどうか関係なく起こるものだそうです。しかも、粘膜だけでは胃酸をガードしきれなくなりますので、胃壁がどんどん溶け始めるでしょう。こうなりますと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になることがあります。また、胃炎になることもあるでしょう。

胃酸過多のせいで太る?

胃酸過多 太る

実は、胃酸過多も肥満の原因になることが多いそうです。「ええっ、胃の調子が悪かったら食べられなくなって、痩せるんじゃないの!?」と思われるかもしれませんが、そんなことはないそうです。実は、胃酸が多すぎると食事を摂らないことで胃痛や胸やけが起こります。そのため、ダイエット中で食事を我慢しているだけで、お腹が痛くなったり、ムカムカと気持ち悪くなってしまうこともあるのだとか……。
そのため、無意識にたくさん食べるようになったり、食事の回数が増えたりしてしまうそう。「食べたら体が楽になる」とインプットされてしまうのでしょうか。

また、分泌を促進するような食べ物やドリンクは、胃酸過多を悪化させてしまいます。刺激物やコーヒーは胃に悪いというイメージがありますが、実際に胃酸過多にもよくありません。カフェインを含むものは全般的にNGですし、ほかにもみかんやグレープフルーツのような柑橘類、炭酸水などもお腹によくありません。

理想は、バランスのとれた夕食を食べてから、その後は夕飯まで何も食べず、そのまま寝るのがいいそう。でも、お腹が痛かったらなかなか寝られませんよね。そこで夜食をつまんでしまうということにもなりかねません!

ちなみに、胃酸の分泌量が少ない人も胃腸が痛くなったり、下痢を起こす可能性があります。これは胃酸過多とあまり変わりません。

胃酸過多の原因とは?

胃酸過多 原因

では、太る原因にもなる胃酸過多が起こる理由について考えてみましょう。まず、ストレスです。胃はストレスにとても弱いので、気を付けなければいけません。他にもお酒や刺激物(トウガラシやハバネロ、タバスコのとりすぎなど)にも注意です。また、睡眠不足や食生活の乱れなども、胃酸過多の一因になることがあるそうですから注意ですね。
また、痛み止めや解熱剤などに入っている非ステロイド性抗炎症剤でも胃荒れが起きることがあるそうですから、そのせいで胃酸過多になることがあります。副作用を確認して、薬は飲むようにしましょう!

胃酸過多を防ぐには?

胃酸過多を防ぐには、「ストレスをためないようにする」「食事のバランスを整える」ことが大事だそうです。食生活ではアルコールや刺激物、コーヒーなどの量を減らしてみてください。胃に負担がかからないような食材は、海藻類やキノコ類、大豆製品、ゴボウやサツマイモなどがあります。積極的に食べるようにしましょう。また、「禁煙する」「早食いではなく、時間をかけて食べる」ことにも注意するようにしてみましょう。
服用薬が合わずに胃酸が多くなっているように感じている人は、まずは病院にかかることをおすすめします。同じく、原因に心当たりがないけれど胃もたれやむかつきがある人も、病院に足を運んでみてください。

まとめ

胃酸過多はあまり重病のようなイメージがありませんが、放置すると胃潰瘍や胃炎の原因となり、健康を害してしまう恐れがあります。それだけではなく、栄養素がちゃんと胃からとれないと、肌も汚くなり、たるんでしまう可能性もありますので、ダイエットに影響があるだけでなく、せっかくの美肌が失われてしまうかもしれません!そうならないためにも、自分の「胃」としっかり向き合って付き合い、調子を整えてあげることも大事です。そうすることで、ダイエットも成功しやすくなりますよ♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)