menu

ゆでたまごで置き換えダイエットしたら痩せる?太る?その効果とやり方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のダイエットでは、たまごに注目が集まることも多いようです。たまごはタンパク質としても優れていますし、間食代わりにしてもOK。忙しい朝でも、ゆでたまごを作り置きしておけば、パクリと片手で食べられるというのも手軽ですよね。でも、ゆでたまごは本当にダイエットに役立つの?どんな役割がある?ゆでたまごダイエットについて調べてみました!

ゆでたまごダイエットってどんなもの?

ゆでたまごダイエット どんなもの

まず、ゆでたまごはそんなにカロリーも高くありません。1つにつき、90キロカロリーしかないそう。でも、ゆでたまご1つでかなりお腹が膨れますよね。お菓子や総菜パンを食べるよりはヘルシーでしょう。
実は、ゆでたまごに関しては「ダイエット向き」の完全食と言う専門家もいるくらい、イイ食べ物なのです。ゆでたまごのいいところは、たくさん食べても血糖値が上がりにくいところ。これはパンやおにぎり、ごはんでは考えられないことですよね。また、消化も他の食べ物と比べるとゆっくりです。さらに、腹持ちも抜群!「すぐにお腹が減っちゃう」という食いしん坊な方にもおすすめなんです。
そのうえ、タンパク質が豊富。「食べ続けたら肌がキレイになった」「筋肉がついた」という声もあるほどです。

しかし、たまごに関しては「コレステロール値が高い」「1日1個以上食べると、健康に悪い」という声もありました。ですが、最近では食事から摂取するコレステロールと、血中コレステロール値はあまり関係がないという研究結果も報告されているそうです。つまり、たまごを食べたからと言ってコレステロール値がグーンと上昇するわけではないようですね。

その一方で、ゆでたまごには、ビタミンCと食物繊維が入っていないという重大な“デメリット”もあります。なので、ゆでたまご以外の食材でビタミンや食物繊維を摂取する必要があるということは忘れてはいけません。

ただ、お菓子ではなくゆでたまごを食べるようにする……というのはとてもいいことです。チョコレートやクッキー、菓子パンよりは美容にも健康にもよさそうですね!

ゆでたまごダイエットの効果とは?

ゆでたまごダイエット 効果

それでは、ここでゆでたまごダイエットの効果について振り返ってみましょう。

アミノ酸が豊富

どうせ食事をするなら、ヘルシーで栄養があるものを食べてキレイになりたい!そんな女性におすすめなのが、ゆでたまごにはアミノ酸がたっぷり入っているということ。パリン、ロイシン、イソロイシンといったアミノ酸が入っているため、代謝アップにとてもいいそうです。

腹持ちがいい

ゆでたまごは小さいですが、食べたら意外と腹持ちがいいもの。満腹感が得やすいので、ダイエット中の人にもおすすめです。小腹が減った時に食べるだけでしのげるのが嬉しいですね。ストレスをためずにダイエットをしたい人にもぴったり!

消費カロリーがアップする

ゆでたまごを食べると、消化するために高いエネルギーが使われるそう。なので、消費カロリーを上げてくれると言われています。ダイエット中の女性にいいんですね!

ゆでたまごダイエットのやり方は?

ゆでたまごでダイエットする場合、やはり置き換えダイエットがいいみたいですね。「朝食をゆでたまごに置き換える」「肉や魚をやめて、ゆでたまごに置き換える」「間食をゆでたまごに置き換える」などの方法が有名なようです。

朝食をゆでたまごに置き換える

朝食にゆでたまごを2~3個食べるというやり方です。朝、何も食べないという人もゆでたまごを食べてみてはいかが?

メインディッシュをゆでたまごに置き換える

1日3食のうち、1食のメインディッシュをゆでたまごに置き換えます。肉や魚に置き換えることが提唱されているようですが、ごはんやパンの代わりにしてもいいでしょう。

間食をゆでたまごに置き換える

どうしても昼食と夕食の間にお腹が減ってしまう!という人も、ゆでたまごならば大丈夫。なお、ゆでたまごはコンビニでも販売されていますので、そういう商品を利用してもいいですね!

ゆでたまごダイエットの注意点

まず、大事なのは「ゆでたまごだけ食べる」のは絶対にやめること。ゆでたまごだけを大量に食べていたら、一時的に体重は減るかもしれませんが、将来的にはリバウンドしてしまう可能性があります。毎食ゆでたまごだけ、というやり方はやめましょう。
また、「温泉卵が好き」「半熟たまごを食べたい」という方もいるかもしれませんが、かたゆでたまごがおすすめです。固く茹でることで、噛む回数も増えて満腹感が増しやすくなります。消化にも時間がかかり、胃の中にもより長くとどまりますので、ダイエットに役立つのです。

まとめ

ゆでたまごで気を付けたいのは「飽きる」こと。いろんな食べ方を試しながら、長く続けられるように工夫してみて下さいね。シンプルな食べ方ももちろんいいですが、ストレスがたまるくらいならマヨネーズをかけて、少しでも満足感を得られるようにするのもいいでしょう。もともとタンパク質をあまり食べないタイプの方には、とってもおすすめです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)