menu

ダイエットに効くキトサンサプリの効果は?注意点は?副作用はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットサプリを見ていて、気になる成分っていろいろありますよね。そのなかで、今回は「キトサン」という成分に注目です。脂肪を排泄する効果があるとされていますが、これは本当なのでしょうか?キトサンはどんな風にダイエットに役立つの?ということで、キトサンについて調べてみました!

キトサンはダイエットサプリの定番成分

キトサンはダイエットサプリによく使用されている成分です。食事とともに、もしくは食後にサプリメントを摂ることで、脂肪を吸着。そのまま排泄してくれるという、夢のような効果で知られています。

そもそも、キトサンとは何なのでしょうか?キトサンのもととなっているのは、キチンです。キチンはエビやカニなどの殻に入っていることで有名ですよね。また、実はキノコにも入っています。その正体は、不溶性食物繊維なのですが、このキチンを処理して作られたのがキトサンというわけです。

キトサンのサプリメントの効果とは?

キトサン

キトサンの効果についてもご紹介しましょう。
まず、キトサンには、「お腹の調子を整える」「コレステロールの吸収をセーブする」という効果があります。いわゆる食物繊維としての効果と同じですね。それ以外にも、「血圧の上昇を下げる」「免疫機能を整える」「ダイエット効果」「デトックス効果」などもあるそうです。

キトサンは腸に入るだけで腸壁を刺激するので、腸内活動を活性化させてくれるそうです。腸のなかがすっきりキレイになるんですって!腸の中の老廃物がなくなれば、便秘解消に役立つだけでなく、ガンなどの病気にかかるリスクも低くなるそうです。さらにキトサンは腸内細菌のエサになってくれますので、やはり便秘解消にいいんです。

また、キトサンは腸の中を掃除しながらお腹の中を進んでいきますので、余分な脂質や塩分を取り除いてくれます。さらに、食品添加物や人体に有害な成分すらも取り去る作用があるのです。食べ過ぎたとしても、キトサンのサプリメントを飲めばダイエットに役立つ!というのには、こういう意味があるのでしょう。
さまざまな老廃物を体外に運び去ってくれるので、デトックスにも役立ちます。腸をキレイにすれば痩せられるだけではなく、美肌にも役立ちそうです。

こういった効果以外にも、抗がん作用もあるとされています。

甲殻類を食べればキトサンは摂取できる?

エビやカニの殻から作られるキトサン。では、エビやカニを食べれば手っ取り早いのでは?と思われるかもしれませんが、残念ながらエビやカニからはキトサンは得られません。「殻」に成分が入っているからです。殻はどう加工しても食べられるものではありませんので、サプリメントを服用するしかないのです。

キトサンのサプリを飲む時の注意点

キトサンダイエット 注意点

キトサンは食物繊維ですから、飲んで大きなトラブルが起こるわけでもありません。ですが、飲むうえで気を付けておきたいことがあります。
まずは、摂りすぎないようにすること。食物繊維はとりすぎると下痢になりやすいと言われていますが、キトサンの場合には、とりすぎると便秘になってしまうという話があります。ただし、正しい量を摂取すれば便秘改善に役立つそうです。なお、便秘になるボーダーラインには個人差がありますので、最初はダイエットサプリの適量で飲み始めながら、体調に変化があったら量を調整するなどしてみて下さい。

また、アレルギーがある人も要注意です。エビやカニ、つまりは甲殻類アレルギーをお持ちの方は、キトサンのサプリメントを飲んでもアレルギー症状が出てしまうことがあります。そうならないためにも、甲殻類アレルギーの方はサプリメントの成分表をチェックしてから飲むようにして下さい。ほとんどのパッケージには、アレルギーについての注意書きが表示されています。

もうひとつ注意すべきなのが服用薬です。薬によっては、キトサンのサプリメントと併用すると副作用の心配があるものもあります。抗てんかん薬としても有名なバルプロ酸ナトリウム、血液を固まらせないようにする作用で知られるワルファリンなどとは飲み合わせが悪い可能性がありますので、注意してください。

キトサンを効果的に飲む方法

キトサンのサプリメントを飲む時には、いつ飲むのがいいのでしょうか?ダイエットしたい方は、食事をした後に飲むのがおすすめだそうです。キトサンを食事とともにお腹に入れたほうが、余計な脂肪などを体外に導きやすいからでしょう。なかでも、カロリーを一番摂取するタイミングで飲むほうがいいそうですから、夕食時に飲むのがいいのでしょうね。

まとめ

キトサンが入っているサプリメントを上手に飲み続ければ、ダイエットに役立つはず。なかでも、便秘の人にはおすすめです。ただし、アレルギーを持っている人や他の薬を飲んでいる人は気を付けて下さい。また、飲みすぎると便秘がひどくなる可能性がありますから、その点にも十分に気を付けて下さいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)