menu

確実に水泳で痩せるにはどのフォーム?時間は?泳ぎ方は?初心者のやり方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットの定番の運動といえばウォーキングやジョギングと共に挙げられるのが水泳です。水泳は痩せる!キレイなモテ体型になれる!と言われていますが、本当に痩せるのでしょうか?どの泳ぎ方をすれば痩せられる?どのくらい泳げばいい?何時間も泳がなきゃダメ?水泳でダイエットをしたい女性のために、その効果を調べてみました。

水泳はどのくらいカロリー消費できる?

水泳のカロリーは、ウォーキングと比べるとかなり高め。だいたい20~30代の女性が1時間歩いて消費されるカロリーは100~150kcalくらいではないでしょうか(体重や年齢によって、そのカロリーは異なります)。しかし、クロールならばだいたい1000kcalほどは消費されるそう!ただし、水泳でぶっつづけで1時間泳ぎ続けるのはとても疲れますから、やってみたらものすごく大変だと思います。

正しいフォームで泳がないと痩せない

水泳で大事なのは正しいフォームです。ウォーキングやランニング、ヨガや筋トレでも、正しいフォームは大事ですよね。水泳も、正しいフォームで泳がないとただ疲れるだけです。ふわふわと楽ちんに泳ぐと消費カロリーは高くありませんが、ビシッとしたフォームでしゃかしゃか泳げば、消費カロリーも高くなります。

ダイエットに効果的な泳ぎ方とは?

水泳で痩せる

ダイエットに効果がある泳ぎ方とは、どんなものなのでしょうあ。大事なのは、小さくではなく大きく泳ぐこと。そして、ゆったりとしつつもよどみない動作で泳ぎ続けることが大事です。
水泳に慣れていない人は、それこそ数分でへばってしまうかもしれません。それでも、少しずつ距離や時間を伸ばしていき、体を慣らしていくことで消費カロリーを上げ、代謝もアップすることができるのっです。

ただし、一部分を引き締めたいなら泳ぎ方にも工夫が必要です。一般的な泳ぎ方といえばクロールですが、下半身を引き締めたいならバタフライがいいそうです。お尻の筋肉や内ももを使うので、ヒップアップにも役立つでしょう。まずは泳ぎに慣れたい人は、背泳ぎもおすすめ。肩の筋肉を鍛えられるので、背筋もしゃきっと伸びるようになるでしょう。息継ぎの心配がありませんので、水泳に慣れていない人でも泳ぎやすいかもしれません。とはいえ、バタフライはやり方のコツをつかまないとなかなかできませんし、背泳ぎはターンが少し難しい・人とぶつからないように注意しなければいけないといった点には気を付けなければいけません。

痩せるためにはどのくらい泳ぐべき?

それでは、痩せるためにはどのくらい泳ぐべきなのでしょうか?ダイエットするために必要なのは30分~60分程度だそうです。慣れていない人は、無理に30分やる必要はありません。息が軽くはずむくらいがベストだそうです。肩で息をするほどやるのは、頑張りすぎです。

水泳に慣れている人は、自分の好きなペースを守りながら泳ぎ続けましょう。

どのくらいのペースで水泳をするべき?

水泳 きれいに痩せる

痩せたいならば、週に3回を半年以上と続けるといいそうです。ただし、水泳をほとんどやってこなかった人がいきなり張り切ってこのペースでやろうとすると、だいたい三日坊主になるでしょう。そうならないためには、まずは「続ける」ことを目標に、無理をしないようにすることを目標にしましょう。そして、慣れてきたら少しずつペースを増していってもいいですね。
また、水泳に不慣れな人はジムなどで水泳のコーチに教えてもらうのもいいかもしれません。正しいフォームを身につけることをまずは優先してみてはいかがでしょうか?

慣れていない人は、どんなペースでやればいい?

水泳に慣れていない人は、まずペースをつかむのが難しいもの。
まずはプールに入る前に、軽くストレッチをしておきましょう。面倒かもしれませんが、これを抜かしてすぐにプールに入ってしまうと、運動をしてこなかった人は足をつったりしてしまうかもしれません。

そして、まずは自分のもっとも慣れている泳法で100メートルほど泳ぎ、休憩→泳ぐ→休憩→泳ぐを繰り返してみてはいかがでしょうか。休憩は30秒ほどがちょうどいいかと思います。ただし、途中で苦しくなってもやり続ける必要はありません。ゆったりと泳ぎましょう。

また、泳ぐのがあまり得意ではない人はビート板を使いながら泳いだり、ウォーキングをしたりしてもいいでしょう。ビート板でバタ足をする時には、水を必要以上にはねさせないようにしながら、しっかり足を動かしましょう。ウォーキングも積極的にやり続ければ、痩せることができます。

まとめ

水泳は効率的に痩せられるトレーニングのひとつ。モテ美女を目指している人は、スイミングで楽しく痩せましょう!かわいいスイムウェアを購入して気持ちをアゲつつ、トレーニングするのもおすすめです。ただし、プールの水で肌トラブルが起きてしまう女性もいるそうですから、少しでも肌に異常を感じたら専門医にかかるなり、プールをお休みして様子を見るなりしてくださいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)