menu

暴飲暴食した後は3日間が勝負!体重をリセットできる食事法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分では「食べないぞ!」と決めていても、流されて暴飲暴食をしてしまうことってありますよね。「会社の飲み会で仕方なく……」「友達と盛り上がっちゃって……」「実際に食べものを目にしたら、我慢できなかった」なんて人もいるのでは?でも、その暴飲暴食をなかったことにしちゃいましょう!

暴飲暴食をリセットするなら、2~3日間が勝負!

暴飲暴食 野菜スープ

ちょっと食べ過ぎただけで1~2キロ太ってしまった!でも、それは食べたり飲んだりしたぶんが、そのまま体重に出てしまっているだけです。それを放置すればそのまま脂肪になりますが、きちんとリセットすれば体重は簡単にもとに戻すことができるのです。食べたものが脂肪に代わるまでには、実はかなりの時間がかかります。だいたい2週間はかかるでしょう。だから、その前に手を打てばいいのです。

まずは、翌日の食事から気合を入れて改善します。食べ過ぎたり飲みすぎたりした次の日は、まずは空腹になるまで待ちましょう。惰性でダラダラ食べてはいけません。お腹がすかないなら、朝食は抜いてもOK。ただし、水はしっかり飲みます。体内の水が不足すると、血行不良になり、老廃物も体外に出て行かなくなるからです。また、脂肪燃焼もうまくいかなくなるでしょう。特に寝起きの段階では、体の中の水分はなくなりがちです。まずはコップ1杯の水を飲んで、食事するまでにまめに水分補給しましょう。

お腹が減っていても、通常通りの食事をするのは少し待って!パンやごはんはもちろん、麺類やお菓子なども避けて、野菜や果物を摂るようにしましょう。手っ取り早いのは野菜ジュースです。
手作りすればなおヘルシーですね!

朝食は我慢したんだから、ランチやディナーはまたがっつり食べてもいいよね!とお思いの方は、ちょっと待ってください。それではリセットの意味がありません。朝食を抜いても、ランチや夕食を食べすぎては何の意味もないのです。

「ボリュメトリクスダイエット」に注目!

暴飲暴食 スリムになれる

このボリュメトリクスダイエットは、エネルギー密度が低い食べ物を食べるようにするというダイエット法だそうです。同じ重さの食べものでも、水分がたくさん入っているほうがカロリーが低くなりますよね。重量が重くても水分をたくさん含んでいる=ヘルシーなものを食べることで、満腹感を得やすくするというダイエット法なのです。食事量には厳しい制限はありませんので、満腹になれるのは嬉しいですね!

とにかく、「低脂質」かつ「水分をたっぷり含んでいるもの」を選ぶことで、暴飲暴食をして膨らんでしまった体もリセットすることができます。ただ水分を含んでいるものを選ぶのではなく、脂質が低いものを選ぶのが大事です。

簡単にいえば、
・野菜
・キノコ類
・味噌汁、スープ類
・豆腐
・こんにゃく
・低脂肪もしくは無脂肪の乳製品
などがそれに該当します。

反対に、脂肪がついているお肉やバターなどの油脂類、お菓子全般、ナッツ類、イモ類などはあまり食べることをおすすめできません。
根菜はダイエットに良くないというイメー字がありますが、大根やごぼう、ニンジンなどの根菜ならば食べごたえがあるのにカロリーは高くないので、おすすめです。特に根菜は歯ごたえがあるものも多いので、ざくざくと大きめに切って、たくさん噛めるようにしてみてもいいでしょう。

ですので、朝食は野菜ジュース、ランチは野菜スープ、夕食はお鍋などにするのが理想的かもしれません。この時に、我慢せずに野菜をしっかりたっぷり食べることが大事です。
ちょっと物足りないな、という時には、ご飯やパン、うどんやラーメンに手が伸びてしまいがちです。ですが、食べ過ぎをリセットしたいなら炭水化物は控え、鶏肉を加えてみて下さい。鶏ささみはヘルシーですよね。その代わり、皮は剥がすことをおすすめします。
ちなみに、タンパク質はダイエッターには欠かせないものではありますが、暴飲暴食直後に疲れた胃を休めるためにも、少し控えたほうがいいそうです。

間食はなにを選ぶ?

ご飯を食べていても、どうしても間食は我慢できない!食事を我慢しているからといって、お菓子を食べていいわけはありません。お菓子には基本的に栄養価がありませんので、できれば果物を選びましょう。もしくはスルメや昆布のようなものもいいかもしれません。
なお、ドライフルーツもいいですが、砂糖がまぶしてあるものなどは食べるべきではありません。

まとめ

食生活のリセットで、数キロ増えた体重はすぐに戻ります。ただし、時間が経過すると戻らなくなりますので、その点は注意が必要です。なお、これらの食生活の運動に加えて、軽い運動も組み合わせるとなおいいでしょう。運動する時間を作るのは難しいという方でも「少し長めに散歩する」「エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を利用する」などでも、意外とカロリー消費はできるもの。こまめに体を動かすクセをつけるだけでも、やらないよりは全然いいのです!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)