menu

脇汗のニオイはストレスのせい?夏の脇のニオイの原因・改善法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「モテ女はイイ香りがする」というイメージがありますが、実際に漂わせているニオイが臭すぎる!なんてことになったら、モテどころか普段の日常生活を平穏に送れるかすら怪しいもの。なかなか自分では気付きにくいニオイですが、万が一気が付いたら、すぐにケアしたいものです。
でも、脇汗がクサイってどういうこと?ストレスがニオイと関係しているって本当?夏本番を楽しく過ごすためにも、気を付けておきたいことを調べてみました。

夏の汗のニオイ、ストレスのせい?

model-2418439_640

「夏になると、脇汗のシミが気になって」「脇汗をかくと、なんだかクサイかも」とお悩みの方。実は、脇汗がクサイ理由は、緊張やストレスが原因になっていることもあります。普段はワキガではないのに、緊張するような場面の前、ストレスやイライラを感じた直後にどっと汗をかいてしまい、その汗がくさい。これはストレスに起因しているのかもしれません。脇だけではなく、手のひらや足の裏など、部分的に汗かきになってしまう人もいるようですね。

実は、体温調節のためにかく汗や、辛いものを食べた時にどっと溢れてくるような汗は、あまりニオイがしないとされています。

ちなみに、ワキガの方も、ストレスや緊張からニオイが強くなることがあるそう。ワキガ自体は病院で治療しなければなかなかよくならないと言われていますが、生活習慣や食事を変えることで改善することはあると言われています。

ストレスや緊張のニオイは、「気にしない」ことが良作

ストレスや緊張で脇がニオイやすい人は、基本的に「落ち込みやすい」「緊張しやすい」「ネガティブ」といった性格をお持ちのようです。緊張して汗をかき、ニオイがする。そのニオイをできるだけさせたくない、汗をかかないようにしたいとストレスをため、また汗をかいてしまう。このループでどんどん汗やニオイが気になり、「隠したい」「見せたくない」「感じさせたくない」と思っているうちに、悪循環にすっかりはまってしまいます。
ですが、汗は自分でコントロールしにくいもの。「ひっこめ!」と思っても、汗は噴き出してきます。そのためにも、あまり考えすぎないようにすることが大事です。といっても、いきなり気にしないようにする!というのは難しいですよね。そのためにも、汗を止める、もしくは汗をかいても乾くという成功体験を重ねることで、汗を気にしないように気持ちを持っていくことをおすすめします。

汗腺を鍛えるようにしよう

汗腺 ニオイの原因

「汗腺を鍛えると、汗がサラサラになる・乾きやすくなる」。これって本当?もちろん本当です。汗をかいても、ベタベタしてクサイ汗ではなく、サラサラで乾きやすい汗ならば気にする必要もありません。
そのためにも、汗腺の機能を鍛える必要があるのです。といっても、トレーニングは不要です。汗をできるだけかくようにすることで、サラサラの汗がかけるようになるのです。
まずはシャワーではなく、浴槽にしっかり浸かること。そして、冷房が効いた部屋にいる時には数時間おきに白湯やお茶を飲んで、体をしっかり温めるようにしてください。もちろん、運動で汗をかくのもいいですよね。有酸素運動を取り入れて、すっきり汗をかきましょう。ウォーキングのようなややゆるめの運動でもいいですし、水泳などもおすすめです。水の中なので汗をかいているとはわかりにくいかもしれませんが、汗腺を鍛えるにはぴったりです。

制汗剤を上手に利用しよう!

汗かきさんに欠かせないアイテム「制汗剤」。制汗剤を使うと、一瞬でも汗が乾いたり、ニオイが気にならなくなったりします。そのケアをまめに行い、汗をかいても乾く!ニオイがしない!という経験を積み重ねていきましょう。そうすることで、汗をだんだん気にしなくなっていくかと思います。

制汗剤の選び方ですが、自分の体質に合わせて選ぶことをおすすめします。とりあえず汗を抑えるための作用があるもの、そして抗菌効果があるものを選びましょう。古い角質や皮脂は、ニオイの原因になることがあるからです。
ニオイが気になる人は、まめにケアできるようなアイテムを選んでもいいかもしれません。また、汗をまめにタオルで拭き取ることも大事です。

まとめ

汗腺の機能が鈍っていると、血液中のミネラルやアンモニア、さらには乳酸などが汗と共に流れ出し、ベタベタとしたいやな汗をかきやすくなります。しかも、ベタついた汗は蒸発しにくいため、体温も下がりにくく、延々と汗をかき続けることにもつながるそう。なので、汗がニオイやすくなってしまうという悪循環が続くのです。まずはキレイな汗をかけるように、毎日の習慣を見直してみましょう。そして、制汗剤などを賢く利用しながら、ポジティブな気持ちを持つようにすることが大事です。
その一方で、もしもワキガかも?と思ったら専門家にかかることをおすすめします。上記のような対策でほとんどニオイが消えることもありますが、香り付きの制汗剤が逆効果になってしまうこともあるでしょう。どうしてもニオイが気になる方は、専門医にかかることをおすすめします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)