menu

食べるだけで痩せる!スーパーブレックファーストで美人になろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「朝早く起きるのが面倒くさい」「朝は食欲がない」という理由から、朝食を食べない女性も多いのではないでしょうか。でも、そのせいで間食をしてしまったり、便秘になってしまっていたら問題です。朝食で無駄なカロリーをとりたくない!という人もいるかもしれませんが、朝食を抜いて昼だけ食べるとエネルギーの代謝量も乱れてしまい、血糖値も上がりやすくなります。その結果、太りやすくなるのです。

朝はしっかりと食べ、昼食もとり、夕食もできるだけ20時までに済ませましょう。そして朝食までは間食をせずにおくことも大事なのです。
朝食の重要性について、もう一度、見直してみませんか?

 

なぜ、朝食は大事なのか?

朝食 日光

朝食がどうして大切なのか?その理由について再考してみましょう。
朝、日光を浴びることで私たちは「朝が来た」と体で感じることができます。しかし、内臓や血管、筋肉などは寝ぼけたまま。これを、朝食を食べることで揺り動かし、目覚めさせることができるのです。朝食は気持ちのいい1日のスタートに欠かせないというわけです。

また、朝型の食生活はいいことずくめです。実は「朝食を抜くと太りやすくなる」のです。朝食をしっかりとることで、昼食でのドカ食いを防ぐことができます。また、1日を通して食べすぎないようにすることもできるでしょう。糖尿病などの発症リスクを抑えることもでき、アンチエイジングにもなります。

「朝、起きた時になんだかだるい」「やる気が起きない」「便秘が続いている」「手足が冷える」「間食を控えているのになかなか痩せない、太りやすい」「肌の調子がイマイチ」などのお悩みがある人は、ぜひ朝食を食べてみて!

 

朝食をよりパワーアップさせる2つのコツ

朝食をよりパワーアップさせたいのならば、この2つのことに気を配ってみて。
まず、食事をする前にカーテンを開けてしっかり朝日を浴びること。これは光を浴びることで、体内時計がリセットされて「朝が来た」と体が準備を始めることができるからです。全身が活動しやすいモードになりますよ。また、しっかり噛むことを忘れないで。1口あたり30回以上噛めたら最高です!噛むだけで脂肪が燃えやすくなりますし、満腹感も高まります。目も覚めるので、やらない手はありません!

 

美しくなりたいなら、朝食でコレを食べるべき!

granola-787997_640

食物繊維はしっかりとろう!

朝食で意識して食べたいのが、食物繊維です。整腸作用がありますので、便秘しやすい女性にはぴったり。腸に刺激を与えてくれて、お通じを良くしてくれます。野菜や果物だけではなく、大麦やライ麦で摂取するのもおすすめ。昼から夜にかけても、血糖値が上がりにくくしてくれます。おまけに満腹感も続きやすく、食べすぎたり間食に手を伸ばしたりする機会も減るでしょう。オートミールなどを朝食に取り入れてみて。

たんぱく質は「たまご」と「納豆」で補う

また、朝食に忘れがちなたんぱく質もぜひ摂取しておきたいものです。肉や魚を食べるほどお腹はすいていない、そこまで時間がないという人は、たまごや納豆を上手に利用してみて。エネルギー消費量が高まり、太りにくくなります。冷え症の人にもおすすめです。

ここでおすすめ!納豆にちょい足しできる食材

ここで納豆のおすすめの食べ方もご紹介しておきましょう。いつも同じ食べ方ばかりで、納豆に飽きてきちゃった……そんな人には、ちょい足しがおすすめ。
たとえば「海苔」を入れれば香りと旨味がプラスされます。食物繊維がとれるのも嬉しい!
「キムチ」を入れれば、発酵食品同士でパワー倍増!乳酸菌も豊富なので、便秘改善にも役立ちそうです。唐辛子のカプサイシンは冷え症にもぴったりです。
「青じそ」は栄養豊富で、万能ネギよりも優等生とされています。ひとつまみ入れるだけでたっぷり栄養がとますよ。

抗酸化食材でも「ベリー類」はおすすめ

もうひとつ、忘れてはいけないのが抗酸化食材。活性酸素の悪い働きを体の中から打ち消してくれる野菜や果物は朝食には欠かせません。おすすめは大豆やショウガ、果物ならベリー類です。ベリーでも、イチゴはビタミンCが豊富なので、ぜひ食べてほしい食材のひとつ。旬の時には食べ逃さないようにしたいですね。

朝食 いちご

食べてはいけない!定番すぎる朝食2パターン

なお、やってはいけない朝食もあります。
それこそ、朝ごはんの定番である「ジャムトースト」「たまごかけごはん」。ジャムとバターを塗ったトーストも、たまごをかけたごはんも食物繊維が足りません!血糖値が上がりやすくなります。
でも、そこまで朝食にかける時間はない!そんな時には、常備菜を上手に活用してみて下さい。スープに混ぜたり、サラダに乗せたり、ごはんに混ぜ込んだりできる常備菜を選べば、使い勝手も抜群です。

 

まとめ

しっかり朝食をとることで、キレイな体型と肌を保つことができます。「面倒」なんて言わずに、朝ごはんを食べるようにしましょう。そうすることで太りにくい体になることができるのです!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)