menu

緊張からくる汗はニオイのもと?「精神性発汗」をケアする4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏のビチョビチョ汗、なんとかしたい!でも、自然とかく汗はともかくとして、緊張でかく汗もなんとかしたいもの。しかも、緊張やストレスからくる汗はニオイやすいという説があるんです?しかも、ワキじみまでできたら「恥ずかしい」としか言えません!
緊張した時にかく汗、ニオイのもとになる前に何とかしたい!それでは、何をしたらいいのでしょうか?今回は緊張やストレスでかく汗、「精神性発汗」をケアして、ニオイや汗ジミを防止する方法をお教えします。

緊張すると、ヒトは汗をかく!

汗の原因 緊張すると汗をかく

人はとかく、汗はかきがちなもの。「テストで緊張して」「面接を受ける時や大きな仕事をまかせられた時にドキドキして」という女性も多いのでは?「大好きな人とデートをする時に汗をかいちゃって、恥ずかしい思いをした」人もいるでしょう。暑くもないのにダラダラ汗をかいてしまうのは本当に不思議ですよね。

緊張やストレスのせいでかく汗は、「精神性発汗」とされています。緊張で交感神経が刺激されて、ドバドバど汗をかくのです。自分では「暑いから」「蒸しているから」と思っていても、緊張で汗をかいているケースもあるそうですよ。しかも、緊張してかく汗は手や足、顔、そしてワキからかくことが多いそう。他のパーツと比べると、ワキはどうしても通気性が悪いので、雑菌が多く混じっていてニオイの原因になりやすいのです。

それでは、汗の効果的な対処法はどんなものがあるのでしょうか?

①制汗剤を使う

制汗剤は、汗とニオイを抑えるのはとても効果的です。「塩化アルミニウム」とされる成分はとても効果的ですので、これが配合されている商品を選ぶと言いそうです。これは、汗の出口を防いでくれる作用もありますので、ワキに塗り込めるスティックタイプ、もしくはクリームタイプのもの、もしくはロールオンタイプもおすすめです。肌に発疹・発赤などが出ない限りは、毎日使い続けましょう。使い続けることで、効果を増大させることができます!

なので、緊張するシーンが予めわかっているなら、1週間くらい前から制汗剤を使っておくと便利です。

②ウェットティッシュでふき取る

汗をかいたら、濡れたものでふき取るのが一番。乾いたものより濡れたもののほうが、ニオイのもととなる雑菌などを一掃できます。皮膚の表面で雑菌が繁殖しないよう、汗をかいたらまめに拭き取りましょう。なお、タオルではなく、使い捨てできるウェットティッシュを使うことがおすすめです。

③食生活を改善する

汗 ニオイ 食生活の改善

汗の正体は、実は血液です。なので、食べたものの成分がそのまま反映されやすいとされています。なので、香辛料などニオイをきつくするものは、汗のニオイが気になるならできるだけ避けて下さい。

それでは、香辛料以外にも汗を臭くする食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?

まず、動物性タンパク質を多く含む食べ物。肉やたまごなどがその代表です。脂肪も汗を臭くするとされていますので、脂肪がこってりついている肉はまさにNGですね。また、実は甘いものもダメ。お菓子の食べ過ぎも、汗を臭くさせます。さらに、チーズなどの乳製品も同様です。 香辛料の仲間ともいえる、食事のスパイスとなってくれるネギやニンニクも、やはり汗を匂わせる原因になります。

反対に、汗のニオイを消してくれる食べ物と言えば、緑黄色野菜や海藻類。また、食物繊維を多く含む野菜もおすすめです。

しかし、汗のニオイを強くする食べ物を食べてはいけない、ということではありません。何事もバランスが大事です。食べ過ぎには注意しながら、バランスのいい食生活を心がけましょう。

④風呂に入る

しっかりと浴槽につかってお風呂に入るのも、汗対策になります。寝る1時間前までに、浴槽につかって汗を流しましょう。なお、朝出かける直前や寝る直前は、汗対策としてはNG。夜お風呂に入ることで、ニオイの一因となる乳酸を体外に出すことができますが、寝る直前だと逆に汗をかきやすくなってしまい、就寝中に体が臭くなる可能性があるそうです。

シャワーで済ませがちな人は、まずは浴槽に入るクセをつけてみてはいかがでしょうか?実はシャワーでは落ちきらない汗もあるそうです。でも、湯船に入ることでその汗をしっかり落とせます。

また、入浴剤で汗対策をする人もいるようですが、それよりは薬湯のほうがいいんですって。体臭予防になるだけでなく、体もポカポカに温まります。冷え症の人にも効果があるでしょう!

美肌にもいいですので、お風呂はおすすめですよ♪

まとめ

緊張して汗をかきやすい人は、ワキ汗ケアに配慮してみましょう。汗のニオイを抑えるのはもちろん、汗がニオイにくくなるようなケア方法を普段から心がけるのがポイントです。キレイなワキをキープするのはもちろん、ワキの臭いにもモテ女なら気を付けたいもの。普段から「あっ、いいニオイ♪」と言われるくらいのフェロモン女子を目指したいですね。そのためにも、ケアは怠らないで!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)