menu

脇汗を隠したい!恥ずかしい「脇の汗ジミ」が目立たない洋服の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になると脇がベチョベチョになって恥ずかしい!洋服が変色して、目立ってしまう!そんな脇汗のシミ、目立たなくしたいなら、洋服選びを工夫してみるのもおすすめです。脇汗をカットする工夫をするのはもちろん、洋服選びに気を付けるだけで、だいぶ目立たなくなります。今回はそのコツについてご紹介しましょう。

脇汗が目立たない服の色とは?

脇汗が目立たない服

脇の汗ジミを目立たなくしたいならば、濃い色のほうが目立たないとされています。白、黒やネイビーなどがいいそうです。反対にグレーは脇汗が目立色として知られていますが、それ以外にも、薄い色も脇汗が目立ちます。これは寒色・暖色関係ありません。ピンク、イエロー、ブルーやグリーンなど、どんな色でも薄くなると脇汗が目立ちやすくなるそう。濃い色ならば目立ちませんので、ライトグリーンよりもカーキ色、ピンクよりもワインレッド、ベージュよりもブラウンがいいでしょう。

また、無地よりも柄が入っているものもいいとされています。大きな柄よりも、細かい柄のほうが目立ちにくいので、洋服選びの時に気を付けたいですね。色合いがカラフルなほうが、目線が散って脇汗が見えにくいとされています。

脇汗がヒドイ人は、洋服の素材選びにも気を付ける

脇汗 洋服素材

脇汗がスゴイ方の場合、素材にも注意して選ぶことを心がけて下さい。素材によっては、ムレがひどくなり、ニオイが発生してしまうことがあるからです。たとえば、綿(コットン)素材の服は、着心地もいいですし、汗を吸ってくれるので夏場には便利です。しかしながら、乾きにくいというデメリットがありますので、一度汗で湿ってしまうと、どうしても乾きにくくなるのです。なので、汗かきの人は「汗を吸いやすい」ことはもちろん、「汗が乾きやすい」素材を選ぶことも大事です。たとえばドライ素材などは、肌にサラダラなじんでニオイにくいのでおすすめです。夏場には麻がいい!というイメージがありますが、実は麻素材はシミができやすく、変色が起きてしまうこともあるそう。汗をとにかくかく人には、あまりおすすめできません。

また、化学繊維の服には注意が必要です、ポリエステルやナイロン、アクリル素材などの洋服は、どうしてもニオイやすくなりやすいそう。この原因は、実は「静電気」にもあります。化学繊維の洋服は、静電気が発生しやすくなるとされています。「ドアノブを触るとバチッとなる」「髪の毛が逆立つ」くらいならかわいいもの。静電気は空気中を漂う雑菌を引き寄せ、体に吸着させてしまうのです。つまり、もともとの汗の臭いだけでなく、体臭がさらに加わりやすくなるそう。本来体についていなかった臭いや汚れがくっついてしまうので、体臭がひどくなりやすいというからくりが隠れています。
しかも、化学繊維の服は吸湿性が悪いと言われていますので、どうしてもジメジメした環境では雑菌が繁殖してしまいます。汗のニオイだけでなく、皮脂が酸化した時特有のすっぱいニオイも出やすくなるでしょう。

なお、静電気防止スプレーを使うと、名前の通り、静電気を予防することができますのでニオイを抑えることもできるそうです。

では、どんな服を着たらいいの?と思われるでしょうが、「目立たない」ことに重点を置きたいなら厚手の素材。通気性はよくないですが、デニム素材やパイル地などは脇汗が見えにくいとされています。

重ね着をすると、脇汗が見えにくい

夏だとあまり着たことがない、という女性もいるかもしれませんが、レイヤード(重ね着)をすると、脇汗が見えにくくなります。脇汗を乾かしやすくするために1枚しか着ないという人もいるようですが、目立たなくするためには、服を重ねて着るのも有効なんですって!

他にもいろいろできることがある!

最近では、脇汗を吸収してくれるインナーも発売されています。汗をかいてもサラッとしているので、気持ちよく過ごすことができるアイテムです。また、服に貼って使う脇汗パットもおすすめです。さまざまなカラーバリエーションがありますし、ノースリーブ専用のパッドも販売されているそうなので、使い勝手も充分。気軽に対策したい人にもおすすめです。汗をカバーできるのはもちろん、黄ばみを防止できるのが嬉しいですね!
どうしても思うように改善しない人は、制汗剤とダブルで使ってみるのもいいでしょう。

まとめ

なお、どうしてもクサイ!という場合には、もしかしたら洋服自体のニオイのせいかもしれません。たとえば室内干しをしている方は、そのせいで服に雑菌が繁殖している可能性があります。もしくは、生乾きのニオイという可能性も……!?ちゃんと乾かすようにするのはもちろんのこと、除菌用の洗濯洗剤や、抗菌作用のある洗剤などを使用してみるのもおすすめです。
適度な水分補給、食生活の改善、さらには定期的な運動や毎日お風呂に入るようにするなどの工夫でも、脇はにおい憎くなりますので、できることから改善してみてもいいかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)