menu

ニセモノの食欲に騙されない!「すぐお腹がすく」原因と対策法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニセモノの食欲の正体

ご飯を食べてもすぐお腹がすいちゃう!これってダイエットあるあるですよね。しっかり食事をしているのに、すぐにお腹が減ってしまうのはなぜなのでしょうか?実は、あなたの感じているその空腹、ニセモノなのかもしれません。
本物の空腹じゃなくて、ニセモノの空腹もあるの?それってどういうこと?どんな仕組みがあるのでしょうか?

食べてもすぐお腹が減るのは、ニセモノの食欲?

ニセモノの食欲 すぐお腹が減る

朝食もランチも食べて、もちろん夕食も食べている。しかも少量じゃない。なのに、お腹がすいちゃう……しかも、すぐに!「食べても食べても、すぐにお腹が減る」「しっかり食べたはずなのに満足感がない」「食べても胃が落ちついた感じがしてしまう」のはなぜなのでしょうか?

そもそも、食事をしてから数時間以内に感じる空腹は、ニセモノである可能性が高いそう。気持ちで「食べたい」と感じているだけで、体自体は「食べたい」状態ではないということが多いのです。もちろん、食事の後に空腹を感じるのが仕方のない時もあります。ですが、普通の人は、ちゃんと食事をした場合、その後によほどハードワークをしたりしない限り、数時間以内にすぐ空腹になることはないそうです。でも、どうしてニセモノの食欲というものが出てきてしまうのでしょうか?

ニセモノの食欲が生まれる原因とは?

その原因としてまず考えられるのは、食生活の偏りです。食事が炭水化物や糖質中心になってしまうと、血糖値が急激に上がったり下がったりします。「パンだけ」「ラーメンだけ」「白米だけ」のの食事は、どうしても血糖値のブレを引き起こします。この血糖値が、「胃が空腹かもしれない」と体に錯覚させてしまうことがあるので、食べ過ぎを引き起こしてしまうのです。

また、食事が大好き、食べることがとにかく好きだという女性は、食べ物を見るとつい食べてしまいますよね。「美味しそう」「食べたい」と感じると、胃にスペースがなくてもお腹がすいたと錯覚してしまうのかもしれません。

もうひとつ、ストレスもニセモノの食欲を招きやすくなります。不規則な生活、睡眠不足、イライラが続くとどうしてもホルモンバランスが乱れ、どうしてもニセモノの食欲が顔を出しやすくなるそうです。

ニセモノの空腹を退治するには?

ニセモノの食欲をごまかす

ニセモノの空腹は、ダイエットを邪魔する余計な存在です。では、どうしたらそれを予防できるのでしょうか?
まず、時間の感覚を取り戻すこと。早朝から朝にかけて朝食をいただき、正午の時間帯にランチを食べ、夜に夕食を食べるのが平均的なタイムテーブルでしょう。
「朝8時に食事をしたのに、10時にもうお腹がすいている」
「ランチにしっかりご飯を食べたのに、おやつが食べたい」
「夜に夕食をとっても、デザートに手を伸びてしまう」
このような食欲は、明らかにニセモノです。毎日重労働に重視している・激しいスポーツをしているという場合以外には、そんなにお腹がすかないはず。

お腹がすいたかもしれないけれど、明らかに感覚が短すぎる!という場合には、まずはすぐに食事をせず、少し我慢してみましょう。口に食べものを入れるのも、アメやガムでごまかすのもぐっと我慢です。その代わりに、気を紛らわせることをしてみましょう。音楽を聴いたり、掃除をしたり、ヨガなどの軽い運動をしてみたり、他のことに集中してみるのです。すると、だんだん気持ちが食欲から離れ、お腹がすいた!という気持ちも和らいでくるでしょう。

どうしてもその気持ちが収まらない時には、あたたかいドリンクを口にしてみてもいいでしょう。コーヒーや紅茶、お茶などを飲んでみて下さい。ただし、飲みすぎはカフェインの摂りすぎを招くことがありますので、ノンカフェインのものを選びましょう。また、ノンシュガードリンクを選んだほうが美容にはいいでしょうね。
こちらもニセモノの食欲を

それ以外にも、白湯を飲んだりしてもいいですし、スムージーを作って飲んでもいいですね。自分の体に足らないものを、ドリンクでプラスするのもおすすめです。もちろん、水や炭酸水を飲むのもOK!ドリンクでも空腹をまぎらわすことはできるのです。

間食をしたくなったら、体にいいものを食べよう!

どうしても甘いものを食べたい時には、我慢しないことも大事。ただし、砂糖たっぷりのお菓子を食べるのではなく、食事だけでは摂取しきれないものを選ぶといいでしょう。ビタミンやミネラルを含んだドライフルーツやナッツ類などがおすすめです。

まとめ

ご飯を食べる時には、食べ方にも注意するといいでしょう。ゆっくり・よく噛むことが大事。早食いはデブのもとです。また、大皿料理はつい食べ過ぎてしまうことがありますので、一定量をお皿に盛りつけてから食べるようにしたほうがいいでしょう。
ニセモノの食欲にまどわされていると、どんどん太ってしまいます。そうならないためにも、本当の食欲を大事にして、食べ過ぎないようにしましょう!

抑えるのに役立つはずです。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)