menu

寝起きの顔がヒドイ人向け!朝のブス顔を改善するための4つのルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝のブス顔 どうにかしたい

日中はばっちりメイクをキープして、しっかりスキンケアもしている。でも、朝起きた瞬間の顔がサイアク……こんな経験、したことありませんか?「起きたらむくみで顔がパンパン」「髪の毛はぐちゃぐちゃを通り越して、パサパサボサボサ」なんて状態では、憧れのモテ女子になんてとてもじゃないけどなれません。朝からかわいい状態で目を覚ましたい!そんな時に、何をすればいいのでしょうか?

むくみ顔を避けるには、食生活を改善しよう

朝、起きた時に顔がむくみきってパンパン!という人は、体の巡りが悪い可能性があります。それを避けるためには、やはり食生活を改善する必要があるでしょう。寝る前までお酒としょっぱいおつまみを楽しんでいるという人は、その習慣をすぐに改めるべきでしょう。食事は眠る数時間前までにすませておくこと。水分補給は、寝る30分前にコップ1杯の水を飲むのがいいそうです。冷たいお水ではなく、常温のお水を飲むのがベターなんですって。

しっかり寝ることも大事!

朝のブス顔 睡眠時間

まず、ちゃんと眠ること。これは美容にとっても大事な要素です。美肌作りには、質のいい睡眠は欠かせません。新陳代謝を良くするためにも、睡眠時間はしっかり確保すること。ただし、浅い眠りでは意味がありませんので、ちゃんと眠れるようにしましょう。ショートスリーパーの方もいるかもしれませんが、一般的には7~9時間ほどは眠った方が美肌にはいいとされています。

なお、眠る時には寝具にもこだわりましょう。といっても、高級な寝具を使うようにするというわけではありません。寝ている時に正しい体勢で寝られるような寝具を選ぶのです。
基本的に、うつ伏せで寝るのは顔をむくませると言われています。顔が下向きになるのですから当然ですね。顔がむくみやすい人は、やや高めの枕で寝るようにするのがいいそうです。もちろん、仰向けで寝るようにしましょう。
ちなみに枕は適当に選ぶと睡眠トラブルのもとになりますので、プロに選んでもらうことをおすすめします。「しっかり眠れて、顔がむくみにくい枕を探している」ことを伝えて選んでもらいましょう。反対に、通販などで現物を見ずに買うのはおすすめできません。

さらに、寝具は清潔に保つことをおすすめします。枕やシーツを洗わないままでいると、肌トラブルに発展するかもしれません。定期的に寝具は干し、かつ洗濯するようにしましょう!キレイな寝具は、睡眠環境を整える意味でもとっても大事です。

リンパマッサージをして顔をスリム化!

マッサージの中でも、リンパに効くとされているのがリンパマッサージ。オイルやクリームを使ってリンパの流れを滞りなく、スムーズなものにしていきましょう。最近では、ドライスキンブラッシングもおすすめですよね。お風呂に入る前、肌が濡れていない状態でボディブラシを使って肌をブラッシングしていくというものです。リンパの流れや血行に沿って、肌を刺激していきましょう。こうすることで、老廃物を流し、むくみを改善することができます。美肌効果はもちろん、デトックスにも役立つのでおすすめですよ♪

髪の毛は自然乾燥しない!

朝のブス顔 自然乾燥はダメ

髪の毛は自然乾燥しないほうがいい、というのは定説です。しかし、「髪の毛を乾かす時間がもったいない、寝たい」「ドライヤーをかけるのが面倒くさい」と、自然乾燥しちゃっている人が多いのもまた事実。
実際のところ、髪の毛は自然乾燥でいいのか、それともドライヤーをかけたほうがいいのか?どちらが翌朝のコンディションをよくしてくれるのでしょうか。

ドライヤーの熱は髪の毛に悪影響があると信じている人もいますが、自然乾燥のデメリットは驚くほど多いもの。髪の毛が傷みやすくなるだけでなく、頭皮のニオイの原因にもなります。さらに、寝癖がつきやすくなるという恐ろしいデメリットも……!?自然乾燥は、髪の毛の表面のキューティクルを剥がれやすくするので、ダメージヘアの原因になるそうです。頭皮をしっかり乾燥させないと、雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイだけでなく、フケやかゆみの原因にもなるでしょう。寝癖も起きやすくなりますので、朝のブス顔に拍車をかけてしまうかも……?

そうしないためにも、タオルドライでしっかり髪の水分を拭きとってから、ブラッシングをして、ドライヤーをかけていきましょう。たまにトリートメントを使用しておくと、髪の毛がボサボサになりにくくなります。

まとめ

寝起きのブス顔を防止する方法はいろいろありますが、「化粧したまま寝る」のは絶対にやめましょう。その時は気にならなくても、ダメージが肌に蓄積し、肌荒れやほうれい線・シワの原因になることがあります。目がむくみやすい人はアイクリームを使用してみてもいいかもしれません。目元を温めるアイマスクを使って、血行改善をしてみてもいいかも。朝からいい状態の顔で起きられたら、メイクも楽しくなりますよね。スキンケアやヘアケアに配慮して、朝からモテ顔をキープしましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)