menu

老化が目立つあのパーツのケアしてる?ケアを忘れがちな5つのパーツ対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンチエイジング 見た目も若々しく

アンチエイジングケアをしないと、肌は意外にすぐ老化していきます。でも、どこをどうケアしていいのかわからない!どこが老化しやすいの?何をしたらシワシワになりにくい?など、アンチエイジングケアには疑問がつきまとうもの。
今回は、老化が目立ちやすいパーツと、それぞれの効果的なケアについて紹介します。

まずは基本ケアを怠らない!

まず、共通してやりたいアンチエイジングのケアについて紹介しましょう。まず、目尻です。目のまわりはシワができやすいので、注意しなければいけません。メイクの影響やクレンジングによる摩擦、さらにはパソコンやスマートフォンによる疲労など、目元はダメージを受けることだらけ。睡眠をしっかりとることはもちろん、食生活にも気をつけましょう。アイクリームを使用してもよさそうです。
また、ほうれい線にも注意です。ほうれい線は顔がたるんでいるとできやすいでしょう。顔の体操やマッサージをすることで、そういったたるみを予防・改善することができます。

首のケアをしていつまでも若々しく!

アンチエイジング 首のシワ

顔のお手入れはしていても、意外と忘れがちとされちえるのが首です。首の質感がキレイなだけで、ぐっと若く美しく見えます。反対に、首がシワシワ・ダルダルだと、どうしても老けて見えてしまうのです。シワやたるみだけでなく、紫外線ケアも大事です。顔と首の色が違うと、やはり老けて見られます。
それを防止するためには、顔と同じ保湿ケアを首にもすることが大事。しっかり保湿をしましょう。クリームを塗るのはもちろん、マッサージをするのも大事です。リンパを流すように顔全体から首にかけてマッサージをすると、むくみにくくなります。たまには首のパックとして、保湿クリームや美容液を首に塗りつけ、その上からあたたかいタオルを巻いて“パック”しておきましょう。
姿勢をまっすぐ保つこともだいじです。普段から猫背な人はもちろん、デスクワークが長くて姿勢が悪くなりやすい人・携帯やスマートフォンをずっといじっていて姿勢が悪くなりやすい人はシワができないように注意した方がいいでしょう。背筋をすっと伸ばして、背が丸まらないようにしましょう。たまに首や背中のストレッチをすることで、血行も良くなります。
また、寝具にも気を付けて下さい。高すぎる枕は、首にシワをつけてしまうそうです。

美しい手をキープしよう

アンチエイジング ハンドケア

老化が早いことで知られているパーツといえば、手です。女性は水仕事をする機会も多いですし、顔はケアしていても手までは紫外線クリームを塗っていないという方もいるようです。このような些細なことでも、手はどんどんと老化するそう。手の老化を防止するには、乾燥を防止すること。手は濡れっぱなしにせず、濡れたらすぐタオルで拭きましょう。また、まめにハンドクリームを塗りこむことも大事です。適度なマッサージで、手のエイジングを予防しましょう。もうひとつ、洗剤を使用する時には手袋を使いましょう。洗剤に入っている界面活性剤は肌荒れを呼び起こしやすくなりますので、ゴム手袋を使うことをおすすめします。まずハンドクリームを塗りこんでから手袋をすると、パック代わりにもなります。
ちなみにハンドクリームを塗る時には、両手のひらの上に伸ばし、手の熱で温めます。そして片方の手の甲に乗せてプレスして、成分をしみこませましょう。指の間にもしっかり塗りこみます。指先や爪のまわりは乾燥しやすいので、重点的にやりましょう。指先をつまんでプルッと押し出すように塗り込むと、指の血行も良くなります。より手が美しくなりそうですね。

うるうるの唇で若返る

アンチエイジング リップケア

目元や口元に比べると、唇のケアをしている女性は少ないようです。ですが、唇の血色やツヤ・ハリは、若く見えるのに大事なポイントです。唇の血色がいいことはもちろん、シワがないかをチェックしましょう。唇にタテジワが入ると、どうしても老けて見えます。このシワは、乾燥が原因でできやすくなります。まずは保湿力が高いリップクリームなどでケアしながら、自分の唇と顔色がよく見える口紅を選ぶようにしましょう。

真っ白な歯を意識しよう!

歯が黄ばんでいると、どうしても老けた印象を与えてしまいます。白い歯は清潔感もありますし、健康的に見せたいならぜひキープしたいもの。また、歯茎の色が悪くなり、痩せてしまうと、やはりおばさんっぽく見られてしまうもの。ちゃんと歯を磨き、必要とあらばホワイニングなどにも挑戦してみましょう。

あなたの髪の毛は大丈夫?

年齢を重ねると、どうしても髪の毛はぱさつき、ツヤが失われていきます。髪の毛も肌と同様、老化が進んでいきます。髪の毛をしっかり洗うだけでなく、ヘッドマッサージをすること・保湿をすることを心がけるようにしましょう。反対に、紫外線にさらしたり、何度もこすったりひっかいたりするのはNG。肌にしてはいけないことは、髪の毛にもしてはいけないのです。

まとめ

いつまでも若々しくいたい人は、パーツケアにも気を配りましょう。どれもすぐにできることばかりです♪今日から始めてみよう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)