menu

すぐ痩せたい人は筋トレしよう!効率的に痩せる筋トレのすべて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
筋トレで痩せる

ダイエットをするなら、筋肉をつけるのが大事。リバウンドしにくくなりますし、筋肉量がいったん増えたとしても、代謝がアップするので痩せやすい体を作ることができます。筋トレは脂肪を燃やすだけでなく、成長ホルモンの分泌を助けてくれます。でも、ハードな筋トレなんてできない!という人は、日常生活の中で筋トレをしてみてはどうでしょうか?スムーズに体を鍛えられるのでおすすめです。そんな筋トレにまつわるありがちな疑問を、今回はご紹介します。

ダイエットには筋トレがいい!

ダイエットは美容にいい?

ダイエットといえば食事制限というイメージがありますが、筋トレだって効果的です。「最近、体重が増えた」「体型が崩れてきた」「肌が荒れてきた」と感じているならば、筋トレを始めてみましょう。

筋肉を老化したままにしておくと、脂肪がたまりやすい体になります。筋肉を鍛えることで、脂肪をエネルギーとして消費することができます。また、アンチエイジングに欠かせない成長ホルモンが分泌されるようになり、お肌も若返るでしょう。
筋トレでは、上半身よりも下半身を鍛えると効果的だとされています。下半身には大きな筋肉がありますので、鍛えれば代謝も高まりやすくなるでしょう。体脂肪も消費されやすくなります。これは、上半身を鍛えても同じような効果は得られません。

年をとると、どんな人でも筋肉が減っていきます。足腰を使わない・歩かない・動かない生活をしていると、筋肉量は20歳くらいから徐々に減少するそうです。筋肉が減れば、基礎代謝も減っていくでしょう。だからこそ、筋トレをしていくべきなのです。

「腹筋をすれば痩せる」わけではない!

「じゃあ、腹筋を始めよう!それなら痩せるよね!」とお思いの方はちょっと待って下さい。ぽこっと出たお腹を鍛えるには、やはり腹筋がいいように思えるのは当然のこと。ですが、腹筋を鍛えればお腹がへこむ・腹筋近くの脂肪が燃えるわけではありません。
それよりも大きな脂肪を動かして、脂肪を燃やしたほうがいいという意見もあります。腹筋が全然効かないというわけではありませんが、腹筋だけしていても痩せるわけではありません。

筋肉痛があったほうが筋トレは効果的?

筋肉痛 筋トレ

筋トレをすると筋肉痛が出てくることがありますよね。筋肉痛があったほうが、筋肉が鍛えられているのでしょうか?それとも、「やりすぎ」というサインなのでしょうか。

筋肉痛は、トレーニングがちゃんとできているというサインです。筋肉痛を経て、その筋肉はより強くなりますので、筋肉痛自体は悪いことではありません。ですが、筋肉痛がなくてもちゃんとトレーニングができている人もたくさんいます。筋肉痛は、ある程度体を追い込めたという証拠でもありますが、それだけがすべてというわけではありません。

片脚で動くだけ筋トレなら簡単

筋トレというと身構えてしまう人も多いですが、「片方の脚だけで椅子から立ち上がる」だけでも筋トレになります。エスカレーターやエレベーターではなく、階段を使ってもいいでしょう。運動が苦手な人でも、これだけで筋肉の刺激になります。

このように、小さなことからコツコツと下半身の筋肉を鍛え、その後に有酸素運動を習慣づければ、脂肪が燃えやすくなります。

集中して痩せたいなら、筋トレと食事制限を組み合わせる!

集中して痩せたい

それでは、急いで痩せたい人のために、ひとつの理想的なスケジュールについてご紹介しましょう。
まず、朝は少し早く起きてウォーキングをします。長めにウォーキングをすることで、血行が改善。代謝もアップします。代謝をアップさせるには、朝の有酸素運動がいいと言われているからです。
その後は、下半身の筋トレをしていきます。脂肪燃焼にもっとも効く下半身筋トレで、もっとも簡単にできるのはスクワットです。お尻を落として、前かがみになりすぎないようにしながらやりましょう。また、反動ですぐ立ち上がるのもナシです。ジムで鍛えられるという方は、レッグプレスやレッグエクステンションをやるようにしてもいいかと思います。ジムのマシンを使えば、正しいフォームで体を動かすことができるので、初心者でも気軽に鍛えることができます。

「体を動かしてカロリーを消費したのだから、ご褒美で好きなものを食べちゃおう♪」というのもいいですが、痩せたいなら食事制限をするのがいいですね。この時、炭水化物を抜くのはご法度。タンパク質なら鶏ささみ、他にも野菜や玄米などを中心に食べるのがいいでしょう。

この時に、気を付けたいのが食事のスケジュールです。重要なのは、寝る数時間前までには食事を終わらせてしまうこと。いくらヘルシーな食事でも、寝る直前まで食べていたら太りやすくなります。食べ物を消化せずに寝てしまうと、太りやすくなってしまうそう。それだけでなく、便秘しやすい体質にもなりかねません。

まとめ

筋トレはあなたが考えているよりも簡単にできるものです。ぜひ、気軽にチャレンジしてみて下さい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)