menu

大人気「ジニエブラ」の効果・口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ジニエブラ」は、アメリカでもっとも売れたシームレスブラと言われています。しかも、アメリカだけでなく世界45か国で販売されているそう。シリーズ累計枚数はなんと8,000万枚をと突破した、まさに爆発的ヒット商品。

ジニエブラはシームレスブラということもあり、とても着け心地が良く、快適に過ごせると言われています。伸縮性が高く、ノンワイヤーなので、しめつけが苦手な人・家ではリラックスした状態でいたいという女性にもぴったり。また、どんなフォルムのバストも覆ってくれるように、独自の立体編みが採用されていますので、胸がキレイに見えるとも言われています。

約8割の女性が、ブラジャーに悩んでる!

ある企業のアンケートによると、20代から50代の女性の約8割が、ブラジャーの着用感に悩みを持っているそうです。もともと、ブラジャーを購入する際、あなたは何を重視しているでしょうか?「かわいいデザイン」「値段」「ブランド」などを重視する人も多いでしょうが、やはり着用感を気にしている人がほとんどだと思います。

その悩みの内容はどんなものが多いのでしょうか?
ほとんどの女性の「ワイヤーがこすれて痛い」「締め付けがあってキツイ」「胸の上の部分が浮いてしまう」「ブラジャーが自然にズレていってしまう」「バストが脇にこぼれてしまう」という悩みを抱いているのです!
だからこそ、ブラジャーには「スタイルがよく見えるもの」「胸が大きく見えるもの」よりも、「着用感が楽なもの」を選びたい!という声の方が多いんですって!

だからこそ、シームレスなジニエブラなら、あなたもブラに対する悩みも解決できるかもしれません!

シームレスブラとは何?

シームとは「縫い目」という意味があります。なので、名前の通り、シームレスブラは、縫い目・継ぎ目のないブラジャーのことを指します。
普通のブラジャーの場合、フリルやレース、リボンなどの飾りがついていますので、服の上からそのデザインが透けてしまうことがありますよね。でも、シームレスならその心配は無用。デザインもシンプルで、アウターに響きにくいデザインになっています。下着のラインがわかりやすい夏に特におすすめとされていますが、リラックス効果が高いうえにフィット感があるので、下着の締め付けが苦手な人にもおすすめです。

シームレスブラのメリット・デメリット

シームレスブラ メリットデメリット

シームレスブラを使う前に知っておきたいメリットとデメリット。はたしてどんなものがあるのでしょうか?

シームレスブラのメリット

①ノンワイヤーなので、胸に痛みがない

胸の大きい女性は、ワイヤーブラを愛用している人も多いはず。でも、ワイヤーは意外と胸に負担をかけています。「締め付けがきつくていたい」「ブラ越しにワイヤーがこすれて、汗をかく季節はかゆい」「ワイヤーがブラから飛び出してきて、胸をちくちく刺すことがある」という悩みはもうたくさん!そんな方には、シームレスブラは絶対に快適なはず。ワイヤーブラのように丁寧なお手入れが必要なわけではないので、ついお手入れを適当にやりがちな女性でも安心して使えます。ガンガン洗濯できるのも強みでしょう。

②胸が大きくなる

バストアップブラを使っても胸は大きくなりますが、実はシームレスブラでもバストアップは可能。というのも、シームレスブラにもしっかりパットが入っているからです。通常のブラのように取り外しができるものではありませんが、その代わりに安定感があります。

③肌触りがいいので、肌が弱い人にもおすすめ

シームレスブラのもうひとつのメリットは、縫い目や継ぎ目がほぼないデザインのため、肌触りも抜群だというところ。ブラの縫い目は肌に負荷をかけやすいとされていますが、シームレスブラはそういったものがないため、かゆみや赤みを遠ざけることができます。

それでは、シームレスブラのデメリットは何なのでしょうか?

シームレスブラのデメリット

①育乳をするのは難しい

普通のブラならば、脇や背中の贅肉を集めてきて胸におさめ、バストアップをすることができます。ですが、シームレスブラはそこまでのホールド力はなく、こぼれ肉を集めたとしても、それをキープするのは難しいとされています。

②デコルテ痩せには対応していない

胸が小さくなってくる理由のひとつに、胸がたるんでデコルテの部分が痩せてしまうというものもあります。若い頃は鎖骨の下にある部分もふっくら大きく、ボリュームが出ているものですが、歳をとるとそのボリュームが減少してくるのです。これは、老化が原因のこともありますし、クーパー靭帯が伸びてしまって起きることでもあるそうです。
このような、胸の上の部分が痩せてしまう事態に対しては、シームレスブラでケアすることは難しいでしょう。

③胸が不自然に大きくなることもある

胸が小さい人が、突然厚手のパットが入ったシームレスブラをすることで、不自然に胸が大きく見えてしまうこともあります。とはいえ、違和感があるほどのレベルではありませんので、気になる方はサイズが合っているものを購入することをおすすめします。

シームレスブラだと、胸が垂れる?

「シームレスブラをつけると、胸が垂れる」という説もありますが、これは本当なのでしょうか?たしかに、シームレスブラではバストを支えられないようなイメージがあります。でも、現在販売されているシームレスブラに関しては、そんなことはありません。バストが垂れないようにデザインされており、特殊な加工がされているものもたくさんあります。
バストが大きい女性でも安心して使うことができるでしょう。

ジニエブラの効果は?

ジニエブラ シームレスブラ

脇高・幅広デザイン

普通のブラだと、ちょっと太ってしまっただけで服の上からでもその変化がわかってしまいます。その変化が如実に表れるのが背中。背中に食い込んだブラは、見た目にもまったくセクシーではありませんし、ただみっともないだけですよね。でも、ジニエブラは脇や背中の部分を幅広に設計してあるので、食い込みにくいデザインになっているのです。なので、ボディラインがわかるようなデザインの洋服を着ても、背中も脇もスッキリ!

幅広ショルダー

ブラ紐が細いと、どうしても体に食い込んだり、ズリ落ちたりしてしまいがち。でも、ジニエアブラはおよそ3.5センチの幅のあるショルダーを採用しているので、食い込みにくいのです。ズリ落ちにくいので、しょっちゅう服の上からブラ紐を直す必要もありません。

厚めのパッド

大きいパッドがバストを大きく包み込んでくれるので、どんなサイズのバストもかっちりホールド。丸みがあって女性らしいバストはそのままに、ナチュラルな谷間を演出してくれるでしょう。
なお、日本で販売される商品については、日本オリジナルパッドを採用。日本人女性のバストに合わせたパッドが入っているので、安心です。

バストアップ効果

シームレスブラなのに、バストアップ効果が期待できる理由は、幅広のリフトバンドが胸の下にデザインされているから。胸をアンダーから支え、パッドと一緒にしっかり持ち上げます。胸が垂れているのが悩みの人も、バストがキュッと持ち上がる!

フィット感抜群の立体編み

立体編みでシームレスなので、どんな形のバストにも対応します。縫い目も少ないので、肌が弱い女性にもおすすめ。「ブラのせいで胸がかゆくなりやすい」という女性にもいいでしょう。

表示タグなし!

洗濯表示のタグは、普通、ブラにもついていますよね。でも、洗濯していくうちに劣化しちゃうけど、取りどきがわからない!ピラピラしていて、見た目にもみっともないけど、表示がわからなくなると困るからつけておく…なんて方もいそうですね。でも、ジニエブラはブラに表示が印字されているので、このような悩みとは無縁です。

ジニエブラはどんな時に使える?

1700ec56fa396b05d10486da417d0f65_s

ジニエブラはどんな時に使えるのでしょうか?日常生活に使えるのはもちろん、こんな時にも使える!というシチュエーションごとにご紹介しましょう。

①旅行におすすめ!

旅行中は、なにかと疲れがたまりやすいもの。「飛行機や新幹線、車での移動中もリラックスしたい」「荷物を減らしたい」「汗っかきなので、さらりと乾く素材の下着がいい」という方は、ジニエブラがおすすめ。リラックスして楽しく過ごすことができるでしょう。

旅行のトランクの中にワイヤーブラを詰め込むと、変形してしまうというリスクもあります。でも、ノンワイヤーブラならばワイヤーが歪んでしまうこともありません。また、ノンワイヤーブラは乾きやすい素材のものも多いので、手洗いをしてもすぐに乾きます。

②スポーツブラとして、エクササイズ中におすすめ!

運動する時にも、ジニエブラはおすすめです。普通のブラではきつくて体が楽しく動かせないという時には、シームレスブラが役立ちます。ヨガやピラティスなど、リラックスしてできるエクササイズにはジニエブラはぴったりです。ただし、あまりに激しく体を動かすようなスポーツをする場合には、ホールド力が強いブラジャーをしたほうが安心かもしれません。クーパー靭帯が伸びないようにするのが最善です。

③妊娠中や授乳中におすすめ!

胸のサイズが急激に変わる妊娠中や授乳中は、普通のブラをすることすらストレス。そんな時に、シームレスなジニエブラは役立ちます。フィット感があるので、胸のサイズが変わってもしっかりフィットします。他の授乳ブラなどと合わせて持っておいても損はなし!子供が卒乳しても使えるので、コスパもいいですね♪

④ナイトブラにおすすめ!

夜、寝ている間はノーブラでいたい!という人は、即刻その習慣はやめるべき!寝ている間にブラをしないでいると、胸がつぶれるだけでなく、バストが流されて脇や背中にこぼれ、サイズダウンしてしまいます。バストが垂れてしまう原因になるだけでなく、体型がたるんでしまう可能性すらあるのですから、習慣づけてしまうと大変なことになります。でも、普通のブラはキツくて夜寝ている時につけたくない!という場合におすすめなのがシームレスブラ。しめつけがないのに、バストはしっかり支えてくれます。ゆったりとした気持ちで安眠できることでしょう。

⑤ワークブラとしても使える!

働く女性にとって、キツイブラジャーは死活問題。特に、残業が多い職場で働いていると、「ブラ、外した~い!」という気持ちになりますよね。でも、自分しか職場に残っていないならまだしも、外でブラをゆるめるなんてとってもできません。もちろん、自分だけしか残業をしていなくても、なんとなく恥ずかしくて無理!という人も多いはず。
そんな忙しい女性にも、シームレスブラがいいのです。体を締め付けすぎないので、気持ちも楽に仕事を続けられるでしょう!体調面が整うと、仕事のやる気も変わってきます。会社にロッカーがある方は、残業の時にはブラだけ変えてもいいかも!

ジニエブラはお子さんのファーストブラにもおすすめ。少々のサイズの変化にも対応してくれますので、体型が変わりやすい女の子の胸もしっかり支えてくれます。普通のブラがまだ恥ずかしいという子にも、シンプルなデザインなのでなじみやすいはず。

シームレスブラを選ぶときはサイズが大事?

ジニエブラ サイズ

シームレスブラは当然、ノンワイヤー。ワイヤーが入っているブラは窮屈なものですが、その反面、胸をしっかりサポートしてくれる能力に優れています。なので、ワイヤーが入っていないジニエブラは、胸を支える力に欠け、つけ続けるとバストが垂れるのでは…?と心配している人もいるかもしれません。

そもそも、バストが垂れるもっとも大きな要因と言われているのが、クーパー靭帯です。クーパー靭帯はもともとバストを支えてくれるための存在ですが、これが伸びてしまうと胸が支えられなくなり、結果として胸が垂れてしまいます。
なので、ホールド力に欠けるシームレスブラではクーパー靭帯が伸びやすいのでは?という人がいるようですが、最近のシームレスブラは進化していて、しっかり胸を支えてくれるアイテムもいろいろ販売されているのです。ワイヤーのある・なしはもう関係ないという人もいます。もちろん、体を激しく動かすスポーツをする時など、胸が激しく動く可能性がある時にはホールド力を重視して作られたブラを選ぶのも大事です。

そもそも、大事なのはワイヤーではありません。ワイヤーがあれば絶対に胸が支えられるというものではないのです。大事なのは、サイズにあったブラを選ぶことです。

こんなブラはサイズが合っていない!

・カップと胸の間に隙間ができている
・頻繁に紐がずり落ちてくる
・両腕を挙げて元に戻すと、胸から脇に肉がはみ出してくる
・だんだんとブラジャーが浮いてきて、上にずれ上がっていく(アンダー部分がゆるくなってきている)
・背中にブラジャーが食い込んで段差ができている
・ジャンプをすると、ブラジャーごと胸が大きく揺れてしまう

そして、そんなことが起こるブラには、以下の原因があります。

・カップサイズがあっていない(大きすぎる、もしくは小さすぎる)
・アンダーバストのサイズが合っていない
・ワイヤーが体にフィットしていない
・ブラのストラップが適切な長さに調節されていない

などの可能性が考えられます。自分のサイズに合ったブラをしないでいると不快ですし、何より胸が垂れてしまう可能性大。
「でも、家の中ではブラジャーを外したい!」という方は、外では普通のブラ、家ではシームレスブラをつけてみるのはどうでしょうか?全くブラジャーをつけない状態はとても危険です。ノンワイヤーのブラなら家の中でつけていてもリラックスできるので、おすすめですよ。

ジビエブラには、お買い得なセットがある?

ジニエブラはセットでも販売されています。お得なセットは3枚セットと6枚セット。
ジニエブラは12色ありますが、これが3枚ごとに組になっています。その組には、黒・白・ベージュのセットの「クラシック」、ピンクやパープルなど柔らかいカラーを中心とした「パステル」、落ち着いたカラーの「ナチュラル」、個性的なカラーが好きな人におすすめな「シトラス」があるそうです。
3枚セットの場合にはここから1組、6枚セットの場合にはここから2組を選ぶことになるそうです。セットをいろいろ組み合わせられるのは自由度が高いですね♪

それでは、日本の公式販売サイトの値段をチェックしてみましょう!

単品:3,218円(送料別・600円)
3枚セット:5,533円(送料無料)→単品で3枚購入したら9,654円なので、4,121円もお得!
6枚セット:9,655円(送料無料)→単品で6枚購入したら19,308円なので、9,653円もお得!

単品で購入する場合には、送料がかかるので実質3,818円もかかります。ですが、セットで購入したら送料が無料になります。それだけではなく、セット購入は大幅に値引きがありますので、かなりお得です。ブラは洗い替え用の枚数が必要になりますので、まとめ買いをしておきたいもの。お得なセット購入にチャレンジしてみよう♪

ジビエブラはカラーもサイズも豊富

ジニエブラ 12色

ジビエブラはカラーはもちろん、サイズも豊富です。まずはカラーから。なんと、12色も展開しているんですよ!

「クラシック」:リッチブラック、ピュアホワイト、シルキーブラック
「パステル」:ベアリーピンク、パウダーブルー、ソフトヘザー
「ナチュラル」:クラウドブルー。ウォームプラム、ウォルナット
「シトラス」:シャーベットイエロー、ネイビーブルー、オリーブトープ

サイズも、アメリカで人気を集めただけあって、とても自由度が高いです。基本的には、カップサイズとアンダーバストのサイズがわかれば大丈夫。Sサイズから、4Lサイズまであります。カップならA~Gカップ、アンダーサイズは65センチから95センチまで対応しているそうです。

ちなみに、ジニアシリーズはショーツも展開しています。こちらはブラの12色よりもさらにシュル類が豊富な18色が用意されているそう!ブラと同色の4組に加え、ガーリーなカラーをまとめた「マカロン」、フルーティなビタミンカラーがかわいい「ジューシー」もあります。こちらもS~4Lサイズまで展開しているので、楽しんで選べそう!

ジニエブラはどうやってお手入れすればいい?

ジニエブラ お手入れ方法

普通のブラの場合、お手入れは丁寧にやらなくてはいけません。まず、取り扱いについての表示を確認します。そして、基本的にはブラは手洗いが推奨されています。洗剤を溶かした水かぬるま湯に下着を入れて、押し洗いもしくは振り洗いをしていきます。生地をこすり合わせると、ブラが消耗してしまうのであまりおすすめできません。充分いすすいだら、タオルドライをするか、ネットに入れて脱水します。

手洗いが面倒な方は洗濯機で洗うこともできますが、普通の衣類とは別に洗った方がいいでしょう。また、ブラは絶対に外に干してはダメ!ブラジャーは紫外線にさらさない方がいいと言われているからです。できれば、日陰に干しましょう。風通しのいいところに干すのが最適です。

さらに、素材がシルクだった場合にはもっと気を付けなくてはいけません。このように、普通のブラのお手入れはけっこう面倒ですよね。では、ジニエブラも同じくらい手間をかけなければいけないのでしょうか?

ジニエブラを洗う時にもルールがあります。

①ブラは必ずネットに入れて洗う
②日陰を避けて陰干しするようにする
③ハンガーにそのままつるすのではなく、逆さまにしてバンドの部分を洗濯ばさみで吊るして干す

それに加えて、パットを潰さないようにたたむことも大事です。でも、普通のブラと比べたらとっても簡単ですよね!これなら、どんな女性でもすぐ実践できるはず。
なお、洗う時には洗濯機の「手洗いコース」を利用するか、「弱水流」を選ぶといいでしょう。

ジニエブラはこんな女の子におすすめ!

ジニエブラ おすすめの女の子

ジニエブラは、今までのブラに不満を持っている女性におすすめです。

背中や脇のブラハミ肉が気になる女性
洋服の上から見えるボディラインに満足できない女性
普通のブラだと苦しく感じることが多い女性
ワイヤーブラは痛いので嫌いな女性
フィット感のあるブラジャーが欲しい女性

とにかく、ブラが体に合っていない!ボディラインがもたついて服がかわいく着こなせない!という女性に、ジニエブラがおすすめなんです♪

ジニエブラの口コミは?

ジニエブラを愛用している人の口コミをまとめてみました!

シンプルなTシャツを着る時に、ブラジャーのデザインが浮いてしまうのが恥ずかしかったのですが、ジニエブラは胸がキレイに見えるので、おすすめです。ブラ紐もシンプルなデザインなので、カジュアルな服装の時にはおすすめです。
もっとピチピチなのかと思いましたが、実際に着てみると伸縮性が高く、締め付け感もちょうどよかったです。胸が押しつぶされることもなく、体にくいこむこともありません。洗濯も簡単にできるので、毎日ジャブジャブ洗ってます。
Eカップを支えられるシームレスブラが欲しかったのですが、今までなかなか見つけることができませんでした。商品があっても締め付けがありすぎたり、胸が全然支えられなかったり…でも、ジニエブラはしっかりおっぱいを支えてくれます。もう元のブラには戻れません(笑)
他のブランドでもシームレスブラを購入したことがあるのですが、黒やベージュなどの地味な色はあっても、カワイイ色はない!でも、ジニエブラはマカロンカラーやシャーベットカラーもあって、選ぶのが楽しいです。ホールド力が高いところももちろんお気に入り!
ナイトブラとして購入しました。今までのブラは寝ている最中にズレてしまったり、胸がポロリしてしまっていたりすることがあったのですが、ジニエブラをつけてからはそんなこともおこらなくなりました。ホックやアンダー部分がこすれることもないので、かゆみに悩まされることもなくなりました。
友達から「ブラ、背中にすっごく食い込んでるの、外からでもわかるよ。みっともないよ」と言われてビックリ。急に体重が増えたことで、ブラが背中や脇に食い込んでいたようです。慌てて新しい下着を購入することにしたのですが、できるだけ締め付けないものを!ということで、ジニエブラに辿り着きました。楽に着られるし、締め付けがないので、とってもいいです。
ヨガをするときに普通のブラジャーをつけているとキツすぎるので、このブラを紹介してもらって購入しました。伸び縮みする素材なので、どんなポーズをしてもキツくない!それでいて、ヨレません。今では、運動する時間以外でもつけるようになっちゃいました。
疲れると肌荒れしやすくなるのですが、顔同様、バストの肌荒れも気になっていました。アンダー部分と、バストのセンターを支える三角部分にかゆみが出やすかったんです。ボリボリかいているうちに傷になってしまったので、おれではいけないと思い、ジニエブラに切り替えました。胸がしっかり持ち上がるし、かゆみもなくなるし、いいことばっかり!ただ、汗を吸いにくい素材なので、まめに汗を拭きとる必要はあるかもしれません。
腕をケガした母のために購入したのですが、ホックをつける手間がいらないどころか、胸がすっごく楽!と大感激していました。私もマネして購入してみて驚きました。パッドもしっかりしているし、しっかり胸を支えてくれます。もっとダランと胸が垂れるかと思ったけど、そんなこともなかったですね。

ジニエブラは授乳ブラとしても使うことはできるのでしょうか?専門メーカーが出している商品じゃないと、胸の形が崩れるのでは?ちゃんと母乳をあげられる?と不安になってしまう女性もいるかもしれませんね。でも、ジニエブラを授乳ブラとして使っている人はたくさんいます。授乳ブラとしてジニエブラを選んだ人の口コミについても調べてみました。

産後ブラとして雑誌に掲載されているのを見て、購入してみました。着心地がいいので、私は気に入っています。ママ友にもすすめまくった結果、皆ジニエブラにハマってます!
今まではブラトップを授乳ブラ代わりにしていたのですが、私にとってはイマイチだったので、評判のいいジニエブラにしました。思い切って購入しただけあって、授乳中のバストもしっかりキレイに見えます。使いやすいしシルエットも整って見えるので、気に入ってます!
出産前まではノーブラでいる機会が多かったのですが、産後はさすがにダメだと思い、雑誌にも紹介されていたジニエブラを購入。肌ざわりもすっごくいいので、寝ている時もジニエブラをするようになりました。
ボリュームが前より出てきたバストを支えるために、フィット感のあるジニエブラを使うことにしました。胸が垂れてきた!と焦っていたのですが、ジニエブラをつけるようにして、バストアップの体操を毎日するようにしたら、ハリが戻ってきました。これもジニエブラのおかげです!
出産してからはブラ迷子になってしまい、いろいろ調べてみたのですが購入までは至らず…思いきって買ったブラは値段のわりに満足のいく出来ではありませんでした。今までのブラは胸を支えられている感じがしなかったけど、ジニエはかなり胸がしっかり支えられています。
サイズに迷ったのですが、とりあえず出産前のブラのサイズで購入しました。ブラ自体に伸縮性があったので、私はそのままのサイズで購入して間違いはありませんでした。妊娠中に太ってしまって、ブラのくいこみが気になっていたんですけど、ヒモやバンド部分がかなり太めに作られていたのもよかったです。

実際にジニエブラをつけてみた!その感想は?

ここからは、実際にジニエブラを購入した感想です。店舗でも販売しているらしいですが、通販派なのでもちろんネットで注文。まとめ買いをすると安くなるというので、セットで購入しました!とりあえず、3枚セットを買ったのですが、ここで問題なのがサイズ選びです。下着の場合、通販だとサイズを選ぶのがなかなか大変そうだというイメージがあったのですが、ジニエブラは公式サイトにちゃんとサイズ表記があったので、それを見ながら選びました。

注文してから時間がかかるかな?と思ったのですが、スムーズに到着して一安心。でも、びっくりしたのがかなり大きめの箱で届いたこと!箱を開けると、素敵なメッセージが目に入ります。

ジニエブラの由来は、願い事を叶えてくれる精霊「genie」(ジーニー)から来ているんですね。映画『アラジン』に登場した、魔法のランプの精霊もジーニーでしたが、ブラに悩む多くの女性を救いたいという意味が込められているそうです。

箱の中には、ジニエブラのパッケージと「ジニエパーフェクトブック」などが封入されています。パーフェクトブックには、ジニエブラの詳細だけでなく、ジニエブラのお手入れ方法や、ジニエのミューズである道端ジェシカのインタビューも掲載されています。さらに、ジニエショーツやジニエレーシィブラ、ジニエブラエアー、デザインジニエといった人気シリーズのカタログもついています。かなり読み応えがあるし、参考になりそう!

箱の中からジニエブラを出してみましょう。私の一番お気に入りの色、ベアリーピンクです。ふんわりかわいいピンク色なので、とても華やか!触り心地もなめらかです。

表側を見ると、胸元部分やアンダーバストを支える部分がしっかりとしているのがわかります。肩紐部分も太くて、安定感がありますね。

裏側から見ても、背中も広めに作られています。背中からもしっかり胸を支えられそう。

同じサイズのユニクロのシームレスブラがあったので、比較してみましょう。まず、胸元です。ユニクロのブラは胸元を支える部分もゴムでできていますが、ジニエブラは複雑な編み加工がなされています。幅も太めになっています。

肩紐部分も比較します。ユニクロのブラはやはりシンプルで、細めの紐です。キャミソールのような華奢な肩紐ですね。ジニエブラは、肩紐の幅が広いので、ブラジャーとしても安定しています。

カップも、ユニクロのほうはシンプルです。胸を包み込めるように大きめに作られていますが、伸縮性はなく、パットも入っていません。ジニエブラのほうは、なんとパットが入っています!また、ブラ自体もかなり伸びるので、胸を支えてくれます。

背中部分も、ジニエブラのほうが広め。アンダーバスト部分と二層加工になっているので、しっかり支えてくれそうです。

実際に着てみると、やはり伸縮性があります。背中にも胸にもしっかりフィットするし、脱いでもすぐに伸びきったりはしません。着心地もいいので、リラックスした気持ちで過ごせます。

シームレスブラは、縫い目がない分伸びやすかったり、薄くなったところからブチッとすぐ切れてしまったりしそう…というイメージがありました。が、ジニエブラは伸びがよくて、着た瞬間に「ちぎれそう!」なんてこともありません。脇から背中にかけてのシルエットもすっきりしています、ブラのストラップにあたる部分が幅広で、背中の部分もかなり広めにデザインされています。肌触りもなめらかで、するっと着ることができ、乾燥肌にひっかかることもありません。着心地もとってもいいです。

趣味のホットヨガをする時にも、ジニエブラをつけるようになりました。普通のブラは肩や腕を動かしにくいし、汗を吸うとじっとりしてしまうし、悩みのタネだったのですが、ジニエならどんな動きをしても大丈夫。汗を吸う素材ではないので、ベタ~ッとしなかったのもよかったです。

バストラインに厚みも出るので、胸が大きく見えたのは意外でした。今では毎日ジニエブラをつけてます!

まとめ

ジニエブラは、いつもリラックスして過ごしたい女性にぴったり。ナイトブラやワークブラに、授乳ブラに、もちろん普段遣いにもOK!あなたもジニエブラを始めてみよう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)