menu

着圧ソックス人気ランキング!効果を最大限に発揮できる商品だけ厳選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どんなダイエットを試しても、脚の贅肉だけが落ちない!」
「太ももを引き締めたいけれど、運動は苦手」
そんな女性におすすめなのが、着圧ソックスです。はくだけで適度な圧力がかかり、むくみもすっきり!ぽっちゃり脚が、カモシカのようなスラリとした脚に変化するとされています。おまけに冷え症にも効果がありますので、冷えにお悩みの女性にもおすすめです。
その他にも代謝アップにも効果があるとされているので、下半身痩せダイエットにチャレンジしたい人は、持っていて損はないアイテム!そんな着圧ソックスの効果は?賢い選び方は?医療用の着圧ソックスと普通の着圧ソックス、どう違う?おすすめの着圧ソックスもご紹介します!

着圧ソックスの効果は?

着圧ソックスは、見た目はただの靴下なのにむくみをすっきり改善できます。それには、脚が血液循環に大きく関係しているから。

そもそも、着圧ソックスとは、脚に圧力をかけられるようにデザインされた靴下です。定期的にはくようにすることで、むくみやだるさなどの症状をやわらげ、改善することができるでしょう。
血液は、心臓から動脈を通り、体を巡ってまた心臓に戻ってきます。この時、静脈は血液を心臓を戻すのに役立ちますが、ふくらはぎにある筋肉がポンプのように働きます。
でも、むくみやすい人は、脚の筋肉が衰え、ポンプ的な役割もできなくなっているのです。これでは、脚はただむくむだけですよね。でも、着圧ソックスをはいて脚を引き締めることで、

・血液循環を良くする
・リンパの巡りを良くする
・老廃物が体外に排出されやすくなる

といった、3つの効果が期待できるのです。

着圧ソックスの選び方は?

着圧ソックスを選ぶ時に、まず注目したいのは「着圧レベル」です。

着圧レベルとは、脚にかかる圧力を示した数値です。「mmHg」(ミリエイチジー)という数値での表記が、着圧ソックスでは一般的です。この数値が高ければ高いほど、圧も強くなります。

10mmHg ~ 20mmHg :弱圧
20mmHg ~ 30mmHg :中圧
30mmHg ~ 50mmHg :強圧

弱圧は、軽いむくみに効果があります。締め付けは弱いですが、そのぶん締め付けすぎないので、着圧ソックスが不慣れな人にはおすすめです。中圧は、むくみやすい体質の女性におすすめです。しっかり締め付けがあり、むくみが改善されやすくなります。
強圧がむくみに一番効きそう!と思われるかもしれませんが、こちらは医療用のソックスやレギンスに使われるほどの圧ですので、かなりキツキツ感があります。市販されている商品には、ここまで圧が強いものはほとんどないそうです。圧が強い分、ギューッと締め付けられますので、なかには不向きな人もいるかもしれません。

ちなみに、なかにはデニールで表記されている商品もあるようですので、そちらも簡単に紹介します。タイツやレギンス、トレンカなどは、デニールで表記されることが多いですよね。こちらは、糸の太さを示す単位です。

むくみ改善におすすめなデニールは、70~140デニールとされています。この圧は、ストッキングよりは強く、タイツよりは軽いくらいです。140デニール以上になると、医療用の着圧ソックスに使用されるレベルになります。かなりの圧迫感があり、本当に体が悪い人でないと脚に負担がかかりすぎる可能性があるでしょう。こちらも、強ければ強いほどいいというわけではありません。

より効果を高めたい人は、いくつかの商品を使い分けることもおすすめです。
普段は弱圧のソックスをはき、しっかり圧力をかけたい時には中圧のソックスをはくなどして、つかいわけをすると より高い効果が得られるかもしれません。

さらに、他にも注目すべきポイントをご紹介します。

・サイズ

着圧ソックスはほとんどがフリーサイズですが、脚が大きい方・身長が高い方は、まれにサイズが合わないことがあります。購入する前にホームページなどを調べて、よく確認するようにしましょう。

・素材

ソックスの素材は、商品によって異なります。たとえば、肌に優しい素材といえばコットンです。着圧ソックスにも、コットンが使われているものはたくさんあります。しかし、なかにはチタンやゲルマ、銀などを配合しているものもありますので、目的に沿っていろいろ選んでみましょう。
かぶれや発疹を避けるためにも、素材を吟味することも欠かせません。

・用途

着圧ソックスにも、いろんな商品があります。日中はいていられるものもあれば、睡眠用のものもあります。また、効果の高い医療用のソックスも存在します。
できればむくみが強すぎない方がいいでしょうが、自分の体調やむくみ具合を配慮しながら考えましょう。

・丈

着圧ソックスには、膝までの丈のものと、ニーハイソックスと言われる太ももまでの丈のものがあります。太もも痩せを気にしている方は、ニーハイソックスを選ぶと、よりむくみに効きやすいかと思います。その一方で、太ももががっしりしているタイプの方は、ニーハイソックスがはけないこともあります。できるだけ伸びるものを選ぶか、太ももから上はマッサージでのケアをするようにしましょう。

着圧ソックスはどのタイミングではく?

着圧ソックスは、いつはけば効果的なのでしょうか?
もちろん、脚のむくみを改善したい時です!でも、そのタイミングは女性によって違いますよね。
「寝ながら脚をスッキリさせたい」
「働いている時に脚がむくむので、そんな時でもケアできるものがあればいいのに」
「もちろん、家でリラックスしながらむくみとりもしたい!」
「外出中も、オシャレな着圧ソックスをはいていたい」
いろいろ、要望はあるでしょう。

そんな時には、そのタイミングにあった商品を選んではきわけることをおすすめします。
着圧ソックスにも、いろんな種類があるのです。その時に合わせて選んでいきましょう!

着圧ソックスを睡眠時にはくと痩せる?

寝ている時に、着圧ソックスをはいているという女性は多いはず。たしかに、「外出時にはオシャレを楽しみたいから、好きなデザインの靴下やタイツをはく」「仕事中は制服なので、ストッキングをはいている。靴下ははけない」という女性も多いでしょうから、そのぶん、何を身に着けてもいい睡眠時間にむくみ対策をしようという考えを持つ人がいるのも理解できます。

「睡眠時専用の着圧ソックス」「寝ている間にはいても大丈夫な着圧ソックス」を選んでいるならば安全ですが、普通の着圧ソックスを睡眠時にはいているのは、とても危険なんです!それは、寝ている間はどうしても、脚の血圧が下がってしまうからです。
ずっと使い続けていると、血行障害が起きる可能性も否定できません。

医療用着圧ソックスは効果が高い!?

むくみ対策を考えている女性からも注目が集まる「医療用着圧ソックス」。
でも、“医療用”とされる着圧ソックス、普通のソックスとどう違うの?今回はそのメリットとデメリットを中心に紹介しつつ、その効果にも触れていきましょう。

そもそも、医療用着圧ソックスとは、病気による脚のむくみやだるさに苦しんでいる方向けに開発されたものです。その症状を軽くするために使われていたのが、普通の方向けにも販売されるようになりました。そのため、高品質であることは広く知られています。

医療用着圧ソックスを購入するメリット

・普通の商品よりも効果が高い!

医療用着圧ソックスは、専門機関によって監修されています。そのため、質が高い商品が多いのです。脚にかかる圧も強くなっているので、脚痩せ効果も高いでしょう。

・長持ちする

質が高いということは、洗濯でヨレてしまったり伸びてしまったりする可能性も低いということ。着圧ソックスは伸びてしまうと、正しい圧がキープできなくなり、効果が激減してしまいます。
長持ちする着圧ソックスが欲しい人は、医療用着圧ソックスがおすすめです。

医療用着圧ソックスを購入するデメリット

・高価格

普通の着圧ソックスならば数千円で購入できますが、医療用着圧ソックスは数万円かかるものもたくさんあります。これだけ高価格だと、なかなか手が出ないという人も多いかもしれません。

・デザインが選べない

実用的なデザインが多い医療用着圧ソックス。通常販売されている着圧ソックスの場合、デザインも豊富ですし、「どんな時に使いたいか」に合わせて商品を選ぶことも難しくありません。

・はきにくい!?

圧が強い医療用着圧ソックスは、効果が高い反面、「はきにくい」「長くはいていると、脚が疲れてくる感じ」という声があるのも事実です。慣れない人、脚がぽっちゃりしている人は、はけるようになるまである程度のコツが必要になるでしょう。

圧が強い医療用着圧ソックスは、自分の判断で購入するのが難しい商品でもあります。
健康な女性には、あまりおすすめできない商品と言えるでしょう。「あまりにも足のだるさがひどくて我慢できない」「脚がむくんでむくんで、しかたがない」という場合には、まず医師の診察を受けて下さい。そのうえで、商品の購入を相談しながら決定するのがいいかと思います。
また、どうしても医療用の着圧ソックスが気になる方は、一般用の着圧ソックスをまず試してから購入に踏み切るのもおすすめです。

着圧ソックスをはきながら、運動してもいい?

「着圧ソックスをはきながら、運動して、より脚痩せ効果を高くしたい!」
でも、運動をしている時にソックスをはく必要はないそうです。運動時に着圧ソックスをはけば、より効果が高くなるというのは間違いです。運動をすると、自然と血行が良くなり、リンパの流れも改善されます。ですので、むくみが解消されやすくなるでしょう。
しかし、そこで締め付けがあるソックスをはいていると、逆に血行を妨げる可能性があるのです。

ちなみに、これは他の着圧衣類にも言えることです。別名・コンプレッションウェアとも言われていますね。体にフィットする生地を使って作られているウェアですが、やはり血行改善に効果が出やすいでしょう。着圧衣類を身に着けて運動すると、筋肉痛や疲労も起きにくいとされています。
たとえば激しいトレーニングやマラソン、登山などは、こういったコンプレッションウェアが大いに役立ちます。介護など、立ち仕事にもいいそうです。
その一方で、圧が高すぎる服は逆効果になりやすく、痛みの原因になることもあるそうです。

着圧ソックスも、キツすぎるとむくみだけでなく、痛みや不快感の原因になります。よく注意して商品を選ぶようにすること、そして無理やり運動と組み合わせないようにしましょう。

着圧ソックスにマッサージをプラスしよう!

着圧ソックスは、24時間はいているわけにはいきません。でも、ソックスをはいていない時間も脚痩せのために何かをしたい!そんな時には、リンパマッサージがおすすめです。

①両方の手で、片方の足裏を押していきます。まんべんなく刺激していきます。
②こぶしを作り、指の付け根からかかとまで、タテ向きに刺激していきます。片脚ずつ行いましょう。
③片方の膝を立て、足首からふくらはぎの付け根、膝裏まで、両手を使って5回ほどさすり上げます。
④膝をやや外側に倒し、膝の上から太ももの付け根部分まで、ももの内側のラインに沿ってちょっとずつ揉みながら、下から上に揉んでいきます。その後は、手で撫でながらさすり上げましょう。

全部、両方の脚でこの作業をしていきましょう。

着圧ソックス入浴法で痩せる?

レギンスをはいたまま入浴できる「レギンス入浴法」。でも、レギンスじゃなくても簡単にできるのが、着圧ソックスをはいたままお風呂に入る「着圧ソックス入浴法」です。お風呂の水圧がむくみ改善に役立つのはもちろん、ソックスの圧も脚痩せに効果をもたらすそうです。
やり方も簡単で、ソックスをはいてお風呂に入るだけです。レギンス入浴法と同じく、お湯の温度は38~40℃ぐらいのぬるめにしましょう。また、入浴は長すぎず、20分くらいを目安に出ます。

これだけでも効果はありますが、お風呂の中で脚を揉んだり、足首回しなどストレッチしたりしてもおすすめ。

お風呂の中でマッサージをする元気もないほど疲れている女性でも、これなら簡単にできますね。裸の状態でレギンスを直接はくのにも抵抗があるという方も、ソックスなら気軽にはくことができます。
ただし、お肌に異常が出たらすぐにやめて下さいね。また、まめに水分補給をするようにしましょう。

着圧ソックスのニオイ対策

着圧ソックスを愛用していると、たびたび起こる問題。それが「ニオイ」です。
脚が臭くなるのは男性だけと思っていませんか?でも、女性だってケアをきちんとしていなければ、革靴をずっとはいているサラリーマン男性と同じくらい脚が臭くなります。

特に、長時間にわたって着圧ソックスをはいていると、脚がニオイやすくなるでしょう。足裏は汗腺が集中しているため、ニオイが出やすくなります。ソックスをはく前にクリームやオイルを塗って保湿ケアをしている人は、その油分と汗が混ざり、より強くニオイが出るかもしれません。そうならないためには、どうしたらいいのでしょうか?

・蒸れないように対策

まず、足裏が蒸れないように注意します。汗をかきやすい女性は、足先やかかとに穴が開いているタイプの着圧ソックスを選んでもいいかもしれません。また、洗い替えを用意しておき、まめにはき替えるようにするのもおすすめです。

・抗菌効果が高い靴下を選ぶ

抗菌・防臭対策がなされているソックスをはくようにすると、ニオイも出にくいでしょう。肌が弱い女性も安心して履くことができます。繊維に防臭効果の高い成分(銀やチタンなど)が練り込まれているソックスは、長い間はいていても効果が落ちにくいので、おすすめです。

また、脚をキレイに保つことも大事です。体はちゃんと洗えていても、脚の裏や指の間を洗い忘れている方は意外と多いもの。殺菌効果がある石鹸などをちゃんと使い、丁寧に脚を洗いましょう。なお、角質を落とそうとゴシゴシこする人も多いようですが、これは逆に足裏を荒れさせてしまうことが多いそうです。どうしても気になる人は保湿に力を入れましょう。

それでもニオイがとれない人は、防臭効果が高いミョウバンや、防臭用のアイテムを使うことをおすすめします。

もちろん、着圧ソックス自体もこまめに選択しましょう。脚にニオイが出ているのではなく、靴下に汗や保湿クリームの油脂が付着し、ニオイのもとになっていることがあります。

着圧ソックス、つま先・かかとは開いているほうがいい?

着圧ソックスには、オープントゥ(かかとが開いているもの)とそうでないもの、かかとが覆われているものと出ているもの、いろんな種類があります。
このデザインの違いは、何か意味があるのでしょうか?

実のところ、かかとは出ているよりも覆われている方が、しっかり脚を締め付けます。脚がむくみやすい人は、足元が覆われているタイプのソックスを選んだほうが着圧効果を期待できるかもしれませんね。

また、むくみとは関係ありませんが、足裏に汗をかきやすい人に関しては、通気性のいいデザインを選んだほうがいいかもしれません。

着圧ソックス、飛行機ではくのがオススメ?

飛行機の中は足がむくみやすいので、着圧ソックスを持ち込む方もいるでしょう。実際に、長時間同じポーズで座り続けなければいけない飛行機の中で、締め付けがある靴下をはいていると心地よく感じますよね。

でも、本当に効果があるのか?危険性はないのか?心配している人も多いようです。
実際に、着圧ソックスをはくと、ふくらはぎに一定の圧がかかります。その圧が、脚の血行を良くしてくれ、血栓予防になるという話もあります。ただし、圧力が強すぎると逆に脚がむくむ可能性もありますので、できるだけ圧が弱いタイプの靴下をはくようにすることをおすすめします。

また、今まで着圧ソックスをはいたことがない人が急に飛行機の中ではくと、はきなれていないせいで逆に疲れてしまうこともあるかもしれません。できれば、試しばきをしておき、着圧ソックスに慣れておくことをおすすめします。

飛行機で怖いのが、エコノミークラス症候群です。これは、飛行機で長いこと同じ姿勢をとり続けているとなりやすい血栓症です。下肢が圧迫され続け、できてしまった血栓が肺につまり、命を落とすこともあるそうです。飛行機の中で起きやすいイメージがありますが、車や列車でも似た症状が起きる可能性があるでしょう。
このエコノミークラス症候群を、着圧ソックスで予防できるという話もあります。ソックス効果で脚の血行が改善するからでしょう。ただし、もっと高い効果を求めている人は、以下のことにも気をつけてみて下さい。

・長時間のフライトの場合には、2~3時間おきに立ち上がり、歩き回るようにする
・座ったままでつま先を伸ばしたり縮めたりして、軽いストレッチを行う
・キツイ下着や洋服、ジーパンなどは避け、ゆったりとした服装をする
・脚は組まない
・まめに水分をとる

特に、飛行機の中では、トイレを我慢したいという意図で水分をとらない人もいますが、そのせいで病気になってしまっては意味がありません。水、もしくはお茶などをまめに口にして、喉を潤すようにしましょう。ただし、一気飲みは意味がありませんので、あくまでちょこっとずつ飲むように気を付けて下さい。また、アルコールは水分補給に役立ちません。

そして、靴にも注意しましょう。せっかく着圧ソックスをはいていても、キツイ靴やブーツをはいていては逆効果です。スリッパなどを持ち込んで、足元もリラックスしておきましょう。

着圧ソックスは妊娠中・産後にはくべき?

脚がむくみやすくなるのは、妊婦の特徴。「今まではこんなことがなかったのに、妊娠してから脚のむくみがひどい」なんて声も聞いたことがあります。ですが、妊娠中のむくみに着圧ソックスは正しい効果をもたらしてくれるのでしょうか?

妊娠中、特に妊娠して4ヶ月以降は、脚がむくみやすくなるとされています。太ももだけでなく、ふくらはぎや膝まわりにむくみがたまるという女性もいますね。
これは、妊娠によって子宮が大きくなり、下半身の静脈が圧迫されることからきているそうです。また、妊娠中の女性は体内に水分がたまりやすく、むくみがより増幅しやすいのです。

こういったむくみには、マッサージやストレッチも効果がありますが、お腹が大きいとなかなかできませんよね。そんな時には、着圧ソックスがてきめんに効きます。
ただし、使用法を守ることはとても大事です。「むくみをなくしたいから」と、ずっとはきっぱなしにしたり、重ねばきしたりするのはおすすめできません。できれば医療用よりも、通常の市販されている着圧ソックスから始めてみるべきですが、あまりにむくみがひどい場合には医師に相談して、医療用の着圧ソックスにチャレンジするようにしてみて下さい。

また、「はいている時に気分が悪くなる」「肌が赤くなり、かゆみが出てきた」という場合には、無理せず中断するようにしましょう。

着圧ソックスは、妊娠中のむくみに効果が高いそう。では、産後はどうでしょうか?
子供を産んだ後は体は軽くなり、お腹も元のようにへこみます。しかし、体自体がすぐ元通りになるというわけではありません。急に運動するのはつらい、体を動かすのもだるい。
そんな時にも、着圧ソックスが役立ちます。血行改善・リンパの巡りの促進・老廃物の除去などに役立てることができるでしょう。

着圧ソックスの重ねばきはNG?

着圧ソックスは、本来それだけではくアイテムです。でも、「重ねばきをするとより効果が高くなる」などという噂が出回っているようですね。たとえば、着圧タイツやレギンスの上から、さらにソックスをはくというようなやり方です。でも、それって本当に美脚になれるの?

調べてみたところ、これはまったくお勧めできないデマだとわかりました。着圧ソックスを別の美脚アイテムと組み合わせるのは、あまりに危険です。圧力が脚にかかりすぎてしまい、血行が悪くなるでしょう。そうなると脚に老廃物もたまりやすくなりますし、むくみもひどくなります。
引き締め効果のあるアイテムを重ねばきしても、それだけ足が細くなることはありません。はいている間はシルエットが細く見えるかもしれませんが、後で脚が太くなる可能性が大きいのです。
内出血が起きることもあり得ます。そんな事態を避けるためにも、重ねばきは良くありません。

それに、ほとんどの着圧ソックスは、説明の時点で重ねばきを禁止しています。「どうしても足元が寒い」という場合には、ゆるめのルームソックスなどを上からはく程度にとどめましょう。

着圧ソックスは、どんな女性に向いている?

着圧ソックスは、「むくみやすい女性」に向いているとされています。もともと、何をしていてもむくみやすくて……という人以外にも、仕事で座りっぱなし・立ちっぱなしの人にもおすすねなのです。特に、デスクワークの人は筋力が落ち、血の巡りも悪くなっています。ですので、着圧ソックスで血行をよくすることで、むくみが改善されるのはもちろん、代謝もアップすることでしょう。立ち仕事の方も同様です。

また、なかなか動くことができない妊婦の女性にももちろんおすすめです(ソックスによっては、妊婦の使用を禁止している商品もあるようなので、注意事項をちゃんと読みましょう)。ちなみに、静脈瘤の患者さんにも着圧ソックスは推奨されているそうです。

反対に痛みや痺れがあるけれど原因不明な方、糖尿病の患者さんは使用してはいけないそうです。脚に血行障害や神経障害がある方も、おすすめできません。脚を圧迫しない方がいいと医師から言われた方は、使用を避けるようにしましょう。

それでは、ここからはおすすめの着圧ソックスを紹介します!

脚痩せしたいならコレ!おすすめ着圧ソックス2選!

おすすめ着圧ソックス①「エクスレッグスリマー」

“加圧式脂肪燃焼ストッキング”とされていますが、ニーハイソックスタイプの着圧ソックスです。かかとはしっかり覆われていますが、オープントゥのタイプの靴下なので、太もも痩せしたい人にもぴったり。昼間はもちろん、睡眠時に着用することも可能になっています。

効果・特徴

・高い脂肪燃焼効果!

高い脂肪燃焼効果が得られるように、加圧設計がなされているエクスレッグスリマー。はいているだけで脂肪が燃えやすくなります。

・リンパ節を刺激!

リンパ節を刺激して、老廃物の排出を促します。

・むくみ・セルライト解消!

加圧効果で血行を改善。

・脚のツボを刺激!

エクスレッグスリマーは、ももや膝、ふくらはぎ、足裏や足の甲に至るまで、様々な足ツボを刺激するような設計になっています。

お得に買うには?

5枚セット

通常価格99,000円が、今なら特別価格19,800円!
しかもさらにもう1枚プレゼント&送料無料!

3枚セット

通常価格59,400円が、今なら特別価格11,880円!
しかも送料無料!

1枚(単品)

通常価格19,800円が、今なら特別価格3,960円!(別途送料800円)

※すべて税別価格

口コミ

運動するのは苦手なので、毎晩のマッサージとエクスレッグスリマーで脚痩せに挑戦。
1週間で成果が出ました!膝上のお肉がなくなったのが嬉しいです。ほっそりした脚を鏡で見ると、テンションが上がります!今まで穿く機会が少なかったミニスカートにも挑戦できるようになりました。
毎日、立ち仕事をしていて夕方には脚がパンパンになっていたのですが、エクスレッグスリマーのおかげで、毎朝目覚めるときにはスッキリむくみが消えています。今までは、朝起きる時もダル~イ感じだったのですが、脚がすっきりしているおかげで快適です。ジーパンもはきやすくなった感じ!
ダイエットしていても、足だけはガンコなセルライトのせいでなかなか痩せませんでした。
でも、エクスレッグスリマーをはくようにしただけで、太ももが5センチ減!最高の気分です。エクスレッグスリマー、もう手放せません!1枚だけしか持っていなかったのですが、追加で購入しちゃいました。

おすすめ着圧ソックス②スリムレッグメーカー

リンパのつまりを改善し、溜まった老廃物を押し流してくれる効果が期待できるのがスリムレッグメーカー。下半身をグッと引き締めてくれ、脚をスッキリさせてくれる着圧ソックスです。
睡眠時専用着圧ソックスなので、連続使用は厳禁!10時間以上はいたら、脱ぐようにしましょう。ちなみに、こちらのソックスは妊娠中の使用は勧められていません。産後すぐの使用も、注意しながらすることが求められています。

効果・特徴

・5段階着圧設計

足首から太ももまでを、段階ごとに着圧。老廃物をいい具合に押し流し、むくみ脚を細くしてくれます。ふくらはぎのたるみにも効果的!「だらしない」「老けている」とみられがちなゆるみ脚も矯正補強してくれるのも魅力です!

・アスリートのテーピング理論を応用

アスリートのテーピングを応用し、筋肉の収縮をサポートするように縫製されていますので、弱った筋肉をグイグイ刺激してくれます。

・高濃度ゲルマニウムで脂肪を燃焼

ゲルマニウムを生地に練り込んでいることから、下半身の脂肪にもてきめんに効果を表します。代謝がいい下半身に、脂肪がついたむっちり太ももとふくらはぎにも効果があります。
また、血行を良くするためにチタンも配合されています。

・デザインにも工夫がたくさん!

足全体をカバーできるようなロング丈、膝周りは動かしやすいような独自設計、さらには靴下が窮屈で苦手だという方にもはきやすいオープントゥなど、工夫がたくさんなされています!

お得に買うには?

5枚セット

今なら特別価格19,980円!
しかもさらにもう1枚プレゼント&送料無料!

3枚セット

今なら特別価格10,980円!
しかも送料無料!

1枚(単品)

今なら特別価格3,980円!(別途送料)

※すべて税別価格

口コミ

カレと海に行くことになり、急遽水着にならなきゃいけなくなった時、スリムレッグメーカーを慌てて購入!間に合うかと不安だったのですが、見事に脚痩せ成功です。
今でもキープできているのがスゴイ!リバウンドがないダイエットってやっぱりイイですよね♪
下半身だけがデブで悩んでいたのですが、スリムレッグメーカーをはいたらすぐに脚痩せできちゃいました!血行がよくなって、冷え症も改善!
さらに代謝も改善したみたいで、ウエストまわりから痩せた感じです。
寝ている間にはける着圧ソックスを探していたので、ちょうどいいと思って購入しました。
キツくて眠れないなんてことがあったら困る!と心配していたのですが、朝まで気持ちよく眠れました。むくみもしっかりとれて、大満足です。
年齢を重ねてきて、脚がどんどんむくみ体質に!これではまずいと思い、スリムレッグメーカーでダイエットを始めました。キツキツと思ったけど、はいてみたら意外と楽でびっくり。今ではもう、夜ないと眠れないほど気に入っています!

まとめ

着圧ソックスは、さまざまな目的に合わせて使い分けることが大事です。
「睡眠時用の着圧ソックス」「リラックスしたい時にはく着圧ソックス」「オフィスではく着圧ソックス」など、それぞれ購入しておくと便利ですし、むくみもとりやすくなるでしょう!
また、脚痩せを確実なものにしたいなら、着圧ソックスだけでなく、他のアイテムも併用することもおすすめします。さらに、それにプラスして脚痩せマッサージや簡単なエクササイズを組み合わせるだけでも、脚はみるみる細くなることでしょう!

あなたも着圧ソックスで、すらりと細い脚を手に入れましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)