menu

脚を縛って寝るだけでスリムになれる!?「3点脚縛り」を今日の夜から始めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脚の形も、骨盤や股関節に関係しているということはご存知でしたか?
つまり、骨盤や股関節に歪みがあると、脚が太くなりやすいのです。「太い」「メリハリがない」「まっすぐじゃない」などの悩みを改善するには、ずばり3点脚縛りがいいとされています。

現在、ほとんどの女性が生活習慣や姿勢の悪さのせいで、体が傾いてしまっています。そのせいで骨盤が歪み、O脚やX脚になってしまうのだそう。まずは股関節を正しい位置に戻すこと、さらに骨盤の歪みを矯正することが大事です。それを3点脚縛りで改善することができるのです。

知っておきたい、3点脚縛りのすべて

「3点脚縛り」ってどんな運動なの?

3点脚縛りは、夜ベッドの中で脚を3ヶ所縛るだけ。これで骨盤を支える股関節の歪みを矯正できます。血行が良くなり、むくみが解消しやすくなるでしょう。脚の長さが微妙に異なることに悩んでいる人、血行が悪い人にもおすすめ。全身の血の巡りが良くなり、老廃物もスムーズに体外に排出されるようになるでしょう。脚がむくみやすい人にも大きな効果があります。

これを毎日こつこつ続けるだけで、脚の悪い癖がなくなります。

「3点脚縛り」の簡単すぎるやり方

3点脚縛りのやり方は簡単です。膝の上、下、足首の3ヶ所を手ぬぐいやタオルなどで縛ればいいでしょう。

①最初に膝の上を結びます。ひもが長ければ、交差させて結ぶのもおすすめです。
②次に、膝上と同じように膝下も結びます。ややきつめに結ぶのがポイントですが、皮膚がうっ血するほどやってはいけません。
③最後に足首です。くるぶしのやや上を。膝と同じように巻きつけます。
④そのまま、仰向けで寝ます。膝に違和感があれば、その下に丸めたタオルなどを入れて少し膝を立てて眠るようにしましょう。

「chuchuバンビ」を一緒に使うと脚痩せにもっと効果的です。

あなたの脚はどっちが長い?チェックしてみよう!

girl-691712_640

脚のエクササイズを追加すれば、より美しい脚になれます。しかし、どちらの脚が長くなっているのかを知らなければ正しいエクササイズはできません。

右脚が長い人の特徴
・歩きはじめる時、先に出すのは右脚だ
・正座から立ち上がる時、先に出すのは右脚だ
・階段やエスカレーターを上る時、先に出すのは右脚だ
・後ろを振り向く時に、体を左側にひねる
・左肩のほうが凝りやすい
・ベッドで眠る時、左側を下にして眠ると落ち着く・楽だと感じる
・靴底は右側の外側のほうが減りやすい
・シャツは左手から腕を入れて、脱ぐ時は右手から抜く
・ズボンやスカートを穿く時には、右脚から穿いて左脚から脱ぐ
左脚が長い人は、これらの質問にNOが多くなるはずです。

X脚?O脚?迷った時には立ってチェック

standing-336554_640

自分がX脚かO脚かわかりにくい人は、まず立ってチェックしてみましょう。力を抜いてまっすぐ立ち、左右の膝がきちんとつくかチェックして下さい。
膝がつく人はX脚、つかない人はO脚です。内腿、膝、ふくらはぎが全部ぴたっとつけば脚には問題ありません。

さて、自分の脚についてしっかり把握したところで、骨盤の位置を整えるエクササイズ、筋肉をつけるエクササイズのやり方を学んでいきましょう。

骨盤の位置を直してくれる「膝抱え運動」

膝抱え運動

この運動は、股関節の歪みを改善して正しい向きに戻してくれます。狭まってしまった背骨の隙間も広がりやすくなりますので、背筋も自然と伸ばしやすくなり、姿勢を正したり腰痛を改善したりするのにも効果があるでしょう。

①まず膝上を縛って、脚が短いほうの腰の下にタオルなどを挟み込みます。そして、膝を抱えて後ろに寝転びましょう。左脚が長い人は右側に、右脚が長い人は左側にタオルを入れまます。
②両方の膝を胸に近付け、頭を持ち上げます。膝を抱え込むようなポーズを寝たままとりましょう。
③顔と膝をできるだけ近付けます。そしてまた元の位置に戻りましょう。これを最低30回までやります。100回繰り返せるようになったらベスト!

正しい位置に筋肉をつける!「軽屈伸」

老廃物や疲れでガチガチになっている脚の筋肉をほぐし、長さや位置を整える作用もある屈伸。膝の屈伸運動は左右の股関節を正しい角度に戻してくれ、必要な筋肉を体につけてくれます。ふくらはぎを鍛えることで、全身の血行もアップ!

やり方は、壁の前に立って屈伸するだけ。壁の前に立って、肘は直角に曲げます。そして両肩は後ろに引いて、胸を張るようにしましょう。壁に手をつきながら屈伸します。

右脚が長い人は、左脚をやや前に出し、左脚の土踏まずに右脚の親指が触るように立ちます。左脚を外側に開き、それに右脚を添わせるようにしましょう。壁とは斜めになるように立ってもOKです。左脚が長い人は、左右を逆にしてやってみて下さい。

X脚の人は、長いほうの脚を前に出し、つま先をハの字型に開くような形で立ちます。右脚が長い人は左脚を前に出し、土踏まずに左脚のかかとをくっつけて立つようにします。O脚の人は、かかとをハの字型に開きます。右脚が長い人は左脚を前に出し、その土踏まずに右脚の親指を振れるようにして立ちます。
右脚が長い人は左右を入れ替えて考えて下さい。

こちらも、1日30回やることを目標に、徐々に回数を増やしてみて下さい。100回目指して頑張って!

まとめ

美人の脚はまっすぐでありたいもの。自分の脚の癖を知って、それを改善できるようにエクササイズを始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)