menu

皮脂は落としすぎないことが大事!こすらない洗顔法で美肌になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌のためには、皮脂をできるだけ肌から取り去らないと!なんて考えている方は要注意。皮脂は、外部からの刺激を緩和してくれる働きもあり、肌の乾燥を防ぐ役割も果たしてくれているのです。ですから、必要以上に肌から取り去ると、乾燥や肌トラブルの原因になってしまうのです。
皮脂の分泌量は、季節や環境によって大きく変化します。気温や紫外線の量などに左右されるのです。そのため、夏になると皮脂の分泌が多くなるのです。

ただし、皮脂が肌のバリア機能を果たしているとはいえ、放っておいてはいけません。肌の上で酸化してしまった皮脂はニキビのもとにもなります。毛穴のたるみにもつながりますので、きれいに洗顔する必要があるでしょう。 つまり、必要ない皮脂は洗い流し、適度に残すことも大事なのです。

適度に皮脂を残すためには、メイクを落とす際の洗顔方法に気を付ければOK。こすらない洗顔法を身に付ければ、皮脂を落としすぎることはありません。ここでは、2つの肌質別に洗顔法を紹介します。

 

普通肌&乾燥肌の女性におすすめのメイク落とし・洗顔法

皮脂 洗顔法について詳細

まず、普通肌と乾燥肌の人におすすめの洗顔法です。キメが細かく、ニキビなどはできにくい。ですが、肌荒れが多く、乾燥しやすい。もしくは、肌に小ジワができやすいという人は、こんな洗顔法を試してみて!

まず、「皮脂のとりすぎ」や「こすりすぎ」を防ぐのが大事です。

①まず、自分の使用しているメイク落としを顔に広げます。手のひらに出してべとっとつけるのではなく、額・鼻の先・頬・あごの5つのポイントにつけます。そしてそこから顔の上に広げていきましょう。優しくクレンジングします。

②そのまま、すぐ洗顔せず、メイク落としが肌になじんで、化粧品が顔に浮いていくのを待ちましょう。1分ほど待機します。
お風呂に入りながらケアするのがおすすめです。そうすると、湯船から湧いてくる蒸気でなじみやすさもアップします。

③そのまま待ったら、肌の上をくるくるしてメイク落としを乳化させていきます。ここで肌をこすってはいけません。

④その後、メイク落としを肌から落とします。ぬるま湯で肌をこすらないように気を付けながら落としましょう。なお、熱湯は必要な皮脂まで洗い落としてしまうことがあるのでNG。反対に水は汚れが落ちきらないことがあるので、やはりNGです。

 

混合肌&脂性肌の女性におすすめのメイク落とし・洗顔法

皮脂 洗顔法について詳細2

それでは、皮脂が多い部分と乾燥しやすいところが混じりあっている混合肌の方、そして肌が脂っぽい脂性肌の方は、どうしたらきれいに皮脂を落とせるでしょうか。

ポイントは、Tゾーンをしっかり洗うこと。逆に、それ以外のパーツは洗いすぎないことが大事です。

①皮脂が多いゾーンにメイク落としを乗せます。額、眉間から鼻のライン、鼻の下、そして口元からあごにかけては、皮脂が出やすいゾーンとされています(「イカリゾーン」と呼ばれることもあるそうです)。こちらを、指が肌に触れないように気を付けながら、顔全体に広めます。
ふき取りタイプのメイク落としは避け、クリームタイプのものを使いましょう。

②ここから、ぬるま湯で落としていきます。肌はこすらないように、ゆっくり洗い流しましょう。後でもう一度洗顔しますので、洗いきらなくてもOKです。

③この後、洗顔料を泡立てます。もこもこになるまで泡立てるのがコツ。これはこうすることで、洗顔時間を短縮し、肌への刺激も少なくできるからです。泡はやはり、イカリゾーンに広げていきます。

④もう一度、ぬるま湯で落とします。こすらないようにしながら、ゆっくりと。この時に、粗い残しがないようにあごの下や生え際、耳のそばなどもしっかり洗い逃しましょう。

この過程は3分くらいでやるのがベスト。手早く洗顔することを心がけましょう。

 

洗いすぎとこすりすぎには絶対に注意!

皮脂 注意法

皮脂の分泌量には個人差があるとされています。
皮脂が少ない人は、肌にニキビができにくく、毛穴も目立ちにくいかも。その代わり、シワができやすく、肌トラブルも多いそうです。皮脂が多い人は反対に、シワができにくく、毛穴が目立ちやすいという状態に陥りがち。

とにかくしてはいけないのは、「洗いすぎ」です。女性は30代ぐらいから皮脂が減りはじめ、乾燥する傾向にあります。若い頃と同じような洗顔方法では、自然と肌が乾燥してしまうそう。しかし、保湿クリームなどを使いすぎてしまうと、皮脂が過剰に分泌されてしまうこともあります。化粧品などの油分が肌につまると、ニキビの原因にもなります。

 

まとめ

洗顔後のケアも忘れずにしておきましょう。乾燥肌の人は水分保持力があるコスメをチョイス。クリーム型でなくても大丈夫です。脂性肌の人は、ビタミンC化粧水を使用することをおすすめします。こすりすぎやファンデーションの塗りすぎは肌トラブルの原因になりますので、注意して!
美肌を保ちたいなら、なるべく刺激を与えないように気を付けながら洗顔することも大事です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)