menu

セレブも注目!2015年大注目のダイエット法・2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏も終わりに近づいてきましたが、まだまだ気になる「ハミ肉」「ぽっちゃりお腹」。それを解消するために、どうせ挑戦するなら最新のダイエットに挑戦したい!
そんな方もいるかもしれません。

最近では「プチ断食」「糖質制限ダイエット」などが流行しましたが、新しいダイエット法も次々誕生。そんなダイエット法に注目してみましょう!

■8時間ダイエット

アメリカで生まれたという、この「8時間ダイエット」。
ルールがわかりやすいことでも知られていて、ある8時間以内であれば何を食べてもいいけれど、それ以外の時間は何も食べてはいけない!というものです。
この時間は2パターンあり、
①9時から17時までは何を食べてもいいが、それ以外は一切食べない。
②11時から19時までは何を食べてもいいが、それ以外は一切食べない。
というもの。

ただし「摂取カロリーを増やしてはいけない(決められた時間内にドカ食いするのは禁止)」「毎日、できるだけ同じ時間に食事をする」というルールを守ることも求められます。

なかには「8時間以内」ではなく、食べていい時間を「10時間以内」として、体に負担がかからないようにしてもいいという専門家もいるようです。

このダイエットは、「体に何も入れない時間をきっちり作り、摂取したカロリーを全部消費する」ことが目的。つまり、ちょこちょこ食べてカロリー過多になってしまう人向けのダイエット法と言えるかもしれませんね。なお、水分はいくらでも摂れますが、カロリーのないものを選びたいもの。お茶やハーブティ、コーヒー、お水などがいいでしょう。

■5:2ダイエット

最新ダイエット1

こちらはイギリス生まれのダイエット法であり、今やセレブでも実践しているものだそう。そのルールについてご紹介します。

・1週間のうち、2日だけ摂取カロリーを制限する。
女性の場合には平均500キロカロリーにまで抑える。
・残りの5日はカロリー計算をしなくても大丈夫。
通常通りの食事をする。
・プチ断食は継続して行わず、最低1日は間に挟む

つまり、普段通りに食べる5日と食事制限をする2日を組み合わせて「5:2ダイエット」というわけです。
長期のダイエットは続かないという人でも、毎週2日だけ我慢すればいいというわけですから、ちょっと気持ちが楽になりますよね。

決められた2日は、できるだけ栄養のバランスがとれた食事を少しずつ食べましょう。温野菜のサラダやスープ、ヨーグルトとフルーツなどを組み合わせるのがおすすめです。

このダイエットは、アンチエイジングにも効果があるとされています。ぜひ注目してみて下さい。
また、どんなダイエットも今までの摂取カロリーを見直す必要があります。
「体を動かす」「脂質・糖質は摂りすぎないようにする」「食事量も見直す」などして、体にいいダイエットを心がけるようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)