menu

皮下脂肪をつかんで揉んで移動しよう!脂肪揉み上げマッサージで体型を変える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体形が崩れる理由は、皮下脂肪のせいだとされています。でも、皮下脂肪がどう体型変化に影響を及ぼすのでしょうか?
実は女性の胸やお尻、お腹は、もともと皮下脂肪がつきやすかったり、多くついている傾向にあります。このせいで、重力の影響を受けやすいのです。つまり、垂れやすいという傾向にあるのです。年齢を重ねると皮下脂肪が垂れていき、骨盤などのまわりにたまりやすくなるのだそう。

では、この垂れた皮下脂肪を改善する方法はあるのでしょうか?実は、体を強く揉むことが何より大事なのだそうです。皮下脂肪を揉むことで、刺激が加わった脂肪細胞が小さくなります。このやり方をしっかり学べば、脂肪をつかんで揉み上げ、押し潰すことでたるんだ胸やお尻を押し上げることができるかも!?
さあ、今日からマッサージしてみましょう!

 

皮下脂肪を「つかむ」「移動する」やり方からまず覚えよう

皮下脂肪についての悩み

まず、皮下脂肪を揉む方法は2パターンあります。

皮下脂肪をつかむ方法

まず、気になる部分に手を当てます。広い範囲を、大胆にがしっとつまみあげることが大事です。両手の親指と人差し指の間を広げて、逆三角形のような形を作りましょう。それを気になる部位に押し当てます。

次に、脂肪を両手でつかみます。親指とそれ以外の指で皮下脂肪をつまみあげましょう。そして、親指以外の4本の指で脂肪を固定して、親指で皮下脂肪を強く揉みます。痛みを感じるぐらい、グイグイ押しましょう。コリコリした感触があるかもしれませんが、それは脂肪がかたくなっている証拠です。

皮下脂肪を移動させる方法

脂肪を揉みほぐしたら、次は皮下脂肪を移動させます。つまり、胸やお尻に脂肪を戻すことができるのです。「つかむ」「押し上げる」「合わせる」「さらに押し上げる」という動作があります。

①つかむ動作

親指とそれ以外の4本の指で、皮下脂肪をつまみ、つかみあげます。

②押し上げる動作

親指の位置は変えないまま、それ以外の4本の指で、皮下脂肪をギュッと押し上げます。脂肪を圧縮するようなイメージです。

③合わせる動作

親指以外の4本の指は動かさずに、そのままにしておきます。親指だけを動かして、さらに上の皮下脂肪をかきあつめ、つかんでいる脂肪と一緒に合わせます。

④さらに押し上げる動作

また親指を固定して、そのままそれ以外の4本の指で皮下脂肪を押し上げましょう。こうやって、少しずつ脂肪を上に移動させていきます。

それでは、ここからはマッサージをやっていきます。

 

下腹の皮下脂肪をつまんで、胸にずらしていく!

皮下脂肪 下腹

下腹が最近、出っ張ってきた気がする。それは実は、胸の皮下脂肪が流れ落ちたものなのです!おへその両脇を刺激して、皮下脂肪を持ち上げていきましょう。

①まず、右(もしくは左)の肋骨の下の部分にある皮下脂肪を、親指とそれ以外の4本の指でしっかりつまみます。それ以外の指は固定して、親指で上から皮下脂肪をつぶしていきます。上から下に向けて、4回くらいに分けて脂肪を押し潰していきます。
右をやったら左にうつります。これを左右それぞれ10回ほど行います。

②次に、皮下脂肪を上に移動させます。下腹の皮下脂肪を上に引き上げ、少しずつ上に移動させていきます。移動させる方法は、上記を参考にしてみて下さい。
左右に5回ずつ繰り返しましょう。

この動作を応用すれば、わき腹やお尻の皮下脂肪を上に押し上げることも可能です。わき腹の筋肉も胸から落ちたものですので、お腹、その後に胸に戻すようにイメージしながらマッサージします。お尻はコチコチに凝り固まっている人が多いので、揉み上げるだめで痛みを感じる人もいるそうですが、しっかりほぐすのがおすすめ。素肌でやるのが効果的ですが、お風呂中にやるとすべってやりにくいかもしれません。そういう方はタオルを使用すると便利です。

 

背中の皮下脂肪をつまんで、胸にずらしていく!

皮下脂肪 背中

背中の皮下脂肪も、実は胸からこぼれて流れていったもの。これをかき出して、胸に戻すのがベストです。腕の付け根の皮下脂肪はかたくなってしまっているところも多いので、しっかりほぐしましょう。

①まず、右手を左脇の下に持っていきます。そして脇の下から背中に手をまわして、親指を腕の付け根に添え、それ以外の指は肩甲骨のあたりに添えます。
しっかり皮下脂肪を揉みましょう。かたくなっているところはもちろん、痛みを感じたところもちゃんと揉みます。左右、10回ずつ揉みましょう。

②右手は脇の下から背中にまわして、ブラのアンダーベルトの位置に当てます。ここにある脂肪を親指とそれ以外の指でしっかりつまみ、また「尺とり虫」のように移動させていきます。引き上げた脂肪は、脇から胸の谷間へ、カーブを描くようにして胸の中に誘導しましょう。この動きも左右5回ずつ行います。

こうすることで、脂肪がもとにあった位置に戻るのです。

 

まとめ

脂肪がカチカチになって困っている人は試してみて下さい!胸とお尻を昔のような形に戻したいという女性には、心強いマッサージになってくれるはずです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)