menu

セルフでブラジリアンワックスってできるの?メリットとデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、もはや女性にとって馴染み深いワードになりつつある「ブラジリアンワックス」。
しかし、「お店まで行くのが面倒」「あまりお金をかけたくない」「自分のアンダーヘアを他人に見せるのに抵抗がある」という方もいるようです。
こういう方のために、セルフ・ブラジリアンワックスという方法も存在しています。
しかし、自分でブラジリアンワックスを使って脱毛することに、デメリットはないのでしょうか?また、どのような方法でできるのでしょうか?

■ブラジリアンワックスとは、そもそもどんなもの?

海外ではかなりメジャーな脱毛方法であり、アンダーヘアをお手入れする時の処理方法です。Vライン、Oライン、Iライン周辺の脱毛を行うのですが、ワックスを塗って固めて、それを一気に剥がして毛を引き抜きます。
さほど時間がかからず、カミソリ負けをすることもありません。 痛みが少ないともされており、仕上がりもキレイだと評判です。

しかし、この脱毛法は永久脱毛ではありません。定期的に処理を行わなくてはならず、およそ1ヵ月半を目安に脱毛をし続けなければいけないのです。放置しておくと、元通りになるでしょう。

■ブラジリアンワックスのメリットとデメリットとは

まず、ブラジリアンワックスのメリットについて考えてみましょう。
「レーザー脱毛と比較すると、コストがかかりにくい」
「毛根から処理できるので、仕上がりが美しい」
「カミソリで処理するより、お手入れの周期が長い」
「一気に処理することができる」
といった点があげられます。

その一方で、
「肌に負担がかかりやすい」
「(セルフの場合)失敗することもある」
「定期的に処理しなければいけない」
といったデメリットがあります。

■ブラジリアンワックスのやり方とは?

まず、専用のワックスやシート、さらにワックスを塗りつけるためのヘラを準備しましょう。そしてワックスを塗ってからシートを剥がすだけです。

意外と簡単なようにも思えますが、デリケートな部分の処理ですから、時間がかかることだってあります。見えない箇所を処理する時にも大変でしょう。

また、肌トラブルも女性は気になるところです。手先の器用さに自信がない人、お肌が弱い人はセルフでやるよりは、専用サロンに行った方が安心かもしれません。サロンでやり方を学んでから、自分で処理するようにしてもいいでしょう。

万が一、お肌が荒れてしまったらブラジリアンワックスはいったん中止して、皮膚科を受診することをおすすめします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)