menu

食べ過ぎた!そんな時にすぐ使える「カロリーリセット」法4パターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太らないように食事制限や運動に励んでいても、お友達同士の付き合いや欠かせない飲み会などで、ついつい食べ過ぎちゃうことってありますよね。しかし、たった1回の食べ過ぎで急激に太ることはありません。食べたものが脂肪に変化するまでには、かなりのタイムラグがあります。脂肪がついてしまう前に、食べる量を調整するのが大事。間違っても「もう食べちゃったんだからいいや、もっと食べよう」とリバウンドしないようにしましょう。カロリーを摂りすぎたら、少しずつ消費すること。そのためのコツを、美女ならば知っておきたいところですね!

それでは、食べ過ぎたカロリーを消費する方法についてお教えしましょう!

 

ストレスで甘いお菓子をドカ食い!それをリセットしたい!

ケーキ

甘いお菓子はストレス解消にぴったり、ケーキやドーナッツ、チョコレートなどはたしかに美味しいですが、油分と砂糖がたっぷり入っています。しかも、糖分はより早く体に吸収されていきますので、血糖値が急上昇してしまうというデメリットもあるでしょう。白砂糖は肌を老化させる要因のひとつになります。

すぐにリセットをしたいという人は「コーヒーを飲む」ことと、「日常生活のなかでこまめに運動をする」ことを心がけましょう。コーヒーの中にはクロロゲン酸という成分が入っており、糖質の分解を促してくれます。スイーツを食べながらコーヒーを楽しむのもいいですが、20分以内であれば食後でもOK。また、家事や仕事の途中にちょこちょこと動くことも大事です。オフィスのイスに座りながらできる運動をしてみたり、なるべく歩くようにしてみたりして体を動かしてみて。

 

食べ放題で食べ過ぎちゃった!それをリセットしたい!

ブュッフェ

食べ放題は男性はもちろん、女性も大好き!ステーキに中華、お寿司にケーキなど、魅力的すぎるメニューがずらりと並んでいて、しかも好きなだけ食べることができます。そのせいで、知らないうちに、大量のカロリーを体の中に入れてしまっているかもしれません。その日のうちにできるだけ、カロリーを消費するようにしましょう。

その大量のカロリーをリセットしたい人は、「その日のうちにたくさん歩く」ことと、「お風呂に入る」ことを忘れないで。食べ終わった後はお腹が苦しいかもしれませんが、できるだけ歩くようにしましょう。ウインドウショッピングなどを楽しんだりするのもいいですね。その時に、コツは階段を使うこと。エスカレーターやエレベーターを使用せずに、階段を使って運動しましょう。また、お風呂に入って代謝を良くすることも大事。浴槽には42℃くらいのお湯をはって、3分入っては出て3分間休憩、その後にまた3分お風呂に入るという動きを繰り返して。この入浴法を実践すれば、10分間でウォーキング20分に匹敵するそうです。

 

深夜に炭水化物をドカ食い!それをリセットしたい!

ラーメン

夜遅くに食事をするのはもちろん、ラーメンをドカ食いしちゃった!もっとも太りやすい時間帯とされている夜中の食事は、痩せたい女性ならば絶対に避けるべき。しかも、ラーメンは糖と油の塊です。炭水化物オンリーの食事は、やっぱりダイエットの天敵と言えるでしょう。

そんなお困りの女性におすすめなのが、「脂肪対策にいい特定保健用食品、通称トクホのお茶を飲む」ことと、体をしっかり動かすこと!できれば食べている間に飲むことを心がけたいですが、後から急いで飲んでも飲まないよりはマシ!また、帰宅後すぐに強めの運動をするのもおすすめです。両手を上げながらのストレッチ「オーバーヘッドストレッチ」は強力です!足を肩幅よりも広げて、ピンと伸ばしたタオルを持ちます。しゃがんだ拍子に膝頭がつま先よりも前に出ないようにしながら、お尻を後ろに突き出さないようにしつつ腰を下ろします。背筋を伸ばしたまま屈伸を続けましょう。10回もすれば効果テキメン!

 

1日中炭水化物ばっかり食べちゃった!次の日にリセット!

スパゲッティ

炭水化物ばかり食べてしまう日って、意外とありますよね。丼モノやカレーライス、パンやラーメン、うどん。でも、それではやっぱりカロリーの摂りすぎです。

こういう時には、翌日に炭水化物を控えることを忘れないで。また、エクササイズをも取り入れるようにします。おすすめの食事メニューは、ビタミンB1をしっかり摂ること。豚肉や豆類に含まれているので、豚しゃぶサラダや豆腐サラダ、納豆などを食べて調整しましょう。豆たっぷりのサラダもおすすめです!
さらに腹筋のエクササイズもしてみましょう。糖質が脂肪に変わるのは、18時間後とされています。翌朝にエクササイズをすれば、まだ取り戻せるのです!腹筋を使ったエクササイズをして、体を動かしましょう。

 

まとめ

食べ過ぎたとしても、それを放置したらすぐにお肉になってしまいます。食べ過ぎたと感じたら、まずはどうしたらいいかを考えて、体を動かしたり、ヘルシーな食生活に切り替えたりして、太らないように工夫してみて下さいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)