menu

代謝アップでむくみしらずに!手作り塩レモンでダイエットしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーフードが好きな女性に一度は試してほしいのは、ブレイク中の塩レモン!ダイエットメニューを作るのにもぴったりですし、メイン料理からスイーツまでいろんな料理にアレンジすることができます。ヘルシーに痩せたい女性は、一度はチャレンジして損はないでしょう!

 

塩レモンってどんな食べ物?

塩レモンとは

そもそも塩レモンはどのような食べ物なのでしょうか。こちらはレモンをそのまま塩漬けにして発酵させたものです。作ってから2週間したら食べられるようになります。
実は北アフリカ生まれの塩レモン。どんな食材とも好相性なことで知られています。塩レモンに入っているクエン酸やビタミンCは、タンパク質や炭水化物と一緒に食べたほうが効率的に摂取することができるでしょう。だからこそ、料理にどんどん使うべき。
また、塩レモンは皮も含めて丸ごと漬けて作るので、もともと壊れやすいビタミンCが劣化しにくいそう。皮に入っている食物繊維やリモネンといった成分も一緒に食べられるのも嬉しい!

また、塩レモンの味についても注目すべきでしょう。味は塩気がありますが、マイルドなので辛すぎません。それに調理の際も、塩レモンだけで味付けすることができるので、他の調味料が必要ないのです。つまり、減塩効果もあるということ。 おまけに、レモンの酸味は疲れをとってくれるのに最適です。

 

塩レモンはダイエットに効果的だった!

塩レモンがダイエットに効果的だというのには理由があります。
①代謝がアップする
②減塩することができる
③消化を促してくれる

この3つの理由がとても大きいでしょう。まず、代謝アップの秘密はレモンに入っているクエン酸にあります。クエン酸は糖質をエネルギーに変換してくれますので痩せたい女性にはぴったり。抗酸化効果が高いビタミンCがたっぷりなのも魅力的です。
また、塩レモンだけで調理をすれば、塩分のとりすぎで起こるむくみも防止しやすくなるでしょう。さらに、皮ごと食べることで消化が活発化します。これは、レモンに入っているリモネンの効果。唾液がたくさん分泌され、消化が促進されるというからくりがあります。

 

塩レモンの作り方

それでは、塩レモンの作り方について学んでいきましょう。
塩レモンは料理が苦手な女性でも簡単に作れます。用意するのは、国産のレモン。無農薬のものを選ぶべきですが、低農薬のものを選んでもOKです。あとは自然塩を用意しましょう。

レモンは5個(500グラム)、塩は50グラムを選びましょう。レモンの重さの1/10の塩を用意すればOKです。また、殺菌した密閉容器も用意しておきます。

①まず、別で用意した塩を使って、レモンの表面をゴシゴシこすります。その後に、水でレモンの表面を洗い流しましょう。その後に、ペーパータオルなどで水気を拭きます。

②次に、レモンの両端を切り落とします。そして6等分から8等分のくし切りにしていきましょう。

③その後に、レモンの重さを量ります。そのレモンの重さの1/10の塩を用意しましょう。

④容器の中に、レモンを入れて塩を重ねます。レモン、塩、レモン、塩の順番で3回に分けて入れていきましょう。これで完成です。フタをしっかり締めて、冷蔵庫に入れて保管しましょう。作ってから1週間は、容器をシェイクしたり逆さにしたりしてなじませていきます。

⑤2週間経ったら完成です。

 

こんなにある!塩レモンのアレンジ方法

塩レモン ステーキ

塩レモンのアレンジ方法はいろいろあります。おすすめの組み合わせは、鶏肉!鶏の胸肉は脂肪が少なく、ヘルシーです。ダイエットに向いている食材ですし、塩レモンとも好相性。しっとり優しい味になります。煮込むのもいいですし、ステーキのようにして食べてもOK。ただし、鶏肉ステーキにする時には皮を外した方がいいでしょう。ステーキならば、牛肉でもマッチします。こちらは皮ありでもOK。牛ヒレ肉を使うのがおすすめです。

他にも、魚なら鮭とも相性抜群。パン粉と塩レモン、調味料などをまぶして焼き上げれば、サクサクの歯ごたえが楽しめます。

麺類ならば、豆乳のクリームスープパスタに入れて食べるのも美味しいです。茹でて作るスープパスタならば、他のパスタよりもカロリーは低め。糸こんにゃくを混ぜ込めば、かさましパスタにもなります!そうめんにかさましするなら、えのきがいいでしょう。カロリーもダウンしますし、食物繊維もたっぷり!腸内環境を整えてくれます。塩レモンを混ぜ込んで、爽やかな味を楽しんで下さい。

スイーツを作るなら、塩レモンを入れた寒天はいかがでしょうか?寒天はゼラチンよりもヘルシーで、ローカロリーです。塩レモン以外にも、旬のフルーツを入れて彩り豊かにすれば見た目にもかわいいのでおすすめです♪もちろん、ゼリーで試したい人はそちらで挑戦してみてもOK!

夏にぴったりのシャーベットならば、パイナップルと塩レモンの組み合わせが最高です。実はパイナップルにもクエン酸が豊富に入っていますし、甘味がありますので味に深みが出ます。パイナップルが苦手な人は、オレンジを使っても美味しくできます。ぜひ試してみて。

 

まとめ

塩レモンは簡単に作れますし、いろいろアレンジすることもできます。また、「食卓が茶色くなりがち」とお悩みの方にもいいでしょう。キレイな色合いをプラスしてくれます。かわいいデザートが好きな人には、塩レモンスイーツもおすすめ!一度は作ってみたい、かわいいスイーツになるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)